ADMIN TITLE LIST
Selected category
All entries of this category were displayed below.

 ポール・ドハティーのアセルスタン修道士シリーズ三作目『神の家の災い』を読む。

 本作はいわゆるモジュラー型ミステリ。アセルスタンが同時に起きた三つの謎に挑むという体裁である。まずはアセルストンが書記として仕えるクランストン検死官が招いた事件。ある日、摂政ゴーントの宴に招かれたクランストンだが、その席で彼は四人の人間が死んだ密室殺人事件を解けるかどうか賭をする羽目になる。一方、アセルスタンが守る教会では、改修中に発見された遺骨が奇蹟を起こして大騒ぎ。さらには、かつてアセルスタンが所属した修道院で謎の連続殺人が発生するが……。

 神の家の災い

 ドハティーのシリーズはこれまでに3つ紹介されている。ひとつはロジャー・シャーロットを主人公とする冒険小説風のシリーズ。もうひとつはヒュー・コーベットを主人公とするハードボイルド調の物語。そして、本作のアセルスタン・シリーズは謎解きをメインに据えた本格ミステリである。
 ただ、作風はシリーズごとに異なれど、いずれもに共通しているのは、すべてイギリスを舞台にした歴史ミステリである、という点だ。
 ドハティーの興味は、もうほとんどその一点に集中しているといって差し支えないと思うのだが、だからといって、適当に作風を変えて駄作を量産しているわけではない。世界観の構築や登場人物の造型などは綿密だし、その描写は実に確か。まるで見てきたかのように、当時のロンドンの風俗や人々を描き、とにかく物語ることにおいては非常に巧みな作家なのである。正直、別に事件など起こらなくても十分面白いのだ。

 本作もそういう意味では楽しめる一冊なのだが、それでも本格ミステリという体裁をとっている以上、トリックやロジックがどの程度のものなのかは、やはり気になるところ。で、残念ながらその点に関しては期待しないほうがよい。また、著者自身もそこを極めようといういう気はあまりないようだ。
 とはいえ派手なトリックやどんでん返しなどがないというだけで、本格ミステリとしての構成要件はきっちりクリアしているし、そういう部分での手抜きなどはない。むしろ事件をいくつも散りばめることで、騒々しく猥雑な当時の英国の雰囲気を作っているのかなとも思うし、そのなかで右往左往する主人公たちがより魅力的に感じられるのである。
 『シャーロック・ホームズ』もいいのだけれど、このシリーズも映画化してくれたら絶対に観にいくんだけどなぁ。


テーマ:推理小説・ミステリー - ジャンル:本・雑誌


 愛すべき悪党ロジャー・シャロット、修道士アセルスタンの両シリーズで知られるポール・ドハティだが、ハヤカワミステリから新たなシリーズ探偵が登場した。その名も国王の密偵、ヒュー・コーベット。邦訳こそ三番目の登場となったわけだが、実はドハティのシリーズ探偵としては第一号であり、本作はそのシリーズ第一作にあたる。
 英国を舞台にした歴史物というところはこれまでのシリーズとも共通しているが、時代的には本作が一番古くて十三世紀。英国史上「最良の王」と言われるエドワード一世が即位している頃であり、ヒュー・コーベットはその国王の勅命を受けて捜査に臨むという役どころだ。

 妹に暴行を働かれ激怒した金匠(今でいう銀行のようなものだが、そのイメージは金貸しに近い)が、相手の男を殺すという事件が起きた。男は司直の手が及ばない教会へ逃げ込んだものの、罪の意識に耐えかねたか自ら首を吊ってしまう。部屋が密室状態だったこともあり、事件はこのまま自殺で終わるかにみえた。だが、実はその背後には政治的事情が絡んでおり、きな臭さを感じた国王は捜査のやり直しをコーベットに命じる……。

 教会の悪魔

 オビの謳い文句に「聖なる教会で起きた密室殺人に挑む!」などと景気のいいキャッチが踊っているものだから、てっきりアセルスタンものと同じく本格だと思っていたら、こりゃハードボイルドじゃないか。
 陰謀と腐臭に包み込まれた文字どおりの卑しい街、ロンドン。その卑しい街を行く騎士は、妻と娘をペストで失い、心に深い傷を持つ主人公ヒュー・コーベットである。希望を失い、ただ惰性で生きているような男が、事件によってさらに翻弄されながらも、ロンドンの恥部を炙り出してゆく。語り口もこれまでの作品の中では最もシリアスで重く、そういう意味ではドハティの筆力・作風の幅広さに素直に感嘆する。
 ただ、残念なのはオビで堂々と謳っている「密室殺人に挑む!」というキャッチである。この密室殺人が実は相当にしょぼく、加えて犯人もかなりの段階で予測がついてしまうため、本格を期待して読むなら止した方が無難だろう。あくまで謎解きはおまけ。ちょっと変わったハードボイルドを読みたい人、歴史謀略ものを読みたい人なら、というところか。
 個人的には、キャラクターや当時のロンドンの描写など、独特の雰囲気に惹かれたのでもう少しつき合うつもり。特に次作は名作との呼び声も高いらしいので、少なくともそれは読んでみたい。


テーマ:推理小説・ミステリー - ジャンル:本・雑誌


 ポール・ドハティーの『赤き死の訪れ』を読む。
 大の酒好きで、捜査中に飲み過ぎて居眠りまでしてしまうという体たらくのクランストン検死官。過去に重い罪と深い心の傷を負い、その贖罪の日々を送るべく托鉢修道士として暮らしながら、ひとたび事件が起こればクランストンを支えて活躍するアセルスタン。
 本作はそんな二人の名コンビによる中世歴史ミステリ第二弾である。

赤き死の訪れ

 ロンドン塔の城守、ラルフ・ホイットン卿が塔内の一室で惨殺された。話によると卿は数日前に謎の手紙を受け取っており、それ以来ひどく様子がおかしかったという。だが惨劇はこれで終わりではなかった。謎の手紙はホイットン卿の周囲の人間にも届いており、一人、また一人と命を奪われてゆく……。

 本作がちょっと面白いのは、クランストンとアセルスタンの二人にもそれぞれ個人的な問題がおこり、その謎がメインの事件と平行して語られること。この三つの事件がそれぞれどのように関係し、どのように決着をつけてくれるのか、ここが読みどころと言ってよいだろう。
 正直、メインの謎はそれほど大したことがないのだが、相変わらず歴史ものとしての興味やキャラクター造りの巧さは見事で、これプラス先に挙げた立体的な謎の構成などが加わるから、トータルではまず申し分ない出来映え。
 ただ、贅沢な注文だとは思うが、やはりキャラクターに頼りすぎているのが気になるところ。できれば謎解きにもう少しだけ寄ってほしいとは思う。あっと驚く仕掛けがもうひとつぐらいあると完璧なのだが。


テーマ:推理小説・ミステリー - ジャンル:本・雑誌


 リンクにkazuouさんの『奇妙な世界の片隅で』を追加。主に翻訳物、とりわけ異色作家系を中心にレビューしているサイトです。ミステリ以外の作家も多く、参考になります。


 さて、本日の読了本はポール・ドハティーの『毒杯の囀り』。
 鳴り物入りで紹介された邦訳第一弾の『白薔薇と鎖』が、意表を突いて冒険小説寄りだったことはまだ記憶に新しいポール・ドハティー。けっこう楽しくは読めたものの、なんせ期待していたのは本格である。そういう意味では少々すかされた部分もあったのだが、本作は紛れもない時代本格ミステリ。これがなかなかの出来である。

 時は14世紀、舞台はロンドン。貿易商を営むトーマス・スプリンガル卿が、屋敷の自室で毒殺された。しかも犯人と覚しき執事は屋根裏で縊死しているところを発見される。検死官のクランストンとその書記であるアセルスタン修道士は、さっそく調査にあたるが、家族の証言からスプリンガル卿と執事は昼間に口論しているところを目撃されており、事件は明白に思えた。すなわち執事が犯行の後に自殺したのだと。だが、家族の言動にきな臭いものを感じた二人がさらなる調査を進めると、新たな犯行が……。

 すぐれた歴史ミステリの条件とは何かと問われたら、それはミステリとしてのしっかりした骨格を備え、かつ扱う時代の必然性があることと答えたい。もちろん絶対にその双方が必要というわけではない。歴史が単なる味付けに終わってもかまわないといえばかまわないし、そういう傑作もあるだろう。
 だが、せっかく舞台をそういう特殊な状況に置くのであれば、やはりそこに意味を見出したい。それがミステリものの性である。司法制度が発達していない、科学が発達していない、そんな時代性を逆に縛りとする(ルール化)ことで、ミステリが成立することもあるのである。
 当然、作者は大変な苦労を強いられるわけだが、成功した場合のカタルシスたるや半端ではない。山田風太郎の『妖異金瓶梅』などがその好例である。

 本作『毒杯の囀り』も、そういう意味でかなり良い線をいっている。
 大がかりなトリックこそないけれど、あちらこちらにこの14世紀という時代ならではのネタが仕込まれ、見事に本格を成立させている。伏線の張り方もフェアだし、関係者全員を集めての謎解きも鮮やかで印象的だ。司法など権力者の腹ひとつでどうにでもなる時代でありながら、そこに宗教や王位継承争いという要素を絡めることで、ぎりぎりのバランスを保ち、本格が成立する世界を築いている。もしかするとこの世界観構築の技術こそ、本書でもっとも注目すべきところなのかもしれない。
 ただ、本書が素晴らしいのはミステリの部分だけではない。これは『白薔薇と鎖』でも感じたことだが、ストーリーテリングや人物造形のレベルが高い。特に登場人物たちはややカリカチュアされてはいるものの、それがこの時代を感じさせるのにちょうどマッチしており、非常に魅力的である。主人公の二人、酒好きで陽気なクランストンとまじめな修道士のアセルスタンの掛け合いは、非常にツボを押さえたもので、(冗談抜きで)ドハティーという作家を語るときの重要なポイントになると思う。

 とにかく個人的には大満足の一冊。ぜひぜひ創元さんはシリーズの続きを早く出してもらいたい。


テーマ:推理小説・ミステリー - ジャンル:本・雑誌


 イマイチの天気が続くので、最近はドライブもご無沙汰。ペットどもがすこぶる不満げであるが、仕方ない。W杯の再放送など見ながら、せっせと著作リストの整頓などに励む一日。

 読了本はポール・ドハティの『白薔薇と鎖』。
 カーばりの不可能犯罪を扱うなどの本格志向で、かねてよりネット上では面白いらしいと噂されていた、イギリスの歴史ミステリ作家ポール・ドハティ。これまでは原書フリークな方々の感想だけでしか、その片鱗をうかがうことはできなかったが、遂に長篇がポケミスで日本初登場である。ただ、ポール・アルテのときみたいに、あまり過剰に期待するとガックリくるので、ほどほどに期待するのが吉であろう。
 さて『白薔薇と鎖』。本作は愛すべき悪党ともいうべきロジャー・シャーロットと、その主人ベンジャミン・ドーンビーの二人組を主人公に据えたシリーズの第一作だ。16世紀のイギリスやフランスを股にかけ、殺人事件や王族の秘密を巡って、二人が大活躍する。
 こんな風に書くと、なんだか時代物の冒険小説みたいに思えるかもしれないが、正にそのとおり。本作は序盤こそ密室殺人を出したり、本格っぽいムードを醸し出すものの、すぐにその中心的興味が活劇要素であり歴史要素であることがわかる。歴史的な背景がしっかり理解できないと、事件の全貌が掴みにくいのが弱点だが、キャラクターが際だっている上にストーリー展開が激しいので、英国の歴史の知識が浅くともそれなりに楽しく読むことができた。とりわけロジャーの破天荒なキャラクターは悪くない。歴史ミステリなどというとなかなかお上品な響きがあるが、女性読者は軽いショックを受けるかも(笑)。それぐらいの毒は持っている。
 しかし、楽しいとはいっても、正直な話、この手の作品をそこまで読みたいとは思わない。あくまで期待していたのは本格系なので、できれば他のシリーズ、謎解きがメインとされる修道士アセルスタンものなどを次は訳してもらいたいものだ。多作でシリーズも多い作家だけに編集者も迷うところだろうが、次はぜひそちらで>早川書房様


テーマ:推理小説・ミステリー - ジャンル:本・雑誌



| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2017 探偵小説三昧, All rights reserved.
ネット小説