fc2ブログ
探偵小説三昧

日々,探偵小説を読みまくり、その感想を書き散らかすブログ


Posted in "国内作家 塚本邦雄"

Category: 国内作家 塚本邦雄    09 03, 2022
塚本邦雄『十二神将変』(河出文庫)
 前衛短歌の旗手として数多くの作品を残した塚本邦雄は小説も何作か手がけており、1974年に発表した『十二神将変』はなんとミステリ。ただし、そこらのミステリとは一線を画す、歌人・塚本邦雄の脳内イメージを俗界に落とし込んだような恐るべき作品であった。 こんな話。宝飾デザイナーの飾磨沙果子は、精神病理学者・飾磨天道と妻・須弥の娘。兄の正午、そして飾磨家に居候するサンスクリット学者の叔父・淡輪空晶との五人暮ら...

« »

02 2024
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -
プロフィール

sugata

Author:sugata
ミステリならなんでも好物。特に翻訳ミステリと国内外問わずクラシック全般。
四半世紀勤めていた書籍・WEB等の制作会社を辞め、2021年よりフリーランスの編集者&ライターとしてぼちぼち活動中。

ツリーカテゴリー