fc2ブログ
ADMIN TITLE LIST
Selected category
All entries of this category were displayed below.

 久々に所沢の古本市「彩の国所沢古本まつり」へ出かけてみた。もともと規模が大きいのでコロナ以前から全然密な状態ではないのだが、入り口で漏れなく消毒と検温がちゃんとされているし、通路も広いので安心感は高い。なんせ来場者の平均年齢が高いから(運営者も)、これぐらいは当たり前なのかもしれない。
 ちなみに釣果はそれほどのことはなくて『ディケンズ短篇集』、南洋一郎『魔海の宝』、フランク・グルーバー『グルーバー 殺しの名曲5連弾』、『エラリー・クイーン傑作集』、海渡英佑『積木の壁』など。

 本日の読了本はJ・S・フレッチャーの『ミドル・テンプルの殺人』。論創海外ミステリの一冊である。
 フレッチャーはミステリ黄金時代の初期に大いに活躍したが、如何せん流行作家の宿命か、今ではほぼ忘れられた作家の一人である。管理人も以前に『亡者の金』を読んだことはあるが、やはり厳しいかなという感じであった。
 しかし、『ミドル・テンプルの殺人』は代表作の一つとして数えられるだけあり、そこそこ楽しく読むことができた。

 ミドル・テンプルの殺人

 ウォッチマン新聞社で副編集長を務めるフランク・スパルゴ。今日も担当するコラムを仕上げ、早朝近くに会社を退社したところ、ある男の殺害事件に遭遇する。身元不明だった被害者だが、ポケットからはある弁護士の名前が記された紙切れが発見された。それはスパルゴも知っている弁護士だったが、いざ会って話を聞くと、その弁護士は被害者のことは知らないという。徐々に興味が増してきたたスパルゴは、担当のラスベリ-部長刑事と協力して捜査を進めるが……。

 やはり謎解き興味は薄いけれど、『亡者の金』よりはだいぶ面白い。もちろん全般的な傾向は『亡者の金』とそれほど変わらないし、古臭いところは当然あるのだが(1919年の作だからなんとクリスティのデビュー前!)、ストーリーがかなり強くて、いくつかの弱点を全部うっちゃってるイメージ。
 序盤は五里霧中からスタートするが、新しい情報や手がかりがテンポよく出てきて、見事に物語を引っ張ってゆく。展開が早くなりすぎていて、普通の本格ミステリならやりすぎかなと思うのだが、このさじ加減が絶妙でというか、著者の撒き餌にうまく乗せられていく感じが心地よい。
 謎を追う探偵役のスパルゴも、こういうスピーディーな展開にちょうどいいキャラクターだ。推理や試行錯誤にはあまり時間をかけず、むしろ足で捜査を進めるタイプ。ただ、そうはいっても決してクロフツとかと同類ではなく、むしろアメリカの古いサスペンス映画とかに登場しそうなはじけた若手記者といった感じである。

 決して心に残るような作品とは違うが、読んでいる間は十分に楽しめる、娯楽に徹した一作である。


テーマ:推理小説・ミステリー - ジャンル:本・雑誌


 J・S・フレッチャーの『亡者の金』を読む。著者は英米ミステリの黄金時代、特に初期の頃に活躍した作家だが、本格テイストは少なく、ストーリーで読ませるタイプ。それだけに一般読者には相当な人気があったようで、その作品数は120作以上。我が国でも一時期はさかんに紹介されていた。

 こんな話。
 弁護士事務所で事務員として働くヒュー青年。一緒に暮らす母親は下宿屋を営んでおり、そこにあるとき部屋を借りたいという老人ギルバースウェイトが現れた。素性を明かさないところは気になったが、払いに対しては気前がよく、母親は嬉々として部屋を貸すことにする。
 そんなある日、ギルバースウェイトはヒューにひとつのお願いをする。ある場所へいって、そこに現れた男に伝言を伝えてほしいというのだ。怪しげではあったが高額な謝礼に依頼を引き受けるヒュー。しかし、その場所でヒューが見たのは見知らぬ男の死体だった。あわてて警察に知らせ、ようやく帰宅したヒューだったが、今度は自宅でギルバースウェイトが死んでいた。いったいこの小さな町で何が起こっているのか? ヒューは雇い主の弁護士リンゼーとともに行動を起こすのだが……。

 亡者の金

 戦前探偵作家のエッセイやミステリのガイドブック等で名前だけは昔から知っているフレッチャーだが、読むのはこれが初めて。ひと頃は、といっても何十年も前の話ではあるが、けっこうな人気があった作家なのでそれなりに期待はしたのだが。
 ううむ、これはちょっと厳しい。以前は人気があったということだが、これは逆にいうと、いまは人気がないということでもある。やはり人気がなくなるからにはそれなりの理由があるのだなと実感した。

 とにかくまずいのは、ストーリーの盛り上げばかりを優先するあまり、その他の面がすべておざなりになっていること。
 特に目立つのは登場人物の造型や描き方が弱いことか。いかにもステレオタイプといった深みのないキャラクターに加え、場を盛り上げるためだけに登場人物を動かすので、その行動に説得力がない。感情だけで動くとか、そういうことではない。単純に登場人物の行動原理が不自然であり、動機付けの不明な点が多いのである。
 とりわけひどいのは主人公の青年ヒュー。事件の要所要所でそれだけはやってはいけないというようなことをなぜかやってしまい、事件をよけい混乱させる。
 ストーリーありきのミステリであっても全然かまわないのだけれど、そういう展開になる説明はほしいし、ストーリー上の必然性だってほしいではないか。

 まあ、人間が描けてないとか、ストーリーが行き当たりばったりだとかは、多作家の弱点としてよく言われることだが、それをここまで体現している作品だとは思わなかった(苦笑)。書かれた時代も時代だし、この手の大衆小説にそこまで求めても仕方ないのだろうけれど、それにしてもなぁ。
 ちなみに犯人なども早めに予想がつくけれど、ひとつだけラストに衝撃の展開があって、ここがなかったらもっとひどい感想になっていたかもしれない。


テーマ:推理小説・ミステリー - ジャンル:本・雑誌



| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2022 探偵小説三昧, All rights reserved.