ADMIN TITLE LIST
Selected category
All entries of this category were displayed below.

 コリン・ワトスンの『浴室には誰もいない』を読む。一作目の『愚者たちの棺』が紹介されたとき、版元がディヴァインを引き合いに出して英国の本格派とやったもんだから、読み終えて何となく違和感を感じた読者も多かったのではなかろうか。
 かくいう管理人もスタイルとしてはむしろ本格よりは警察小説に近いかなとか、シリーズ全体の狙いだとかが気になって、内容は悪くなかったけれど、どこかしっくりこなかったことも事実。もちろんどんな作風・ジャンルであろうと面白ければそれでいいのだが、今回もバークリー激賞とか法月倫太曰く「ワトスンの魅力に開眼した」とか景気のよい推薦文が踊っているので、逆にちょっと不安(苦笑)。
 とりあえず本書ではとにかく著者の狙いというか作風というか、そのあたりをすっきりさせてもらいたいというのが裏テーマであった。

 こんな話。
 田舎町であっても人は素朴で善良とは限らない。港町フラックスボローに住む人々もまた都会人と何ら変わず、ひとクセもふたクセもある者ばかり。今日も今日とて警察に怪しい匿名の手紙が届き、パーブライト警部は捜査に向かう。
 そこは家主と下宿人のセールスマン、二人の男が住む一軒家。しかし、二人とも行方は知れず、あろうことか浴槽では人間が硫酸で溶かされた痕跡が発見される。どちらかがどちらかを殺害したのか、それとも二人とも事件に巻き込まれたのか。
 そこへ現れたのが、場違いな感じの情報部員二人組。彼らは警察に下宿人の素性を明かし、独自の調査にとりかかる。果たしてその結末は……?

 浴室には誰もいない

 ああ、なるほど。今度はこうきたか。
 バークリーが激賞する理由は何となくわかる気がする。バークリーの作風自体、オーソドックスな本格ミステリの体をとりながら、実はその裏で常に本格ミステリそのものの可能性を面白おかしく実験しているようなものが多いわけで、コリン・ワトスンもそれに通ずるところがあるのだ。
 本作で注目されるのは何といっても情報部員の存在だろう。シリーズ探偵であるパーブライト警部との捜査合戦というスタイルをとりながら、その実、そこに推理合戦の要素はほとんどない。それどころか情報部員たちはもっぱらスパイスリラーのパロディのような存在として描かれる。さらには被害者と思しき男の素性や行為が明らかになることで、ガッツリとダメを押す念の入れ具合。この意地悪さはバークリーとも共通する部分だ。
 また、単にスパイスリラーのパロディを味付けとするだけでなく、なおかつ本格ミステリを成立させる一要素として融合させるところが、本作の大きなポイントだろう。プロットやトリック、ロジックなど、本格ミステリを構成するのに必要な要素はいろいろあるが、思うにそういった通常の要素、枠組みといってもいいのだが、それをひとひねりしてトライアルするのがコリン・ワトスンの特徴なのかもしれない。
 まあ、完全に成功しているかと言われればちょっと無理やりなところもあるわけで、この辺が評価の分かれ目か。しいていえば本作では動機が肝になるわけだが、いやあ、よくやるわ、としか言いようがない。まあ、嫌いじゃないけれど(苦笑)。

 ただし。ただしである。『愚者たちの棺』と『浴室には誰もいない』をもってワトスンをこういうタイプというには、実はまだ早い気もしている。もしかしたら著者は毎回、方向性を変えているふしもあるわけで、これを確かめるには残りの作品も読むしかないのだろう。
 ということで、こうなったら創元推理文庫には今後も精力的に翻訳を進めてもらいたいものである。


テーマ:推理小説・ミステリー - ジャンル:本・雑誌


早いもので今年もあと一ヶ月をきってしまった。年をとると一年もずいぶん短く感じるものだが、今年はとりわけ。

 年末といえばミステリ業界でも恒例のベストテンがあちらこちらで発表されているようだ。管理人が見ているのは『ミステリマガジン』の「ミステリが読みたい!」、『週刊文春』の「ミステリベスト10」、『このミステリがすごい!』ぐらい、しかも国内篇には興味がないので海外篇のみ参考にしているぐらいだが、今年はビッグタイトルがちょうど対象期間のズレている部分にはさまったようで、すでに発表された「ミステリが読みたい!」と「ミステリベスト10」を見比べているとなんだか妙な具合である。まあ、『このミステリがすごい!』が出たら、ちょっとまとめてみよう。

 本日の読了本はコリン・ワトスンの『愚者たちの棺』。
 著者は主に1960~70年代にかけて活躍した英国の本格ミステリ作家。CWA(英国推理作家協会)のゴールドダガー最終候補にも二度ほど選ばれるなど、なかなかの実力派らしいが、わが国では短編が三作紹介されただけの、ほぼ無名の作家である。
 そのコリン・ワトスンが長編で書き続けたのが、英国の架空の町フラックスボローを舞台としたシリーズ。探偵役は地元警察署のウォルター・パーブライト警部。『愚者たちの棺』はそのシリーズ一作目である。

 まずはストーリー。
 フラックスボローはイングランド東部の海岸に面した小さな港町。田舎ではあるが食品業やプラスチック産業などを中心に賑わい、過疎化に悩まされることなく、活気を見せる地でもある。
 そんな町の名士、キャロブリート氏が亡くなった。町議会議員、治安判事などを兼任した男の葬儀としては非常につましいもので、ゴシップを求める住民もアテが外れた様子だった。
 ところがそれから七ヶ月後。今度はキャロブリート氏の隣人であり、地元新聞社社主のグウィル氏が感電死するという事件が起こる。ウォルター・パーブライト警部は遺体にいくつかの不審な点があることから、他殺の線で捜査を開始するが……。

 愚者たちの棺

 本を手にとってまず目を惹くのは、帯に書かれた“英国本格”と“D・M・ディヴァインに匹敵する巧手”という謳い文句だろう。好きな人にはこれだけで十分すぎるほどのアピールになるわけで、管理人も事前の予備知識はほとんどない状態で読み始めたのだが。

 ううむ、 正直、思っていたほど折り目正しい英国本格ミステリという雰囲気ではなかった。まあ、それをいったらディヴァインだってかなりカスタマイズされた本格ではあるのだが、本作の場合は本格というより警察小説に近い印象だ。
 警察小説といっても、北欧ミステリによく見られるような重いタイプではなく、チームプレイを主としながらも謎解き要素も強く、しかも適度なユーモアも入れ込んだ類。例えればR・D・ウィングフィールドのフロスト警部とか、ピーター・ラヴゼイのダイヤモンド警視とかを想像してもらえればよい。まあ、フロストやダイヤモンドを警察小説として括ってしまっていいのかというところはあるけれど、ニュアンスはご理解いただけるかと。

 で、このユーモアの部分がなかなか曲者で、けっこうひねくれたブラックな笑いが多い印象。しかもそれは単なる小説の味付けというだけではなく、実はシリーズ全体がそもそも作者のある意図のもとに成立しており、それを補足する役目もある。
 その意図とはずばり、善良な田舎町という、記号化された構図の否定である。
 もともとは平和で善良な人々がのんびりと暮らす田舎町。そこへ禍々しい事件が起こるもののやがて事件は解決し、また元の善良な町に戻るというミステリにありがちな構図(これは神話や民話でも同様なのだが)。
 作者はこのそもそもの前提となる、善良な田舎町というものを否定して、本シリーズを描いている。規模や量は都会に比べると小さいが、人の愚かさや不道徳、犯罪を起こす土壌は都会も田舎も本質は同じであり、善良な田舎町などというものはないのだと。
 この辺、詳しくは本書の解説にあるのだけれど、そういう考えをベースとした上で、本シリーズの舞台となるフラックスボローが描かれている。だからこそ登場人物それぞれがいわゆるステレオタイプではなく、作者独特のシニカルな見方が混ざった個性的なキャラクターになっており、それゆえに面白いのである。

 肝心のミステリ部分でいうと、注目はプロット作りの部分か。トリックなどは正直それほどのインパクトはないのだけれど、町に隠された醜聞自体の面白みがあり、それをうまく活かしている。
 ただ、トータルでは傑作というところまではいたらず、悪くはないのだけれど、それほどプッシュしようという気が起きないのも事実。
 ひとまずは次作『浴室には誰もいない』も読んでみて、その上での判断としよう。


テーマ:推理小説・ミステリー - ジャンル:本・雑誌



| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2017 探偵小説三昧, All rights reserved.
ネット小説