FC2ブログ
ADMIN TITLE LIST
Selected category
All entries of this category were displayed below.

 ピーター・スワンソンの『ケイトが恐れるすべて』を読む。
 前作の『そしてミランダを殺す』は構成に趣向を凝らしたサスペンス作品。『カササギ殺人事件』の陰にやや隠れた感はあったものの、実は『ミステリマガジン』の「ミステリが読みたい!」、『週刊文春』の「ミステリベスト10」、そして『このミステリがすごい!』の各ランキングですべて二位を獲得するという快挙を達成した。
 さて、続く本作はどうか。

 ケイトが恐れるすべて

 こんな話。ロンドンに住むケイトは遠くボストンで暮らす又従兄コービンと、半年の間、住居を交換してみないかと提案され、それを受けることにする。ところが早々に隣室で女性の死体が発見され、やがてコービンと女性が恋人同士だったことが明らかになる。容疑はコービンにかかるが……。

 とまあ、ストーリーだけを書くと、ごくごく普通のサスペンスに思えるのだが、実は骨格だけ取り出してみると、本当に普通のサスペンス小説である(笑)。基本プロット自体はけっこうオーソドックスで、それを面白く見せているのが、著者の語りのテクニックだろう。
 まずは章ごとに視点を変えることで読者の目を眩ませる。本作ではケイトの視点で物語が始まるが、続いて同じマンションに住むアランという人物に変わり、さらにはコービンへと移行する。しかも、ただ、視点を変えるのではなく、各人物にはそれぞれやばい過去があるという設定。
 各人の秘密が小出しにされ、これがどういうふうに絡んでいくのか、それとも新手の叙述トリックなのか、サスペンスと同時に読者の興味も高めてゆくという寸法だ。

 上手いことは上手いし、それなりに面白い。ただ、『そしてミランダを殺す』は構成だけでなくプロットも捻っていたからよかったけれど、本作の場合はその点でかなり劣る。正直、視点を変えず、ごく普通にストーリーを進めてしまうと、それほど盛り上がらないのではないか。
 『そしてミランダを殺す』、そして『ケイトが恐れるすべて』と、語りの部分ばかりに注力している作品が続いているが、著者はもっとミステリとして本質的なところをめざしたほうがよいのではないか。


テーマ:推理小説・ミステリー - ジャンル:本・雑誌


 ピーター・スワンソンの『そしてミランダを殺す』を読む。馴染みのない作家ではあるが、邦訳としては一応四年ほど前にヴィレジブックスから『時計仕掛けの恋人』が出ており、本作が二作目とのこと。

 まずはストーリー。若くして成功をつかんだ実業家のテッド。美しい妻ミランダと結婚して三年。豪華な新居も建築中で、何の不満もないはずだった。だが実はミランダが新居の建築責任者と不倫していることを感づいていた。
 そんなある日、テッドは空港で知り合った女性リリーに、妻を殺したいという話をしてしまう。リリーはそんな妻は死んで当然だと断言し、妻殺害の協力を申し出るのだが……。

 そしてミランダを殺す

 解説によるとパトリシア・ハイスミスとのシンパシーみたいなところを書いているが、管理人はルメートルの出世作を思い出した。共通するのはサスペンスの妙とか構成の面白さというところだろうが、本作もその点ではなかなか面白い試みをやっている。
 それが四人の主要な登場人物による一人称である。
 前半は主にテッドとリリーの殺人計画、そして殺人に加担する謎の美女リリーの半生というような形で進み、後半以後はさらに二人の語り手が加わり、展開も予想外の方向に進んでいく。殺す者と殺される者、追う者と追われる者、それぞれの思惑が入り乱れ、サスペンスを高めていくといった按配である。なかでも注目したいのはリリーとミランダの絡みで、強い女性同士の腹の探り合いはすこぶる熱い。
 また、リリーのキャラクターは要注目。要はこれもハイスミスの某有名主人公のパクリ、いや、オマージュといったキャラクターなのだが、本作は確かにあちらこちらでハイスミスの影響がうかがえ、それを探してみるのも一興だろう。

 ただ、敵味方の攻防はそれなりに面白いけれど、伏線の妙とか知的感動とか説得力とかには正直乏しい。意地悪い言い方をすると、単にハラハラさせたいためだけに展開をひっくり返すようなところもあり、個人的にはやや物足りなさが残る。
 つまらない作品ではないが、本作を読むかぎりハイスミスやルメートルの域にはまだ届かないかなというのが率直なところである。


テーマ:推理小説・ミステリー - ジャンル:本・雑誌



| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2019 探偵小説三昧, All rights reserved.