fc2ブログ
探偵小説三昧

日々,探偵小説を読みまくり、その感想を書き散らかすブログ


Posted in "海外作家 ビュッシ, ミシェル"

Category: 海外作家 ビュッシ, ミシェル    09 30, 2023
ミシェル・ビュッシ『恐るべき太陽』(集英社文庫)
 ミシェル・ビュッシの『恐るべき太陽』を読む。恥ずかしながらこれが初ビュッシで、傑作と評される『彼女のいない飛行機』や『黒い睡蓮』も買ってはいるが絶賛積ん読中である。まずはそちらから消化しようとも思ったのだが、本作の帯にある「クリスティーへの挑戦作!」というキャッチ、そしてそれが『そして誰もいなくなった』への挑戦であることは知っていたので、ついつい本作から読んだ次第である。 こんな話。南太平洋の仏...

« »

02 2024
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -
プロフィール

sugata

Author:sugata
ミステリならなんでも好物。特に翻訳ミステリと国内外問わずクラシック全般。
四半世紀勤めていた書籍・WEB等の制作会社を辞め、2021年よりフリーランスの編集者&ライターとしてぼちぼち活動中。

ツリーカテゴリー