fc2ブログ
探偵小説三昧

日々,探偵小説を読みまくり、その感想を書き散らかすブログ


Posted in "海外作家 ブラケット, リイ"

Category: 海外作家 ブラケット, リイ    03 16, 2022
リイ・ブラケット『非情の裁き』(扶桑社ミステリー)
 リイ・ブラケットの『非情の裁き』を読む。帯の惹句が「ハードボイルド黄金時代の頂点に立つ伝説の一冊」とあり、まあ大きく出ているが、そんな名作がなぜ今まで翻訳されなかったのだという疑問もあり、読む前はちょっと眉唾な印象もあり。 とはいえ著者はビッグネームである。ミステリ作家というよりはSF作家、小説家以上に脚本家として成功しているのはよく知られているところ。処女長編の本作を読んだ映画監督ハワード・ホー...

« »

02 2024
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -
プロフィール

sugata

Author:sugata
ミステリならなんでも好物。特に翻訳ミステリと国内外問わずクラシック全般。
四半世紀勤めていた書籍・WEB等の制作会社を辞め、2021年よりフリーランスの編集者&ライターとしてぼちぼち活動中。

ツリーカテゴリー