fc2ブログ
探偵小説三昧

日々,探偵小説を読みまくり、その感想を書き散らかすブログ


Posted in "海外作家 ホッグ, ジェイムズ"

Category: 海外作家 ホッグ, ジェイムズ    10 16, 2021
ジェイムズ・ホッグ『悪の誘惑』(国書刊行会)
 ミステリの源流と言われる小説をそろそろ読破していこうと思い、ジェイムズ・ホッグ『悪の誘惑』を読んでみた。実は一ヶ月ほど前に読んだウィリアム・ゴドウィンの『ケイレブ・ウィリアムズ』もその一環である。世界最初のミステリはもちろんポオの「モルグ街の殺人」だが、ミステリの萌芽を感じ取れる作品、のちの世代へミステリ的な影響を与えた作品というのはいろいろあって、『ケイレブ・ウィリアムズ』や『悪の誘惑』はその...

« »

02 2024
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -
プロフィール

sugata

Author:sugata
ミステリならなんでも好物。特に翻訳ミステリと国内外問わずクラシック全般。
四半世紀勤めていた書籍・WEB等の制作会社を辞め、2021年よりフリーランスの編集者&ライターとしてぼちぼち活動中。

ツリーカテゴリー