fc2ブログ
探偵小説三昧

日々,探偵小説を読みまくり、その感想を書き散らかすブログ


Posted in "国内作家 葉山嘉樹"

Category: 国内作家 葉山嘉樹    07 31, 2022
葉山嘉樹『葉山嘉樹短篇集』(岩波文庫)
 純文学の作家でも探偵小説や怪奇小説を書いた人は多いが、それには大きく二種類ある。著者が意識して探偵小説や怪奇小説を書いている場合と、本人はまったく意識していなかったのに、結果的に書いたものがそうなっていたという場合である。 大正・昭和のプロレタリア文学を代表する作家、葉山嘉樹も後者の一人だろう。教科書にも採用されたことがある「セメント樽の中の手紙」などは優れたプロレタリア文学でありながら、同時に...

« »

04 2024
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
プロフィール

sugata

Author:sugata
ミステリならなんでも好物。特に翻訳ミステリと国内外問わずクラシック全般。
四半世紀勤めていた書籍・WEB等の制作会社を辞め、2021年よりフリーランスの編集者&ライターとしてぼちぼち活動中。

ツリーカテゴリー