fc2ブログ

探偵小説三昧

天気がいいから今日は探偵小説でも読もうーーある中年編集者が日々探偵小説を読みまくり、その感想を書き散らかすページ。

 

陸秋槎『文学少女対数学少女』(ハヤカワ文庫)

 陸秋槎の『文学少女対数学少女』を読む。数学を扱ったミステリ、しかも連作短編ということで、昨年に読んだアレックス・パヴェージの『第八の探偵』を思い出したが、異なる点もまた多い作品だった。まずは収録作。

「連続体仮説」
「フェルマー最後の事件」
「不動点定理」
「グランディ級数」

 文学少女対数学少女

 本書の主人公はミステリ好きの“文学少女”陸秋槎(りく・しゅうさ)と、同級生で数学の天才少女・韓采蘆(かん・さいろ)。陸秋槎が学内で発表するミステリのロジックエラーを防ごうと、韓采蘆に感想を求めたのが物語の発端である。題名から想像すると、この二人の知恵比べ、あるいは文系的なロジックと数学的なロジックの違いを対比するものかと思ったが、実際に読むとちょっと当てが外れてしまった。
 韓采蘆の存在はもう圧倒的なのである。ミステリにおけるロジックを数学的に解明しつつ、陸秋槎の書いた作品のミスを徹底的に指摘する展開。と同時に「君がそう言ったとき、かつそのときに限り。君が作者なんだから、君が犯人だと言った人間が犯人であり、君が真相だと言ったものが、つまり真相である」とも告げる。
 本格ミステリとは何なのか、ミステリにおけるロジックとは如何なる意味を持つのか。つまりは数学的にそういう実験的、評論的なテーマに挑んだ作品であり、いかにも新本格を彷彿とさせる作品である、

 ただ、この手のアプローチは一見、魅力的ではあるが、正直、やってもやってもキリがない面はある。作者のハラひとつで正解はいかようにもできるし、どんでん返しも然り。それこそ「君が真相だと言ったものが、つまり真相」なのである。
 ここまで直接的なアプローチではなくとも、こうした例は古くはホームズのパロディなどにもあるし、それこそ新本格の作品にも多い。実はこんなことは改めて言わないだけで、どの本格ミステリ作家も承知のことなのではないか。そこをいかに落としどころとして面白くするかが作家の技量次第というだけで。
 個人的にいただけないのは、本作もまた小説としての落としどころが弱いところだ。ミステリという枠や器について語ることに淫してしまい、最初こそ感心もするが爽快さや感動については薄い。説明ばかりを読まされているというと大げさだが、やはり物語との融合は重要だろう。個人的にメタミステリは嫌いじゃないけれど、著者には内に内に向かってゆく作品よりも、『元年春之祭』のように大風呂敷を広げた作品の方がロジックの切れ味も冴えるのではないか。『第八の探偵』もメタではあるし、やり過ぎのところもあって多少イラっとする部分もあったが(苦笑)、ここがきれいにクリアできていたように思う。

 もうひとつ気になった点として、いわゆる百合要素がある。陸秋槎の作品にはもう欠かせない要素のようだが、これも著者の嗜好とはいえ、個人的には食傷気味だ。それともこの点こそが今の読者の需要に沿っているのだろうか。みなさん、そんなに百合好き?
 とはいえ同性愛だから嫌だというわけではない。演出がいかにも日本のアニメやライトノベルのような描写だから気になるのである。影響を受けているのはもちろん理解しているが、キャラクター造形や描写については借り物の印象が強く、そういう意味でもこれまでとは異なる世界観の作品を読んで見たいものだ。


陸秋槎『雪が白いとき、かつそのときに限り』(ハヤカワミステリ)

 陸秋槎の『雪が白いとき、かつそのときに限り』を読む。まずはストーリー。

 ある冬の朝、中国南部のZ市にある高校の学生寮で、女子生徒が死体となって発見された。現場には雪が降り積もり、足跡がなかったことから警察は自殺として判断する。女子生徒はいじめを苦にしての自殺と見られ、その後、イジメに関わった学生は退学などの処分を受けた。
 それから五年。同じ高校でいじめ事件が起こったことをきっかけに、過去の事件が噂にのぼっていた。学生寮の寮委員を務める顧千千(こ・せんせん)は友人でもある生徒会長の馮露葵(ふう・ろき)に相談し、二人は図書室司書の姚漱寒(よう・そうかん)に協力してもらって、五年前の事件の調査を進めようとする。しかし、悲劇は再び繰り返された……。

 雪が白いとき、かつそのときに限り

 ううむ。これはまたなんと言っていいものか。
 骨格だけ取ってみれが、本作はガチガチの本格ミステリである。過去の事件と現在の事件、状況がそっくりな二つの事件は果たして不可能犯罪なのか、だとすればトリックは? 犯人は? 本編のほとんどは事件の関係者に聞き込みし、それをもとに推論を組み立てていくことに費やされ、それはそれで悪くない。
 二つの事件の関係性ももちろん気になるところだし、そもそもなぜ被害者は殺されなければならなかったのかという点も読みどころだ。

 ただ、物語の世界観が消化不良というか、ぶっちゃけ登場人物の造形がこなれていないので、もうひとつ物語に対して納得できないところが多い。
 その中心にあるのが、主人公格の生徒会長・馮露葵。自分は何者なのかという苦悩や葛藤を内に秘め、自虐的な台詞も口にする。これは一見するとシリアスな青春小説を思わせるのだが、それと並行してライトノベルやアニメにあるような百合ものの演出もあり、なんとも収まりが悪い。また、思慮に富んだ知的な女子高生かと思っていると、他者に対して礼儀も思いやりのかけらもない毒舌を平気で口にする。そのくせ嬉々として、長尺の推理を延々と披露するオタク的なところなど、これはキャラクターとして破綻していないか。
 この違和感の理由は何なんだろうかとしばし考えてみたが、要は性格をデフォルメしすぎなのではないか。著者は日本のアニメや新本格のファンであることを公言しているが、そういった影響を受けているか、もしくはあえてその手法を取り入れているのである。まあ、取り入れるにしてもやや中途半端な感じは否めない。

 実は前作の『元年春之祭』でもそういう印象は少し受けたのだが、あちらは古代中国が舞台であり、創造と想像が入る余地がだいぶある。だから、そこまで気にはならなかったのだが、本作は中国が舞台といえども時代は現代。そのため違和感が鮮明に浮き上がったのだろう。
 もちろん管理人の好みに合わないだけで、こういうのが好きな読者もいるだろうし、著者がそもそもそういう嗜好なのだから仕方がない。ただ、本作は本来は重いテーマの物語である。それを考えると馮露葵の言動は戯画的だし、顧千千の最後の行動、「終章」のサプライズも含め、アプローチが全体に軽く感じる。まるでパロディを読んでいる感じなのだ。
 それならそれでシリアスさを取っ払い、徹底的にコミカルに描いてくれた方が良かったのではないかとも思ってしまった。

 ともあれ著者の作品は『文学少女対数学少女』も買ってあるので、そちらも読んでみて結論を出してみよう。


陸秋槎『元年春之祭』(ハヤカワミステリ)

 英米仏の作品が常に主流であった翻訳ミステリの状況が、この十年ほどで北欧やドイツの作家が紹介され、ずいぶん様変わりしてきたのはファンならよくご存知だろう。
 そしてこの数年、そこに華文ミステリが新たに台頭してきつつある。こちらはミステリの一見さんなら何のこっちゃと思うかもしれないが、中国や香港、台湾といった中国語で書かれたミステリであることは、ミステリファンならやはりよくご存知のことだろう。

 もちろん現代では英米のようなミステリ大国以外でも、意外に多くのミステリが書かれているのだが、それが日本でも流行るかどうかは別の話だ。ミステリとして面白くなければならないのはもちろんだが、それがビジネスとしても成功しなければ定着はしない。そして、そのためには、きっかけとなるキラータイトルが必要である。
 北欧ミステリが我が国で定着したきっかけも、スティーグ・ラーソンの『ミレニアム』三部作があったからだろうし、華文ミステリにおいては陳浩基『13・67』がその役割を果たしたといえる。
 さらに、それに続く良作がどこまで紹介できるか。最初は圧倒的な傑作が必要だが、そこで興味を持ってくれた人に対する二の矢、三の矢というべき良作(その年のベストテン級)を提供していかなければならない。それができて、ようやく北欧ミステリとか華文ミステリとかいう言葉も生まれ、ひとつのジャンルとして定着していくのである。
 ちなみに現状では、北欧ミステリが英米仏に負け時劣らず、予想以上に豊穣な大地であったのに対し、華文ミステリはまだ発展途上であり、そこまでには至っていない印象だ。

 ただ、その華文ミステリの状況を一気にアップデートするような傑作が昨年、刊行されて話題となった。各種ミステリベストテンでも上位に食い込み、その圧倒的なオリジナリティで評価された、陸秋槎の『元年春之祭』である。
 前振りが長くなったが、本日はその感想を。

 まずはストーリー。
 舞台となるのは紀元前100年の中国。前漢は武帝の時代である。かつては国の祭祀を担った名家、観一族だが、今では人里離れた山奥で暮らし、その伝統を守っていた。
 折りしも春の祭儀の準備を進める観家の人々だったが、ある日、当主の妹が何者かの手によって殺害されてしまう。しかも現場には人の目があったにもかかわらず、犯人の姿を見た者はいない。そのとき観家の人々の脳裏に甦ったのは、四年前に起こり、迷宮入りとなった元当主一家の惨殺事件だった。
 果たして過去の事件とのつながりはあるのか。犯人はどのように消えてしまったのか。そもそも犯人は誰なのか。古礼の見聞を深めるため、観家を訪問していた長安の豪族の娘、於陵葵(おりょう・き)は調査を始めるが、悲劇はそれだけでは終わらなかった……。

 元年春之祭

 いやあ、評判に違わぬ出来映え。
 すでにあちらこちらで書かれていることだが、本作は紀元前の中国を舞台にしているからこそ成立するというアイデアで勝負しており、著者の強みが存分に活かされている。その強みは単に物語の世界観や舞台設定に活かされているだけではない。終盤のどんでん返しや意外な犯人、意外な動機など、そういったミステリの重要な骨格をも構成している点が見事なのだ。たとえば最初の殺人で犯人の姿が目撃されなかった理由、第二の殺人でのダイイング・メッセージなども正直、日本の読者が推理するのは不可能に近いだろうが、種明かしを読まされると、やはりこれは歴とした本格ミステリなんだという意を強くする。
 著者がもっているさまざまな素養というか武器というか、それらを非常に巧みに融合した作品といってもよいだろう。

 ぶっちゃけ最初は取っつきにくい。なんだかんだいっても舞台は紀元前の中国。人名だけでも覚えにくいというのに、序盤は当時の経典、宗教、政治や制度などについての会話や議論が乱れ飛び、「本当にみんな、これを理解しながら読んだのかよ?」と心の中で叫んだほどだ。
 だが、そういった当時の中国の文化諸々は本作の真相にも大きく関わるところであり、より楽しむためには、読み飛ばすのは禁物なのである。

 ただ、確かに読みにくいとはいえ、そこまで不安になることもない。我慢して100ページほど読み進めると慣れも出るし、何より事件が発生してストーリーが大きく動くため、一気に読みやすくなる。
 また、作中の登場人物にしても、みながみなそこまで教養豊かというわけではない。なかには日本の読者と同じ程度の知識しかもたない人物もおり、著者はそういう人物をかりることで、読者にも肝となる事柄についてきちんと説明し、必要最低限の情報は与えてくれる。

 さて、本作にはもうひとつ大きな特徴がある。それは若い女性の登場人物が多く、彼女たちの様々な関係が事件の大きな鍵を握っているということ。もちろんそれだけだと、そこまで珍しい話でもないのだが、問題はその描き方だ。
 時代設定にもかかわらず、彼女たちの会話ややりとりは実に現代的なのだ。もっといえば、日本のアニメやライトノベル的な描写に近い。さらにいえば百合ものすらイメージさせるのである。そういった日本のアニメ等の影響を受けているとかいったレベルではない。本書のあとがきにも書かれているとおり、本人が意図しているのである。
 当然ながらその味つけはどうしても濃い目になるため、ここで読者の好き嫌いは分かれるところだろう。ある意味、中国要素による難解さよりも、こちらの方がむしろハードルが高いといえるかもしれない。
 まあ個人的にはこのテイストは悪くないと思うが(少なくとも情報の難解さをかなり軽減してくれているというメリットもある)、それでもこれだけの大事件が起こっているという空気感までが和らいでしまっていることには、ちょっと首をかしげたくなるのも事実。それこそ当主ら大人たちの影が薄く、いったい物語の間、どこでどうしているのかが気になってしまった。

 しかしながら、そういういくつかの点に目をつぶれば、本書は間違いなく傑作だし、十分に満足できる一冊だ。
 当時の中国で制度に縛られている女性の生き方などは実に興味深く、そういった運命のなかで抗う彼女たちの感情のぶつかりあい、そしてそれがまた事件と密接に結びついているところなどは非常に面白いし、実によく考えられたプロットだと思う。
 近々、予定されている新刊もぜひ読んでみたい。


プロフィール

sugata

Author:sugata
ミステリならなんでも好物。特に翻訳ミステリと国内外問わずクラシック全般。
四半世紀勤めていた書籍・WEB等の制作会社を辞め、2021年よりフリーランスの編集者&ライターとしてぼちぼち活動中。

ツリーカテゴリー