ADMIN TITLE LIST
Selected category
All entries of this category were displayed below.

 遅ればせながらJ・K・ローリングの『ハリー・ポッターと呪いの子』を読む。
 ハリー・ポッター・シリーズの正式な続編にして最終巻ということなのだが、これがなんと小説ではなく脚本である。なんでもう一手間かけて小説にしなかったのかは不明だが、本作はもともと舞台としての作品であり、ローリングだけでなく、ジョン・ティファニーとジャック・ソーンの三名共同で起こしているので、その辺の事情も関係しているのかもしれない。

 こんな話。『ハリー・ポッターと死の秘宝』での戦いから19年。今ではハリーも二人の男の子の父親となり、その二番目の子供アルバスがホグワーツに向かうところから、物語は幕を開ける。
 英雄の息子アルバスだが、その学園生活は決して楽しいものではなかった。なぜかハリーのライバルだったスリザリンに組み分けされたり、飛行訓練では自分だけが飛べなかったり、何より嫌だったのは父ハリーと比較されることであった。しかし、その重圧に押しつぶされそうになるアルバスを助けてくれたのが、ドラコ・マルフォイの息子スコーピウスだった。彼もまたヴォルデモートの息子ではないかと噂され、内に苦悩を抱える少年だった。
 そんな二人は周囲への反発から、時空を超えた冒険へと旅立つことになる。『ハリー・ポッターと炎のゴブレット』の三大魔法学校対抗試合でヴォルデモートの手によって殺された息子セドリックを救うために……。

 ハリー・ポッターと呪いの子

 良い意味でも悪い意味でも何かと話題になる超ベストセラー。村上春樹しかり又吉直樹しかり、賛否両論あるのは当然としても、読書好きのなかには超ベストセラーというだけで敬遠する人が多いのは読書あるあるの一つだろう(苦笑)。
 管理人も若い頃はそういう時期もあったけれど、売れる売れないは基本的に内容とは直接関係のないことなので、今ではほとんど抵抗感はない。むしろ世界的ベストセラーのファンタジーがどういうものかという興味もあるわけで、そもそも『指輪物語』だってそんな興味で読んでいるのである。

 ただ、抵抗感はないのだけれど、内容についてはいつも引っかかるところがあるのは確かだし不満も多い(苦笑)。
 理由としては、主にキャラクターの造型、そして詰めの甘さというか雑なところ。反対に悪くないのは、全体的な狙いや構成か。

 キャラクターについては個人的な好みが大きいが、実はハリーやロンですらそれほど好ましく思えない。
 作者自らみな欠点があるように書いているという話を読んだことがあるが、それとは別問題。キャラクターそのものが嫌というより、キャラクターが数々の困難を乗り越えているのに、ちーっとも人間的に成長しないことが嫌なのである。一作が終わってせっかく成長できたりわかりあえたりしているのに、次の巻が始まるとだいたい元の木阿弥である。いくら成長物語がベースにあるといってもこれではやりすぎ。だからいつも同じような読後感しか残らない。

 構成については実にオーソドックスながら、意外なほどサプライズなどに気を配っており、読者をアッといわせたい稚気は常に感じる。ミステリ的仕掛けも多く、お話し好きが喜びそうな設定は上手いと思う。
 ただ、それを完成形にもっていく手際がよくない。伏線もやたらと張るので矛盾や回収し忘れも少なくないし、やはり雑というのが適切か。その場その場での効果を最大限に狙っているいためか、最後に全体像を見ると非常にバランスが悪くなっている。

 とまあ、シリーズ全体へのイメージはそんなところなのだが、これは本作『ハリー・ポッターと呪いの子』においても同様であった。主人公の拗ね具合とか飲み込みの悪いハリーとか、キャラクターに対する印象もおそろしいほど同じである。
 詰めの甘さも相変わらず。今回は時間を遡って“If”の物語をメインに据えているのだが、アイディアは悪くないけれども、“If”の世界がなぜこのようになってしまったのかという作りや根拠が荒っぽくて実にいただけない。正直、どうとでもなる設定とはいえ、その後の展開を作者の都合のいいようにするためだけの“If”の世界になってしまっているのだ。要は懐かしのキャラクターを活躍させたかった&ラストの悲劇のリフレインを見せたかっただけではないかと。
 ただ、真相自体はなかなか面白くて、こういうミステリ的な仕掛けについては、なぜかローリングさん、巧いのだ。そのための伏線もまずまずだし、終盤でかなり盛り返してくれるところはある。

 しかしなぁ、これを正式な完結編といっていいものかどうか。内容的にも商品の在り方としても、外伝以外の何物でもないと思うのだがなぁ。あ、もしかするとシリーズってまだ続くのかね?


テーマ:児童文学 - ジャンル:本・雑誌


 J・K・ローリングの『ハリー・ポッターと死の秘宝(下)』を読み終える。と同時にハリポタ・シリーズもこれにてめでたく読了と相成った。
 以下、本書を含めたシリーズ全体の感想である。ネタバレは極力避けているつもりだけれども、うっかり核心に触れていないとも限らないので、未読の方はご注意のほど。

 ハリー・ポッターと死の秘宝(下)

 さすがに最終巻、シリーズ全体のクライマックスということもあって、ストーリー的にはかなりの盛り上がりを見せた。本書はとりあえずすべての謎に決着をつけており(当然のことではあるのだが)、『不死鳥の騎士団』あたりから実にすっきりしない話が続いていただけに、まずはその点を評価しておきたい。

 本シリーズの魅力は何かと聞かれたら、個人的にはプロットが一番ではないかと考えている。単にストーリーが面白いという問題ではない。ミステリ的な仕掛けやサプライズを巧みに織り交ぜ、小説としてより効果的な演出を生み出す構成に長けていると思うのだ。
 例えばストーリーだけで見れば、『賢者の石』などが躍動感もあり一般ウケする作品だろう。ただ、それは単純にドキドキワクワクするというシーンが続くだけのことで、プロット的にはそれほど工夫されているわけではない。むしろ地味ながら『アズカバンの囚人』などはプロットの妙が味わえる作品で、捻りを利かせたメインの謎はミステリ好きやSF好きにもアピールできるものとなっている(前例は多々あるものの)。
 また、全体を通し、メインの流れとはまったく異なる時間や場所のシーンが、突然挿入されることも多い。往々にしてこういう演出は著者の独りよがりになりがちなのだが、これもシリーズ全体のプロットがしっかり考えられているので、思った以上に判りにくさはない(まあ一部グダグダのところもあるけれど・笑)。こちらも例を挙げると、ハリーがヴォルデモートの見ているものを、同じように見てしまうというシーンがある。一度や二度では済まず、シリーズ中盤から執拗に繰り返し語られるパターンだ。伏線というにはさすがにあざとすぎるけれども、二人のつながりを徹底的に読者にインプットさせ、最後の対決に絡めるという点では、やはり巧いと言わざるを得ない。
 こういった仕掛けの数々が、キャラクターの魅力や世界観以上に張り巡らされているからこそ、ハリポタは読まれたと思っている。ただのキャラ人気だけでは、日本だけで100万以上の人間は読まない。老若男女、実に幅広い層が読み、その大多数が面白いと感じたのは、やはりまずは人を惹きつけるだけの語りの魅力があったからこそなのだ。
 先に『賢者の石』がプロットとしては単純と書いたが、あれにしても単なる魔法合戦に物語をまとめず、クィディッチで締めたところも著者の周到なところなのである。

 その一方で不満もないではない。いや、不満というより違和感といった方が適切か。それは本シリーズが、もはや児童文学ではなくなってしまったのではないかということだ。ではなぜハリポタが児童文学ではなくなってしまったのか。
 単に人が死にすぎるという理由もある。だが何より注目したいのは、主人公たちの成長という要素がほとんどないからに他ならない。いや、そんなことはないんじゃないか、という声もあるだろう。だが、第一巻から最終巻まで、ハリーとその仲間たちのトラブルは常に自己中心的な考えが原因であり、もう少し相手の立場を理解できたなら回避できたことばかりである。最終巻にいたってなおハリーとロンが喧嘩する展開を読み、いったいこれはどういうことなのだと正直呆れてしまった。
 本シリーズを一言で表すとしたら? おそらく多くの人は、「魔法の世界を舞台にした、主人公の成長を描く児童文学」というような答えを返してくるはずだ。あるいはあとがきにあるように「愛と友情と勇気の物語」でもいい。とにかく少年少女を主人公にした児童文学であるなら、やはりその精神性という要素を外すわけにはいかない。
 児童文学は民話や神話と近い関係にあると考える。その構造は基本的にシンプルで、より多くの人が物事の本質を理解できるよう書かれなければならない、という意味で。さらには、普遍的な愛や勇気といった、人として大切なものを学び、成長していくための助けとなる、という意味で。
 表面的には実にオーソドックスな少年たちの成長物語として捉えることのできるこのシリーズで、ローリング女史はなぜハリーたちをここまで教訓の活かされない子供たちにしてしまったのか。なぜ、ここまで複雑な物語に仕上げてしまったのか。なぜ、ここまで登場人物を多く殺してしまったのか。
 ここで思ったのは、ローリング女史がもともと児童文学を書くつもりなどなかったのではないかということだ。確信犯かもしれないし、潜在的にあったものが自然と表れた可能性もある。
 繰り返しになるが、児童文学には成長や志、自己の存在証明などなどといった精神性が必須だ。本シリーズにもその要素はもちろんあるのだが、それは復讐に彩られていたり、差別の上に成り立っていたり、ある意味、現代社会で非常に多く目にすることのできる歪みの上に構築されてしまっている。以前の記事でも書いたのだが、おそろしく不公平な世界で彼らは生きている。児童文学にもそういう側面はないでもないが、いかんせんここまで強いことはそうそうない。
 邪推すると、ローリング女史は成功する以前にそういう世界を生きてきて、それに対する怒りや呪詛をそのまま物語にぶつけているように思えるのだ。本シリーズでも度々繰り返されてきたダーズリー家におけるハリーへのいじめ、「穢れた血」の存在、理不尽な「クラス分け」、魔法使いと小鬼の対立などなど、シリーズの歴史は差別との戦いの歴史でもあり、その縮図がホグワーツともいえる。
 となるとこれを児童小説と呼ぶのはそもそも無理がある話なのだ。本シリーズは少年の成長物語ではなく、むしろ社会制度を告発し、新たな社会形成を促す物語だったのではないか。
 もちろんローリング女史はまっとうなファンタジーを書くつもりだったろう。だが、この長大な物語を読み終えたいま、いわゆるファンタジーの読後感とは別のものを感じている自分に気がついた次第だ。


テーマ:ファンタジー・ホラー - ジャンル:本・雑誌


 先週末に引き続いて、今週も遠出。目的地は富士の麓にあるという「ふじてんリゾート」。ここに関東では最大級というゆり園「リリーパーク」がある。なんと約70000平方mという敷地に約100万株のゆり。これほど膨大なゆりを目にすることなど、もちろん初めてのことであり、ただただ圧倒される。興味のある方はこちらでどうぞ。

 ハリー・ポッターと死の秘宝(上)

 J・K・ローリングの『ハリー・ポッターと死の秘宝』を、とりあえず上巻まで読了。
 ダンブルドアの半生など、これまであまり明かされていなかった秘密が、上巻だけでもひんぱんに語られており、一応は最終巻としてすべての決着をつけようとしているような印象である。願わくばこのまま大きな破綻なく、すべての謎をすっきりとさせてほしいものだが、さてどうなるか?
 詳しい感想は下巻読了時に。


テーマ:ファンタジー・ホラー - ジャンル:本・雑誌


 『ハリー・ポッターと謎のプリンス』読了。
 昨日の日記に書いたとおり、9割方の謎は解けたようだが、なんとも中途半端な展開である。三巻目あたりまでのプロット作りの巧さはどこへ行ってしまったのだろう。ハリーの終始一貫性のない性格もあいまって、必然性のないドラマが次々と流れ、しかもクライマックスの理不尽なこと。おまけに次の最終巻で本当に終わることが出来るのか、思わず心配になるほどの急展開。
 とにかく最大の問題は、登場人物たちの動機づけが、あまりに不鮮明なことであろう。なぜそこで彼らが、そういう会話をし、そういう行動をとるのか、理解&納得できないことが多すぎるのである。先ほども書いたが、ページによって別人かと思わんばかりのハリーの言動。ほとんど一巻から精神的成長のないロン。いきなり大人になってしまった感のあるジニー。意味なくもったいぶりすぎのダンブルドア。どんな説明をされようがあまりに不可解な言動しかしないスネイプ(敵であろうが味方であろうが、もはや彼の行動は説明しきれないほど矛盾だらけ)などなど、気になるところを挙げるときりがない。ここまで来たからには最後までつきあうつもりだが、頼むからきっちり片をつけてほしいなあ。


テーマ:児童文学 - ジャンル:本・雑誌


 J・K・ローリング『ハリー・ポッターと謎のプリンス(上)』読了。
 こんなに早く読み始めたのは初めてかも。どうもネット上でうっかりネタバレにぶつかる可能性が高そうで、今回は意識的に早く読んでみた。上巻を読む限りでは、ハリーを取り巻く謎がかなり究明されそうなのだが、果たしていかに?


テーマ:児童文学 - ジャンル:本・雑誌


 先週からずっと体調がすぐれない。心身両面だから困ったもんだ。

 『ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団(下)』読了。前作『ハリー・ポッターと炎のゴブレット』ではやや物足りなさを覚えたが、結果からいうと今回も100パーセント満足とはいかなかった。
 とにかく気になるのは、いったい作者はなぜこんなにフラストレーションが溜まる書き方をしなければいけないのだろう、ということ。「困難の克服」というのは、民話などでも重要な要素であるからもちろんあってかまわないし、教育的配慮も作者が念頭に置いていることは間違いない。だが、シリーズ当初ならいざ知らず、相変わらずの敵味方入り乱れての「依怙贔屓」に読んでいても疲れるばかりである。
 おまけにハリーも5歳も歳をとったというのに、ほとんど精神的な成長が感じられない。人を疑ったり、自己弁護したりすることはうまくなったが、人間的な魅力はどんどん薄れてきているような気がする。ただ、このこと自体は作中でも触れられており、作者もそういう少年の心について描きたかったのだろうとは思うが。

 感心するのはプロット作りや伏線の張り方の巧さか。下手なミステリ作家顔負けに、あちらこちらに仕掛けを施し、あとから読むと、ああなるほどと感心するところも少なくない。長い話を一気に読ませるだけの力はあるし、クライマックスでの派手な魔法合戦も悪くない。不満はあるが、トータルでは70点というところか。残すところあと2巻だから、このまま何とか失速せずにいってほしいものである。


テーマ:書評 - ジャンル:本・雑誌


 普段からベストセラーを読むことはあまりないが、これだけは読んでしまう。J・K・ローリングの『ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団(上)』である。感想は下巻読了時に。


テーマ:書評 - ジャンル:本・雑誌


 遅ればせながら『千と千尋の神隠し』を視聴。正直、アニメにはもう触手が伸びず、宮崎アニメに関しても、初期のナウシカやラピュタのように完全なる別世界を描いたストレートなファンタジーはもうお腹一杯の状態なのだ。しかし、久々に宮崎アニメに接して、やはりこれは別格と痛感する。一番感じるのは、子供にも通じるわかりやすさを持ちながら、いくらでも深く考えることができる世界観設定のうまさ。それに付随するキャラクターもすばらしい。ただし、ストーリーが平板でご都合主義的に進みすぎるのは物足りない。ストレートすぎる説教臭さも鼻につくが、まあ、これは毎度のことなので仕方ないか。とにかく全般的には満足できる仕上がりで、十分楽しめる作品だとは思う。

 『ハリー・ポッターと炎のゴブレット(下)』読了。
※今回ネタバレ注意



 やや、ネタ不足が気になった上巻だが、縦軸たる魔法学校の対抗戦の知恵比べはやはり心配したとおり、何のひねりもないというか、大した新味も盛り上がりもなく終わってしまった。一作目でのクィディッチの試合ぐらいは書き込んでくれないと、これじゃあ物語としてのパワーが感じられない。

 対抗戦をつまらなくしている要因は、もうひとつある。それはハリポタ・シリーズの大きな特徴にもなっている徹底的な「不公平」である。例えばハリーに対する叔父さん家族やスネイプ先生のいじめはもう定番シーンといってよい。しかし、これらは物語を盛り上げるための手段としてわからないでもない。
 だが、作者はその埋め合わせとばかりに、ハリーを贔屓する人物たちもまた多く登場させる。ダンブルドアやハグリッドといった例を挙げるまでもなく、ハリーの味方は敵以上に多い。つまりハリーの周囲には、敵味方入り乱れて、依怙贔屓する連中ばかりなのである。そのため魔法学校の対抗戦は事前に情報が飛び交い、勇気や知恵で勝負する、という展開からはほど遠い。
 「対決」というのはファンタジーを構成する大きな要素のひとつである。その肝の部分をないがしろにするストーリー展開は、ちょっと作者が勘違いしているとしか思えないのだ。

 だが、終盤の「あの人」が復活する展開は悪くない。しかも、両陣営がいよいよハッキリしてくるため、今後の展開はかなり盛り上がりそうな気がするのも確か。今作は今までトントン拍子にきた物語の流れを、大きく転換するための挿話、という風に考えれば、キレのなさもある程度は理解できる。ここまできたらどうせ最後まで読むのは目に見えているから、次作はぜひとも傑作を期待したいところである。


テーマ:児童書 - ジャンル:本・雑誌


 谷保天満宮に初詣。そこそこの人出で一安心。十五分ぐらいで賽銭箱にたどり着けたが、これぐらいがちょうどいい。過去に一度だけ明治神宮へ初詣に行ったことがあるが、そのときはあまりの人手に散々だった。まあ、すごい混雑だろうとは思ったが、予想を遙かに越える人の数に呆然。おそらく二時間は並んだはずである。いったいなぜ毎年、あんなに辛い思いをして皆並ぶのだろうか? それともそもそも辛くないのか? 疑問である。

 帰りにレンタルビデオ店によって、『少林サッカー』と『千と千尋の神隠し』を借りる。何を今頃という批判は一切受け付けません。
 とりあえず帰宅して『少林サッカー』視聴。けっこうロードショーの頃から気にはなっていたのだが、わざわざ映画館へ足を運ぶ気にまではならず、レンタルが始まるのを待っていたのだ。で、結果から言うとまあまあ、といったところか。残念ながら笑うべきところであまり笑えず、これは国民性の違いなのか個人的な感性の問題なのか、それとも単純にギャグがイマイチなのか、悩むところではある。ノリ自体はまるで少年ジャンプのマンガを見ているようで、非常に入り込みやすいのだが。

 『ハリー・ポッターと炎のゴブレット(上)』読了。今年一冊目としてはいかがなものか、という声も聞こえそうな選択である。しかし読みたいものは仕方がない。
 ところで発売時には遂に行列ができるほどの人気になってしまった本シリーズ。それはそれでけっこうなことだが、当然ながらしたり顔で解説したり批判したりするのを見たり聞いたりする機会も多い。そりゃ探せばアラも多いだろうが、そもそもハリポタをファンタジーの聖典のように扱うから問題なのであって、「新人作家が書いたファンタジーのデビュー作」という認識でとらえれば、何もそこまで目くじら立てることはないと思うのだが。
 さて、肝心の中身だが、今回は魔法学校の対抗戦を縦軸に、「あの人」の復活が絡むという趣向。上巻を読む限りではロンとハリーの仲違い、そして友情の復活がメインになっているようで、大した新味はない。対抗戦での知恵比べみたいな展開も期待したのだが、こちらも思ったほどの盛り上がりはない。やはり作者もいい加減ネタが尽きてきているのだろうか。とりあえず下巻での盛り上がりに期待したい。


テーマ:児童書 - ジャンル:本・雑誌



| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2017 探偵小説三昧, All rights reserved.
ネット小説