fc2ブログ
探偵小説三昧

日々,探偵小説を読みまくり、その感想を書き散らかすブログ


Posted in "海外作家 スターリング, トマス"

Category: 海外作家 スターリング, トマス    07 18, 2021
トマス・スターリング『ドアのない家』(ハヤカワミステリ)
 トマス・スターリングの『一日の悪』が予想以上に面白かったので、もう一冊翻訳されていた『ドアのない家』を読む。著者のデビュー作でもある。 富豪の娘ハンナ・カーペンターは父の死と婚約者との破談によって、天涯孤独の身となり、世間との繋がりを絶つことにする。ホテルの一室を借りると、生活は遺産とその投資で乗り切り、あとはひたすら部屋に引きこもったのである。 そして三十四年が経ち、ハンナは外へ出ることを決意...

Category: 海外作家 スターリング, トマス    02 21, 2021
トマス・スターリング『一日の悪』(ハヤカワミステリ)
 ポケミスの復刊フェアに入ったこともあるなど、作品の質はけっこう高いはずだが、その割にはあまりベスト企画などには入らない。言ってみれば知る人ぞ知る、といった位置付けになるのだろうか。本日の読了本はトマス・スターリングの『一日の悪』。  なるほど。これは悪くない作品だ。 ポケミスで僅か二百ページあまり(活字は小さいけれど)、登場人物は僅か六人というコンパクトな作品だが、財産贈与をめぐっての駆け引きが...

« »

04 2024
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
プロフィール

sugata

Author:sugata
ミステリならなんでも好物。特に翻訳ミステリと国内外問わずクラシック全般。
四半世紀勤めていた書籍・WEB等の制作会社を辞め、2021年よりフリーランスの編集者&ライターとしてぼちぼち活動中。

ツリーカテゴリー