FC2ブログ
ADMIN TITLE LIST
Selected category
All entries of this category were displayed below.

 E・D・ビガーズの『鍵のない家』を読む。ホノルル警察に勤務するチャーリー・チャン警視ものだが、シリーズ第一作ということもあってか、まだ後のシリーズ作ほど型にハマっている感じが少なく、そういう意味では逆に楽しい作品だった。まずはストーリーから。

 ボストンの名家ウィンタスリップ家の御曹司ジョン・クィンシーは、ハワイに長期滞在するミネルバ叔母を呼び戻すため、サンフランシスコ経由でハワイへ向かっていた。しかし、ジョンの到着前夜、ミネルバが身を寄せている資産家ダンの家で、ダンが何者かの手によって殺害されてしまう。ダンはウィンタスリップ家の一員で、ハワイでも有数の資産家だったが、過去の悪行によって一族はもちろんハワイでもよく思われていない人物だ。
 ホノルル警察のハレット警部と部下のチャーリー・チャンはミネルバの証言や手がかりをもとに捜査を開始するが、ハワイに到着したジョンもまたミネルバの要請によって捜査を手伝わされる羽目になる……。

 鍵のない家

 探偵小説に必要なものが過不足なく盛り込まれ、非常にオーソドックスな作りの探偵小説。書かれた時代を考えると、もう古典といってよいのだろう。とはいえ古さはあまり感じず、あらためてビガーズの探偵小説に対するセンスの良さを感じた。全体の構成、伏線の貼り具合、意外な結末などなど、実にまとまっていて、これが1925年に書かれたという事実。解説でも触れられていたが、それはヴァン・ダインが『ベンスン殺人事件』でデビューした一年も前のことである。
 普通、アメリカの探偵小説における黄金時代の幕を開けたのはヴァン・ダインといわれているが、ビガーズの果たした役目もまた大きかったに違いない。少なくとも『鍵のない家』と『ベンスン殺人事件』が両作出揃った時点で、シンプルに探偵小説としてのクオリティはビガーズの方が勝っている。突飛なネタこそないけれども、手がかりのばら撒き方とその回収が本作の面白いところで、書かれた時代を考慮せずとも悪くない出来だ。

 また、最初に触れたとおり、本作はチャーリー・チャンのシリーズ一作目ということで、その意味で見逃せない点もある。
 ひとつはチャンがまだ巡査部長という地位で、上司の警部と捜査にあたっているのが見どころ。白人の上司との関係性は悪くはないのだが、チャン特有の慇懃さがいろいろと含みのあるようにも思えてしまう。
 この人種の問題はさらにハワイ全体の描写にも通じる。そもそもハワイ自体が、当時のアメリカにとってまだまだ異国の地なのである。ハワイに出かけた本土のアメリカ人が、現地のアメリカ人に対して「アメリカにもぜひ遊びに来てください」とかつい言ってしまうのはお約束のネタのようだし(日本でも同じようなギャグあるよね)、当時のハワイや現地住人に対する心情が見え隠れするのが興味深い。あくまで白人目線という面はあるけれども、いや、白人目線であるからこそ、逆に空気感が伝わってくるのではないか。

 もうひとつ見逃せない点としては、本作の主人公がチャーリー・チャンではなく、ボストンからやってきたジョン・クインシーであるということ。事件の探偵役としては一応チャンが担うけれども、メインストーリーを引っ張るのはジョンの役目。お金持ちのお坊ちゃんが一皮むけるための成長物語としての側面が強いうえ、恋愛要素もガッツリと加わって、娯楽小説として万人が親しめるようになっている。
 思うに著者は、この時点でシリーズ化云々はほとんど考えていなかったのではないか。あくまで本作はジョンの物語であり、本書の評判の結果として、シリーズ化が決まったのではないだろうか。このあたり、すでにどこかに情報はありそうだが、とりあえずジョンの方でシリーズ化されなかったのは著者にとっても読者にとってもラッキーだった(苦笑)。

 ということでビガーズの他の作品同様、本書も意外なほど楽しめる一冊だった。あとは毎回書いていることだが、『シナの鸚鵡』の復刊とか新訳が出ればねぇ。


テーマ:推理小説・ミステリー - ジャンル:本・雑誌


 E・D・ビガーズの『チャーリー・チャン最後の事件』を読む。ホノルル警察に勤務するチャーリー・チャン警視を主人公とするシリーズは全六作あるが、本書はタイトルどおりその最終作。そして最後の未訳作品でもある。

 まずはストーリー。
 チャーリー・チャン警視がサンフランシスコに住む富豪ウォードに招待された。他に招かれたのは男性三人とオペラ歌手のエレン。実はチャン警視以外の男性は、ウォードを含め全員がかつてエレンと結婚していた者ばかりであった。ウォードはこのメンバーを集めてある事実を確かめるため、チャン警視を招いたのである。
 しかし、新たな男が軽飛行機がでやってきたとき、エレンは死体となって発見された。
 地元の保安官に請われ、思いがけず殺人事件を捜査することになったチャン警視。たちまち財産狙い、強請、復讐など、さまざまなトラブルが関係者の間にあったことが露わになる。だが肝心の手がかりは元夫たちではなく、なぜか使用人の中国人アー・シンを指し示していた……。

 チャーリー・チャン最後の事件

 しばらく前に読んだ『黒い駱駝』とそれほど印象は変わらず。尖ったところはあまりなく、非常に手堅くまとめている。
 元夫たちも怪しいのだが、それ以外にも数人の容疑者がいて、その誰もに動機や可能性がある。それをひとつひとつ潰していこうという展開は、少々辛気臭くもあるけれど、裏を返せば黄金期の作品らしい豊かさでもあり、安心して読めるところだ。
 とはいえチャン警視の依頼された案件が意外に掘り下げられていないこと、また、犯人の決め手となるネタがさすがに古くさいこともあり、本格ミステリとして物足りなさが残るのは致し方ないところだろう。

 ただ、味わい自体は嫌いではない。黄金期のゆったりした本格というだけでなく、チャン警視のまったく名探偵然としていない穏やかなキャラクター、中国の格言や故事を散りばめながらの捜査が、ちょうどいい感じで融合し、読み心地はすこぶるよい。
 また、本作では、異国の地に暮らしながらアイデンティティの持ちようが異なる二人の中国人、ウォードンの使用人アー・シンとチャン警視の対比がけっこう興味深い。このあたりは移民の問題というより、中国人の思想の問題でもあり、むしろアメリカ人読者よりは日本人読者のほうが意外に理解しやすいところではないだろうか。果たして当時のアメリカ人はどう解釈していたのか気になった。

 まあ、そんなこんなで本格ミステリとしてはまあまあといったところではあるが、個人的にはけっこう気に入った一冊である。

 ちなみに上でシリーズは全六作と書いたが、現役で入手できるのは論創海外ミステリの三冊のみ。とはいえ創元の二冊(『チャーリー・チャンの活躍』、『チャーリー・チャンの追跡』)は古書価も安く、入手は容易である。
 問題はポケミスの『シナの鸚鵡』だろう。古書価もそこそこするので管理人もこれのみ未所持。ううむ、ついでにこれも論創社で出してくれないものかな。


テーマ:推理小説・ミステリー - ジャンル:本・雑誌


 E・D・ビガーズの『黒い駱駝』を読む。ホノルル警察の中国人警部チャーリー・チャンを探偵役とするシリーズからの一作である。
 チャーリー・チャン・シリーズは全六作あるのだが、ひと頃は創元推理文庫の『チャーリー・チャンの追跡』、『チャーリー・チャンの活躍』ぐらいしか読めなかったように記憶している(その創元版すら読めない時期もけっこうあったようだが)。ところが今では論創海外ミステリで本作のほか『鍵のない家』、『チャーリー・チャン最後の事件』も刊行されて、ずいぶん状況が変わってきたのは慶賀の至り。
 管理人もこれまでは創元の二冊しか読んだことがなく、それもン十年前のことなので、実に久々のビガーズである。

 まずはストーリー。
 長い航海を終え、ようやくハワイに到着した客船オセアニック号。その乗客のなかにはホノルルで映画のロケを予定している俳優や撮影隊の一行の姿があった。
 ただ、主演女優シェラー・フェインの身辺だけは少々慌ただしいことになっていた。同乗していた富豪の鉱山王ジェインズからプロポーズを受けていたのである。
 しかし、同じくフェインと同行していた占い師ターネヴェロの進言により、フェインはプロポーズを断ってしまう。そしてその理由の裏には、三年前、ハリウッドで起こった未解決殺人事件が関係していたのだ……。

 黒い駱駝

 帯に書かれた横溝正史絶賛したという惹句が目を引くが、まあ話半分に聞いていても、これはなかなか悪くない。
 本作が発表されたのは1929年。ヴァン・ダインがアメリカでミステリの大きなムーヴメントを巻き起こした頃と重なるわけだが、タイプこそヴァン・ダインとは異なるけれども、こちらもまた当時を代表する本格ミステリのひとつといってよいだろう。むしろ安定感ではヴァン・ダインより上ではないか。

 正直なところ本格ミステリとしてそれほど尖った作品ではない。チャーリー・チャンの推理も格別、鮮やかというわけではなく、どちらかというと事件の方で勝手に転がっていく感じで、そこが本格としての弱さをも感じてしまう部分だ。
 ただ、数々のギミックや胡散くさい容疑者を散りばめているから、真相を突き止めてゆくカタルシスは決して低くない。
 特に本作での肝となる、ハリウッドで起こった過去の事件の真相、また、怪しさ満点の占い師の正体、この二つの謎が今回の事件とも相まって、ストーリーを引っ張る力は十分。こういうところは金田一ものを連想させるところでもあり、横溝正史が絶賛した理由にもなっているのではないかと思う次第である。


テーマ:推理小説・ミステリー - ジャンル:本・雑誌



| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2020 探偵小説三昧, All rights reserved.