fc2ブログ
探偵小説三昧

日々,探偵小説を読みまくり、その感想を書き散らかすブログ


Posted in "国内作家 戸田巽"

Category: 国内作家 戸田巽    03 26, 2016
戸田巽『戸田巽探偵小説選II』(論創ミステリ叢書)
 『戸田巽探偵小説選』の二巻目読了。戦前の作品をまとめた一巻に続き、こちらでは主に戦後に書かれた作品を収録しており、二冊でみごと戸田巽全集の完成である。 まずは収録作。「幻視」「深夜の光線」「悲しき絵画」「踊る悪魔」「ビロードの小函」「ギャング牧師」「屍体を運ぶ」「落ちてきた花束」「二科展出品画の秘密」「第四の被害者」「訪問」「鉄に溶けた男」「湖上の殺人」「朝顔競進会」「色眼鏡」「人形師」「狭き門...

Category: 国内作家 戸田巽    03 10, 2016
戸田巽『戸田巽探偵小説選I』(論創ミステリ叢書)
 本日は論創ミステリ叢書から『戸田巽探偵小説選I』を読了。 戸田巽は神戸出身。戦前から戦後にかけて活躍した作家だが、その本業は百貨店勤務というアマチュア作家で、活動の舞台もほぼ地元関西の探偵小説誌に限られていた。 当然ながら作品数も多くはない。本書が刊行されるまでに多少なりとも読めたのは、光文社文庫の『探偵小説の風景 トラフィック・コレクション(上)』に収録された「目撃者」。同じく光文社文庫『「新...

« »

04 2024
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
プロフィール

sugata

Author:sugata
ミステリならなんでも好物。特に翻訳ミステリと国内外問わずクラシック全般。
四半世紀勤めていた書籍・WEB等の制作会社を辞め、2021年よりフリーランスの編集者&ライターとしてぼちぼち活動中。

ツリーカテゴリー