ADMIN TITLE LIST
Selected category
All entries of this category were displayed below.

 先日読んだ石沢英太郎の短編集『視線』がなかなか良かったので、今度は長篇の代表作を読んでみる。著者の処女長篇でもある『カーラリー殺人事件』。

 まずはストーリー。北海道は宗谷岬から九州は鹿児島の佐多岬までを走りつくす画期的な日本縦断カーラリーが開催された。出場者は総勢百組。自動車メーカーの宣伝目的に参加する者、引退した老夫婦、工場勤めに嫌気がさして仕事を辞めてきた兄弟、組合の闘志、果ては覆面捜査官といった様々なチームが参加する中、ひときわ異彩を放っていたのが、盲人ながら磨き抜かれた感覚と頭脳をもつ田浦二郎を擁するチームだった。
 しかし、ラリーが始まって間もなく、二郎たちの乗る車を落石事故が襲う。間一髪で衝突は免れたが、二郎はこれが故意によるものではないかと疑問をもつ……。

 カーラリー殺人事件

 おお、短編集も良かったが長編も悪くない。様々な読みどころを詰め込んだ盛り沢山の内容で、それを破綻することなく丁寧にまとめあげた佳作といえる。

 読む前は、カーラリーという設定からしてかなり読者を選んでしまっているのではないかという危惧もあったのだが、その点は抜かりない。競技についての説明をきちんと作中に落とし込んで、門外漢にもちゃんと楽しめるようにしているのがよろしい。
 ラリーとはそもそも公道で行われるレースのことを指し、そこがサーキットで行われるF1などとの大きな違いである。つまり普通の道で一般車両と同様の条件のもとでクルマを走らせて行うのである。また、タイムを競うことだけが目的ではなく、所要時間の正確性を競ったり、買い物レースやクイズを答えながら行うレースもあったりと、その種類も実に多様なのである。

 本作ではそういうラリーの面白さがいかんなく描写され、クルマ好きでなくとも楽しめるわけだが、加えてミステリ部分の興味もしっかりしている。
 かつてラリー中に交通事故を起こしてしまったドライバーがいた。なんと被害者は応援にきていたはずの彼の恋人だった。ただし恋人とはいっても実は人妻。要は不倫である。だが、不倫を察知した夫はあるトリックを使って、男の車が妻をはねてしまうように仕向けたのだ。事故のために職も恋人も失ったドライバーの男は、このラリーを復讐に利用しようとしているのである。
 この復讐する側とされる側が果たして誰なのか、犯人捜しと被害者捜しが同時に展開するという展開が心憎い。

 それだけではない。作者はここに競馬場売上金強奪事件というもうひとつの事件を絡ませる。ラリーの参加者のなかにその犯人が紛れ込んでいるというのだ。警察はラリー好きの刑事を選び、覆面警察官としてラリーに参加させ、捜査を進めてゆくが……。
 こちらも犯人捜しと同時に奪われた現金の行方という興味が加わって、とにかくサービス満点である。

 とまあ、本作のさわりを紹介するだけでもけっこうなボリュームなのだが、素晴らしいのはこれらの要素を破綻なくまとめる手際だろう。設定と構成が実に秀逸である。
 カーレース自体の面白さに加え、それが事件とも非常に関連しており、リーダビリティはすこぶる高い。

 褒めついでにもうひとつ書いておくと、登場人物のサイドストーリーも見逃せない。ラリーに参加するメンバーだけでなく、主催者側の人間模様も加わって、さながら群像劇の様相である。
 正直、事件が起きなくても楽しめるぐらいなのだが、ここまで多岐に渡って描写するからこそ、事件の真相を追うのもより楽しめるのだろう。二つの事件の関係者が紛れ込んでいるわけなので、そういう目で登場人物を追っていくのも悪くない。

 もちろん完全無欠な作品というわけではない。トリックが小粒だとか、後半はやや走りすぎな嫌いがあるとか、あるいはラリーのスポンサーの真意が結局よくわからないだとか、気になるところもちらほら。
 だが、著者はトリックに執着するタイプではないだろうし、後半走っているといっても、相応のボリュームである。むしろページが異常に膨れるよりは、よくこの程度で抑えてくれたというほうが適切だろう。
 ともかく『視線』と同様、本書もおすすめ。絶版ではあるがこちらも安く古書店で転がっているはずなので、気になる方はぜひどうぞ。

 なお、本作の前半でクイーン『Yの悲劇』、チェスタトン「奇妙な足音」の壮絶なネタバレがあるので未読の方はご注意を。


テーマ:推理小説・ミステリー - ジャンル:本・雑誌


 石沢英太郎の短編集『視線』を読む。
 著者は1960年代前半から1980年代後半にかかけて活躍した推理作家である。まさに『本格ミステリフラッシュバック』ど真ん中の世代であり、同書にも本作をはじめ二作が取りあげられている。
 以下、収録作。

「視線」
「その犬の名はリリー」
「五十五歳の生理」
「アドニスの花」
「ガラスの家」
「一本の藁」
「ある完全犯罪」

 視線

 これはよい。全体的には小粒な印象はあるし、大がかりなトリックとかはないけれど、仕掛けをきちんと盛り込んで、ラストできれいにサプライズを味わえる良質の短編集である。
 しかもただの推理ゲームに終わらせず、しっとりとした人間ドラマをベースにしているのがまたよい。真相から浮かび上がる犯罪者の心情が切なく、作品によってはそれを描くことでミステリの部分にも貢献しているという、まさにひとつの理想型だろう。
 また、小粒とは書いたが、内容的にはバラエティに富んでいるのも好印象である。

 そんな著者の魅力が最大限に発揮されているのが巻頭の「視線」。銀行強盗に拳銃を突きつけられた銀行員が走らせた視線の先には、非常ベルに手をかけようとした同僚の姿が。結果、強盗はその同僚を銃殺してしまう。単純な事件ではあったが、捜査を担当した刑事には気になることがあった……。人間の心理を読み解く面白さがある。

 「その犬の名はリリー」も悪くない。隣家の飼い犬リリーを巡って明らかになる真相はけっこうパンチ力があり、どんでん返しも効いている。

 「五十五歳の生理」は定年退職がテーマ。退職で生き甲斐をなくしたかに見えた男の自殺に秘められた真相はそれほど驚くべきものではないが、ユーモラスにまとめつつもほろ苦い味わいがなかなか。

 「アドニスの花」は主人公(と思われる人物)が最終的にカヤの外となる構成が珍しい。すぐにネタは割れてしまうだろうが、その背後のどろどろが読みどころ?

 「ガラスの家」は今読んでも、というか今だからこそジワッとくる物語。事件が起こるたびに評論家やミステリ作家が意見を求められることはままあるが、それが与える影響を深く考えずに続けていると、やがては悲劇を招く。SNSやブログも然りである。こちらもミステリとしては弱いけれど、実に印象的な作品。

 会社で使っていた料亭の女中が自殺した。彼女を死に至らしめたものはなんだったのか、というのが「一本の藁」。これは巧い。

 「ある完全犯罪」は正当防衛を利用した完全犯罪を企む銀行員の物語。巻頭の「視線」と対になったような作品で、こういう構成も含めて良質の一冊といえるだろう。
 梶龍雄のような変なプレミア価格もまだついていないし、古書店で見かけた方はぜひ。


テーマ:推理小説・ミステリー - ジャンル:本・雑誌



| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2017 探偵小説三昧, All rights reserved.
ネット小説