fc2ブログ
探偵小説三昧

日々,探偵小説を読みまくり、その感想を書き散らかすブログ


Posted in "国内作家 曽野綾子"

Category: 国内作家 曽野綾子    09 13, 2022
曽野綾子『ビショップ氏殺人事件』(中公文庫)
 曽野綾子の『ビショップ氏殺人事件』を読む。曽野綾子といえばもちろん文芸畑の作家ではあるが、ミステリ寄りの心理小説や怪奇小説なども割とアンソロジーでお目にかかる。本書はその曽野綾子が初期に書いたミステリをまとめた短篇集である。 収録作は以下のとおり。「ビショップ氏殺人事件」「華やかな手」「消えない航跡」「競売」「人生の定年」「佳人薄命」  解説によると曽野綾子がミステリに手を染めたのは、どうやら乱...

« »

02 2024
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -
プロフィール

sugata

Author:sugata
ミステリならなんでも好物。特に翻訳ミステリと国内外問わずクラシック全般。
四半世紀勤めていた書籍・WEB等の制作会社を辞め、2021年よりフリーランスの編集者&ライターとしてぼちぼち活動中。

ツリーカテゴリー