fc2ブログ
探偵小説三昧

日々,探偵小説を読みまくり、その感想を書き散らかすブログ


Posted in "海外作家 ディケンズ, チャールズ"

Category: 海外作家 ディケンズ, チャールズ    01 11, 2021
チャールズ・ディケンズ『ディケンズ短篇集』(岩波文庫)
 長篇では探偵小説趣味の強い作品もあるチャールズ・ディケンズだが、短篇でもそういう作品は少なくない。そもそも岩波文庫から出ている本書などは、ミステリ的要素や超自然的要素を含んだ作品、異常心理を追求した作品を中心に編纂されたということで、前々から気になっていた一冊である。 The Story of the Goblins Who Stole a Sexton「墓掘り男をさらった鬼の話」The Bagman's Story「旅商人の話」A Tale about a Queer Clie...

Category: 海外作家 ディケンズ, チャールズ    12 20, 2020
チャールズ・ディケンズ『探偵局』(湘南探偵倶楽部)
 チャールズ・ディケンズの『探偵局』を読む。湘南探偵倶楽部が復刻した短編で、もとは博文館が1930年に刊行した〈世界探偵小説全集〉第一巻『古典探偵小説集』に収録されていたものだ。  英国を代表する作家ディケンズは、探偵小説テイストの作品を多く残したことでも知られている。多分それは長篇での印象がそうさせているのだろうが(実際、未完の長篇ミステリも書いたわけだし)、短篇も然り。岩波文庫の『ディケンズ短篇集...

« »

04 2024
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
プロフィール

sugata

Author:sugata
ミステリならなんでも好物。特に翻訳ミステリと国内外問わずクラシック全般。
四半世紀勤めていた書籍・WEB等の制作会社を辞め、2021年よりフリーランスの編集者&ライターとしてぼちぼち活動中。

ツリーカテゴリー