fc2ブログ
ADMIN TITLE LIST
Selected category
All entries of this category were displayed below.

 ジョン・グリシャムの『「グレート・ギャツビー」を追え』を読む。
 グリシャムの作品は久しぶりで、前回読んだのはなんと十五年前の『スキッピング・クリスマス』。もともと嫌いな作家ではなく、日本での初紹介となる『法律事務所』以来、グリシャムの作品は出るたびに読んでいたのだが、次第にご無沙汰になってしまった感じだ。
 別につまらないから読まなくなったわけではない。管理人としては、法廷ものといえばどうしても法廷における弁護士と検察の知的対決を期待してしまうのだが、グリシャムの場合は法廷ものというよりリーガル・サスペンス。司法を舞台にしてはいるが、その内容は法廷対決に縛られるわけではなく、全体的なエンタメ要素やストーリーの面白さで読ませるタイプなのだ。
 それはそれで面白いのだが、ちょっと自分の興味とずれてきたのと、一時期、それこそグリシャムの影響か、リーガル・サスペンスが増えすぎて飽きてきたのが、疎遠になった大きな理由である。トドメはグリシャムの日本での版元がアカデミー出版に移ったことで、それが決定打になった記憶もある。
 その後はグリシャムには珍しいホームコメディ『スキッピング・クリスマス』だけは読んだが、それがなんと十五年なのである。

 ではなぜ久々にグリシャム作品を読んだかというと、訳者が村上春樹であること、内容がフィッツジェラルドの生原稿強奪事件をテーマにしているだけでなく、作家や書店、稀覯書マニアなどの裏側を描くビブリオ・ミステリであること。グリシャムだって、かつては好きで呼んでいた作家なので、まあ、これだけのパワーワードが揃っていれば、とりあえず読むしかないよなぁ。

 「グレート・ギャツビー」を追え

 こんな話。プリンストン大学の図書館で厳重に保管されているフィッツジェラルドの直筆原稿が、五人組の犯罪者によって強奪された。一見、完全犯罪に思えたが、犯人の一人が現場で負傷したことで、その血痕からFBIは二人を逮捕することに成功する。しかし、肝心の原稿は発見されなかった。
 一方、FBIとは別に独自ルートで調査を進める会社があった。彼らが目をつけたのは、フロリダのカミーノ・アイランドで独立系書店を営む稀覯書収集家ブルース・ケーブル。強奪犯ではないが、彼は何らかの伝手で原稿を入手していると思われた。真相を確かめるため、調査会社は生活に困っている新人作家マーサーを送り込むが……。

 ううむ、まあまあ面白いけれど、ちょっと期待しすぎたかな。グリシャムがフィッツジェラルドについて書いたというのなら、そこまで期待しなかったのだろうけれど、なんせ村上春樹が噛んでいるしなぁ(苦笑)。
 基本的には「グレート・ギャツビー」を強くプッシュした作りの本ではあるのだが、それがそもそもずるい。確かに直筆原稿が盗まれはするが、それがストーリーのテーマや根本的な部分とはまったく絡まない。また、強奪犯も筋金入りのプロフェッショナルかと思いきや、大物感もなく、つまらないミスばかりして何の見せ場もない。結局は頭の切れる書店経営者と、スパイとして送り込まれる新人女性作家の、腹の探り合いと恋愛模様に終始してしまっている。盗まれた原稿はフィッツジェラルドでなくても全然かまわないのである。

 読みやすさやテンポは悪くなく、それこそ最初に書いたようにアメリカの作家や書店、稀覯書マニアの描写はなかなか興味深い。ただ、エンターテインメントとしてはともかく、それらがミステリの質にはさほど貢献しておらず、残念ながらグリシャムの興味はそこにはなかったようだ。
 ちなみに本作のある登場人物を主人公にして、続編、しかもこちらはハリケーンの夜に起こる作家殺害事件を描くミステリのようで、ううむ、もう一度騙されそうだ。


テーマ:推理小説・ミステリー - ジャンル:本・雑誌


 論創社の今月分は、H・C・ベイリー 『フォーチュン氏を呼べ』とジョン・エヴァンス 『悪魔の栄光』の二冊。世間的にはもちろんベイリーの短編集が注目なのだろうが、もう一冊の『悪魔の栄光』だって、ハードボイルド好きにはちょっとした事件である。
 なんせこの「栄光」シリーズ。過去にポケミスと河出書房から何とか三冊までが刊行されたものの、なぜか途中の一冊だけが翻訳されないまま残っていたのである。それが半世紀を経ていきなり読めるというのだから驚いた。
 ちなみに帯にも誇らしげにその旨が記してあるが、なぜか推薦文は法月綸太郎である。マイナーなハードボイルドなのになぜゆえ法月綸太郎? けっこう謎解き要素が強いのか? それとも本格好きを騙して買わせようとか、そういうことじゃないよね、まさか。

 読了本はジョン・グリシャムの『スキッピング・クリスマス』。リーガル・サスペンスで一世を風靡したグリシャムが書いたコメディである。本来ならやはりクリスマス・シーズンに読むのがよいのだろうが、まあいいや。

 一人娘のブレアが外国に行ってしまい、クリスマスを二人で迎えることになった会計士ルーサーと妻のノーラ。ルーサーはかねてからクリスマスの騒ぎを快く思っていなかったため、今年のクリスマスはカリブ海へクルーズに出かけようとノーラに提案する。
 だが、この決断には大きな波紋が。クリスマスカードやクリスマスツリーの業者はもちろん、慈善用品を売りに来る警察官に消防士、そしてパーティーを楽しみにするルーサーの同僚やノーラの友人たち。それはまるで町中が二人の旅行を妨害するかのようであった。しかしそんな苦難を乗り越え、ついに旅行へ出発する当日がやってきた……。

 よくあるタイプの話で、うまくクリスマスに絡めているのは、さすがグリシャムといったところか。基本的に読者が感動するツボをわかっていて、それを狙いすぎるから、『法律事務所』などを書いていた初期には逆に批判する人もいたのだろう。
 それをいえば本作は「あざとさ」の極地。だが、重めの法廷ものではなく、本作のように軽みが身上の話だとそれも気にならず、まずまず楽しめる作品に仕上がっている。
 ただ、クリスマスのバカ騒ぎについては、圧倒的にルーサーの言っていることが正しいと思うわけで、その真実がむにゃむにゃになってしまうラストは、個人的にはなんだかなぁと思ってしまった。


テーマ:推理小説・ミステリー - ジャンル:本・雑誌



| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2022 探偵小説三昧, All rights reserved.