ADMIN TITLE LIST
Selected category
All entries of this category were displayed below.

 笹沢左保の『どんでん返し』を読む。最近読んでいた初期長編から離れて、これは中期に刊行された短編集である。まずは収録作。

「影の訪問者」
「酒乱」
「霧」
「父子(おやこ)の対話」
「演技者」
「皮肉紳士」

 どんでん返し

 どんでん返しがテーマの短編集。しかも全編、二人の登場人物の会話だけで構成されており、なかなか技巧的でアグレッシブな試みである。
 ただ、技巧的ではあるし、どれもきちんとオチを工夫してあるのだけれど、いかんせん会話だけだといろいろ制限が多くなり、どうしても先が予想しやすいのが惜しまれる。それでも何作かはこちらの予想を超えるものもあって、まずまず悪くない短編集である。
 なお、タイトルにまで“どんでん返し”とつけるのは、いくら何でもハードルを上げすぎじゃないかな(苦笑)。

 以下、作品ごとの感想など。

 「影の訪問者」はかつて婚約していた男女の会話。深夜に突然やってきた女の不審な様子から、男が推理を披露して……という物語。会話ミステリー(そんなジャンルがあるかどうかは知らんが)の基本系みたいな作品である。それだけに予想されやすいところはあるのだが、サスペンスも高く、きちんとまとまった佳作。一幕ものの芝居みたいな雰囲気もよい。

 その基本形を捻ってあるのが「酒乱」。五十代の夫婦の会話だが、昔に起こったと思しき事件を二人で回想していくのだが、余韻も含めて本書のピカイチ。

 「霧」は心中を図ろうとする若い夫婦の会話。これは単純で驚きも少なくいまひとつ。

 「父子の対話」は「酒乱」に次ぐ出来の良さ。売れっ子弁護士になった息子とその父の会話だが、御都合主義が一ヶ所あるのはいただけないが、会話だけでこれだけの豊穣なストーリーを展開させる手腕が見事。

 「演技者」は夫の殺人を企む女優とその不倫相手の会話で始まり、後半は女優と捜査にあたる刑事の会話で締める。プロットに無理があり、本作だけ会話も都合三人で成り立たせているため、印象も弱くなってしまった。

 「皮肉紳士」は空港へ向かうタクシーの中で、大学教授に事件の相談をする刑事の話。これは会話ミステリというより安楽椅子もののアレンジ。なので会話ミステリとしての面白さには欠けるのが残念。


テーマ:推理小説・ミステリー - ジャンル:本・雑誌


 最近のマイブーム、笹沢左保の『空白の起点』を読む。ポール・ブリッツさん、根岸鴨さんがオススメしてくれていたが、確かにこれも良作であった。

 こんな話。大阪発の急行列車「なにわ」が東京をめざし、真鶴を通過しようとしていたときのこと。乗客の一人、小梶鮎子が海岸の崖から男が墜落するところを車内から目撃した。ところが東京駅に着いた鮎子は、鉄道公安官から、墜落した男が自分の父・美智雄であったことを知らされる。
 たまたま同じ列車に乗り合わせていた保険会社の事故調査員・新田純一は、その偶然が気にかかり、保険の加入状況を調べると、最近、高額の保険に加入したことが判明。事故の裏に何かあるのではないかと考えた新田は引き続き、調査を続行するが……。

 空白の起点

 『招かれざる客』、『霧に溶ける』、『人喰い』とタイプは異なるが、本作もまたなかなかの出来である。
 一言で言ってしまうと、二時間サスペンスドラマ風の展開で、主人公の新田が調査を進めるうち、被害者の周囲には複雑な人間関係があることがわかり、そこからある容疑者が浮かび上がる。ところがその容疑者が自殺を遂げるあたりから、逆に事件の様相がますます怪しくなっていく。後半は犯人の見当もつきはじめ、アリバイ崩しが中心になっていくが、ラストではそれにとどまらない意外な真相が明らかになる。
 雰囲気は確かに二時間サスペンスドラマ風ではあるし、そこまで派手な仕掛けがあるというわけではないのだが、予想を半歩ほど上回っていく展開が心憎く、しっかりしたプロットをうまくストーリーに乗せているといった印象だ。
 特に動機についてはよく練られており、単なる二時間サスペンスドラマに終わらない魅力がある。

 気になったのは、登場人物の人物造形か。ストーリーの軽快さに比較すると、主人公の新田などは作品にそぐわない暗さであり、事件の様相に絡めて物語に深みを出そうとしたとは思うのだが、終盤で明らかになる事実には、あまりの唐突さにちょいとひいてしまうぐらいである。
 かたやヒロイン格の女性は、新田とのロマンスや三角関係といった適度な読者サービス要員にもなっており(この辺も二時間サスペンスドラマっぽい)、新田とのバランスを考えると少々座りが悪い感じ。まあ、ここは個人的な好みも入っているので。そこまで気にするほどでもないけれど。

 というわけで、二時間サスペンスドラマ風とはいっても、非常に上質な二時間サスペンスドラマ。リーダビリティも高く、まずは安心してオススメできる一作である。


テーマ:推理小説・ミステリー - ジャンル:本・雑誌


 笹沢左保の『人喰い』を読む。著者の長編第四作にして第14回日本推理作家協会賞受賞作品。

 こんな話。
 本多銃砲火薬店に勤める花城由記子が妹・佐紀子に遺書を残して失踪した。由記子は社長の息子、本田昭一と付き合っていたが、本田家の反対にあい、しかも会社でも執拗な嫌がらせを受けていたのだ。そんな二人が選択したのは心中という手段だったが、発見されたのは昭一の遺体だけだった。
 由記子の生死がはっきりしないまま、本多銃砲火薬店での爆破事件、そして殺人事件が発生するにおよび、ついに由記子は殺人犯として指名手配を受ける。佐紀子は姉の無実を信じ、恋人とともに調査を始めるが……。

 人喰い

 笹沢左保の初期長編は力作ぞろい、特に本格魂にあふれるものが多いということで、そのあたりを中心に読み進めているのだが、本作『人喰い』もまたその期待を裏切らない傑作である。

 これまで読んだのは『招かれざる客』、『霧に溶ける』だが、これらは警察の捜査を中心に物語が進んでいたのに対し、本作は容疑者の妹・佐紀子が調査に乗り出す素人探偵もの。その分だけサスペンス要素が強めなのが特徴で、姉の由記子は果たして被害者なのか、それとも犯人なのか、あるいは別の真相があるのか、その興味で引っ張りながら物語を進めていくのがよろしい。
 トリックの盛り込み方は先の二作ほど賑やかではないけれども、物語の盛り上げ方などを加味すると、個人的には本作の方が好みである。

 トリックの盛り込み方が云々と書いたように、ひとつひとつのネタはやや厳しい。
 ただ、これは先の二作も似たようなもので、笹沢作品では、そういう物理トリックよりも意外な事件の真相が見どころである。叙述トリックというほどのものではないが、事件の様相をガラッと変えてみせる技術は相変わらず冴えている。

 まあ、登場人物が限られているので、今のミステリファンであればヤマ勘でも犯人は当てることも可能だが、なんというか、こういう書き方をするとちょっと語弊はあるけれども、いわゆる火曜サスペンス劇場とか、そういうサスペンスドラマのお手本のような作品といってもいいだろう。

 タイトルの『人喰い』の意味については、終盤で犯人の言葉によって明らかになるのだが、この犯人の性格付けと合わせてなかなかに興味深く、微妙にイヤーな読後感を残すところも好み。この暗さもまた笹沢作品の魅力であろう。
 ともあれ笹沢作品の良さはだいぶ実感できてきたので、今後ももう少し読み進めてみたい。


テーマ:推理小説・ミステリー - ジャンル:本・雑誌


 笹沢左保の『霧に溶ける』を読む。著者の本格ミステリでは代表作として知られる一作である。

 まずはストーリー。
 ミス全国OLコンテストの最終予選に残った五人の女性。しかし、最終審査を前にして、彼女たちには怪しい脅迫や不審な事故が次々と発生する。果たしてライバルたちを蹴落とそうとする五人の中の誰かの仕業なのか? そしてついには殺人事件が発生する。
 事件の捜査に当たった警察は、被害者がコンテストの候補者であることに気づくが、殺人事件はそれだけでは終わらなかった……。

 霧に溶ける

 ああ、これはよくできている。世評も宜なるかな。
 『招かれざる客』もそうだったが、初期の笹沢左保作品は本格に対して相当な意気込みがあったようで、本作もまたトリックや仕掛けが目白押しである。
 連続殺人それぞれに密室やアリバイなどのトリックが用いられ、これらの謎に『招かれざる客』で活躍した倉田警部補が再び挑んでいく。ストーリー自体はごくごくオーソドックスに警察の捜査で進んでいくのだが、不可能犯罪の連発で畳み掛けるので、まったく退屈することがない。

 そして、これまた『招かれざる客』がそうであったように、本作も実はトリックひとつひとつがどうではなく、事件全体の構図やプロットが魅力的なのである。この真相があればこそ、トリックの多さも生きるというものである。
 実際にこんな事件があったら、おそらく迷宮入りは間違いないと思えるぐらい真相は複雑なため、少々やりすぎの感無きにしもあらずだが、ここは著者の心意気を買うべきであろう。

 ミス・コンテストの五人の候補者たちのキャラクターの描き方も面白い。ミスコンの最終審査に残るぐらいだからみな美貌の持ち主。当然、男性関係もそれなりに賑やかなのはいいとしても、不倫あり酒乱ありチンピラとの腐れ縁ありと、全体的には性格に難ありの者ばかり。
 その時代のモラルや女性観などをかなり誇張しつつ、さらにはあえて歪めて描いているとは思うのだが、この辺の壊れっぷりはやはり興味深く読めるところである。

 と、ここまで褒めておいてなんだが、 実は感心しないところもないではない。
 それはこの犯罪が行われることによる結果、犯人にはメリットもあるが、けっこうなデメリットもあるという点(しかもちょっと考えただけでも大きく二つはある)。それぐらいは犯人も気づいてほしいところで、このあたりをもう少し上手く消化できていれば、より見事な作品になったことだろう。


テーマ:推理小説・ミステリー - ジャンル:本・雑誌


  若いときから海外ミステリ中心に読んできた管理人なので、国内作家は一部の作家をのぞくとあまり縁がなかったのだが、ここ数年で1960~1980年あたりに活躍した作家を意識的に読んでいる。もとから読みたい作家はごろごろいたので、そのうちにという気持ちはあったのだが、やはり『本格ミステリ・フラッシュバック』はいいきっかけになっている。

 で、本日はそんな作家のなかからもう一人、開拓してみた。笹沢左保である。
 笹沢左保といえば「木枯らし紋次郎」の作者というのがもっとも通りがいいだろうが、もともとは乱歩賞を契機にブレイクした作家であり(受賞はできなかったが)、本格からサスペンスまで幅広い作品を残している。
 とはいえ時代物やサスペンスのイメージが強いこと、多作家であることなどから、ついついこれまで敬遠してきたのだが、実はミステリに関してはいろいろなチャレンジをしているのはマニアには知られているところ。そろそろ自分の中で読みごろの感じも熟してきたので手に取った次第である。

 ということで本日の読了本は笹沢左保の『招かれざる客』。まずはストーリー。

 商産省の所有する土地の利用法をめぐり、組合と省側が激しく対立していた。ところが組合の闘争計画が省側に筒抜けになっており、組合の幹部は国家公務員法に抵触したことで全員が処分を受けてしまう。
 組合敗北の原因は内部にスパイがいたことだった。組合はまもなく組合員・鶴飼をスパイと特定し、その背後関係を明らかにしようとしたのもつかの間、鶴飼は商産省の階段で殺害されてしまう。さらにはその組合員の愛人であり、スパイ活動に手を貸していた女性・細川も命を狙われるが、彼女と同居していた無関係の女性が誤認されて殺されるという事件まで起こる。
 警察はスパイを働いた男に激しい恨みを抱く組合員・亀田を容疑者とにらんだが、その亀田は事故で死亡し、事件は落着したかに見えた……。

 招かれざる客

 組合と役所の対立という社会派的な設定、前半の記事や報告資料というスタイルの記述のため、正直、最初はなかなか乗れなかった。もちろん、これはこれで作者の狙いだとは思うが、むしろ導入としては面白みに欠けてしまい企画倒れの感が強い。
 ところが、そこを抜けると話は違ってくる。スタイルも主人公・倉田警部補の一人称となり、ストーリーの様相も社会派から一気に本格寄りにシフト。しかも、その中身が暗号あり、密室あり、アリバイ崩しありとギミックてんこ盛りである。そのひとつひとつの疑問を少しずつコツコツと明らかにしていく様はクロフツを彷彿とさせる。

 しかし、本書が素晴らしい本当の理由は、そういったトリックを踏まえて明らかになる事件の様相だろう。
 確かに密室やアリバイなどのトリックのひとつひとつも悪くないのだけれど(とはいえ時代ゆえのトリックの古さはあるけれど)、事件の様相が明らかになることで、本作のテーマがくっきりと浮かび上がり、静かな感動を与えてくれるのだ。

 惜しむらくは先に書いたように、序盤の記述スタイル。また、主人公の倉田警部補が本当にたった一人で解決までもっていくため、物語としてはやや面白みに欠けるところだろう。倉田警部補自身のドラマも多少は描かれるのだが、ここも少々とってつけたような感じで物足りない。これが処女長編だけに、ストーリー作りはまだ成長途上だったのかもしれない。
 プロットは文句ないけれど、魅力的なストーリーに消化するところでもたついた印象である。

 ともあれトータルでは十分満足できるレベル。このほかにも意欲的な作品がまだまだ残っているので、当分は楽しめそうである。


テーマ:推理小説・ミステリー - ジャンル:本・雑誌



| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2017 探偵小説三昧, All rights reserved.
ネット小説