ADMIN TITLE LIST
Selected category
All entries of this category were displayed below.

 結城昌治の『軍旗はためく下に』を読む。1970年、第六十三回の直木賞を受賞した戦記ものの連作短編集である。ちなみに本作はまったくミステリではないので念のため。

 敗戦後、二十年以上が過ぎ、ある戦友会では当時の思い出を集めた回想録を作ろうという話が持ち上がった。ただし将校や下士官の手柄話だけでは部隊や戦争のごく一面しか伝わらない。編集委員は軍法会議で処分された戦友の話も載せようと、関係者に話を聞いてまわる……というような設定で、本書では以下のような五人のエピソードが順番に語られてゆく。

「敵前逃亡・弄敵」
「従軍免脱」
「司令官逃避」
「敵前党与逃亡」
「上官殺害」

 軍旗はためく下に

 五作に共通するのは、主人公たちが陸軍刑法の裁きのもと、既に遠い異国で処刑されているということ。また、刑を受けた理由は決して本人の責だけにあるのではない。もちろん表面的には軍規に背いているのだが、根本的な原因は戦争という極限状態の恐ろしさである。戦争によって人は狂い、その狂った人間によって動かされる組織が理不尽を生み、新たな恐怖を招くのである。
 本作はそんな狂った組織と人々の知られざる真実を明らかにしようとする一冊。

 むろんフィクションだし、誇張もあるだろうが、これらを扇情的に語るのではなく、むしろ昔話のように淡々と語っていくことで、より現実感をもって迫ってくる。登場人物たちもいわゆる反戦小説のように正面切った反戦を謳うのではなく、むしろ小狡い男や小心者だったりするわけで、そういう普通の冴えない男たちがふとしたはずみで罪を問われ、処刑されていく姿はなんとも辛い。
 そして、戦争の痛ましさはもちろんだが、戦争のような極限状態以外でも、私たちは時の法律や組織について、その在り方を常に認識しておかなければならないのだと強く感じた次第である。

 この手の戦記ものは決して少なくないが、結城昌治の語りはやはり頭ひとつ抜けている印象で、文句なしの傑作。
 ちなみに深作欣二監督によって映画化もされているが、そちらも傑作とのことなのでいずれ観ておきたいところだ。


テーマ:国文学 - ジャンル:本・雑誌


 結城昌治の『夜の終る時』を読む。著者の代表作のひとつで日本推理作家協会賞受賞作だが、恥ずかしながらこれが初読である。まずはストーリーから。

 刑事捜査第一係の徳持刑事が聞き込みに出かけたまま消息を絶った。ちょうど軽い恐喝事件しか担当していなかった徳持だが、同僚の安田刑事は、徳持の最近の動きが気にかかり、彼がなんらかの事件に巻き込まれたのではないかと推測する。
 果たしてその予感は的中し、あるホテルの一室で、扼殺された徳持が発見された。安田は徳持と幼馴染で、いまは赤座組の幹部に昇進した関口に狙いを定め、その足取りを追うが……。

 夜の終る時

 おお、さすがにいいなぁ。これはもう予想していたとおりの傑作。
 簡単にいえばハードボイルドやノワールの雰囲気を色濃く漂わせた警察小説である。全体のボリュームはそれほどでもないのだが、警察官の腐敗を題材にとりあげ、その事件を通じてノンキャリアの警察官の姿を無駄なく描いている。

 この手の作品で注目したいのは、もちろんテーマやストーリーも重要だが、やはり文章。卑しい街を騎士が歩くにはそれなりの世界感が必須であり、それを形作るのが文章なのだ。決して美麗な文章である必要はなく、むしろ虚飾を排し、できるだけ事実だけを描いたシンプルな文章。そのシンプルな描写から本質や心情がじわっと伝わってくるのが理想である。
 結城昌治もそういう才能に恵まれた一人で、これがあるから短い作品なのに読後の印象が強いのだろう。

 しかし、それだけならまだ傑作というには遠い。本作は謎とその解決においても手を抜くことなく、警察の捜査というリアリティのもとにきちんと意外性をもたせ、しかも小説としては構成にも工夫を凝らすという徹底ぶり。これがまた小説の味わいにも貢献するという、なかなか理想的な相互作用というか化学反応を起こしている印象だ。
 いつのまにか警察小説も(国内外問わず)重厚長大なものばかりが流行る時代になったけれど、ううむ、こういうキレで読ませる作品を現代の作家にももっと書いてほしいものだ。


テーマ:推理小説・ミステリー - ジャンル:本・雑誌


 結城昌治の短編集『あるフィルムの背景』を読む。
 古本ではなく、ちくま文庫で昨年十一月に出たばかりの新刊である。最近は戦前の探偵小説だけではなく、本書の結城昌治のように昭和の中頃から後期に活躍した作家のミステリもかなり復刊が目立つけれども、まあそれ自体は歓迎する話である。
 ただ、悲しいのは、こちらが子供の頃に普通に書店で見ていた本が復刊されるという事実(笑)。結城昌治なんて角川文庫の新刊が山のように本屋に並んでいた時代があるわけで、なぜそのときに買っておかなかったのだという悔恨ばかりが先にくる。

 とはいうものの、当時、山ほど結城昌治を読んでいたとしても、果たして純粋に楽しめたかどうかは疑問だ。
 実際、何冊かは十代の頃に読んでいるのだが、スパイものやハードボイルド系だったこともあって、正直その面白さがいま一つわからなかった。結城昌治の作品は思った以上にバラエティに富んだものらしいのだが、それでも有名な作品は犯罪小説やハードボイルド系のイメージが強く、その魅力を理解したのは中年の域に入ってからだった(苦笑)。
 だから、こっちがこうして年をくってから結城昌治の再評価の動きなどがあるのは、むしろタイミングとしてはちょうどよいのかなという気持ちである

 あるフィルムの背景

第一部
「惨事」
「蝮の家」
「孤独なカラス」
「老後」
「私に触らないで」
「みにくいアヒル」
「女の檻」
「あるフイルムの背景」
第二部
「絶対反対」
「うまい話」
「雪山賛歌」
「葬式紳士」
「温情判事」

 収録作は以上。 第一部は角川文庫で刊行された初期傑作を集めた同タイトルの短編集を丸ごと収録し、さらに第一部と同タイプの短編をオリジナルの第二部として収録したもの。
 ごく普通の人々がつい起こしてしまった犯罪、その原因となった動機、そしてその結果によって引き起こされる悲劇というのが共通する構図であろう。そのままだとブラックなサスペンスで終わりそうになるところを、きちんとオチを効かせることで、良質のミステリとして成立させている。
 まあ、オチ自体はそこまでトリッキーなものではないけれども、そこに至るまでの描写が鮮やかなせいか全体の印象としてテクニカルな印象を受け、満足度はなかなか高い。簡潔な文章も作品の雰囲気にマッチしていて好みである。
 全体的に水準は高いけれども、あえてマイ・フェイヴァリットを出すなら「惨事」、「孤独なカラス」、「みにくいアヒル」、「女の檻」、「雪山賛歌」、「葬式紳士」、「温情判事」あたりか。
 まずは安心してお勧めできる短編集といえるだろう。


テーマ:推理小説・ミステリー - ジャンル:本・雑誌



| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2018 探偵小説三昧, All rights reserved.
ネット小説