fc2ブログ
探偵小説三昧

日々,探偵小説を読みまくり、その感想を書き散らかすブログ


Posted in "国内作家 村山槐多"

Category: 国内作家 村山槐多    06 19, 2006
村山槐多『村山槐多耽美怪奇全集』(学研M文庫)
 学研M文庫「伝奇ノ匣」シリーズから『村山槐多 耽美怪奇全集』を読了。 短編「悪魔の舌」しか読んだことのない作家だが、本来、村山槐多は画家であり、詩人である。小説はどちらかというと余技であるが、他にも戯曲や童話なども書いており、とにかく創造することにとりつかれた芸術家であることは間違いないだろう。しかもその作風というか嗜好がまた幻想的であり、加えて若干23歳にして夭折したのだから、一部に熱狂的ファンが...

« »

05 2024
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
プロフィール

sugata

Author:sugata
ミステリならなんでも好物。特に翻訳ミステリと国内外問わずクラシック全般。
四半世紀勤めていた書籍・WEB等の制作会社を辞め、2021年よりフリーランスの編集者&ライターとしてぼちぼち活動中。

ツリーカテゴリー