fc2ブログ
探偵小説三昧

日々,探偵小説を読みまくり、その感想を書き散らかすブログ


Posted in "海外作家 ナバロ, エルビラ"

Category: 海外作家 ナバロ, エルビラ    08 09, 2023
エルビラ・ナバロ『兎の島』(国書刊行会)
 日本では初紹介となるエルビラ・ナバロの短篇集『兎の島』を読む。珍しいことにスペイン産の幻想怪奇小説で、著者はスペイン語圏でも注目される存在らしい。まずは収録作。「ヘラルドの手紙」「ストリキニーネ」「兎の島」「後戻り」「パリ近郊」「ミオトラグス」「地獄様式建築に関する覚書」「最上階の部屋」「メモリアル」「歯茎」「占い師」 ▲エルビラ・ナバロ『兎の島』(国書刊行会)【amazon】 異なる文化圏で書かれた...

« »

04 2024
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
プロフィール

sugata

Author:sugata
ミステリならなんでも好物。特に翻訳ミステリと国内外問わずクラシック全般。
四半世紀勤めていた書籍・WEB等の制作会社を辞め、2021年よりフリーランスの編集者&ライターとしてぼちぼち活動中。

ツリーカテゴリー