fc2ブログ
探偵小説三昧

日々,探偵小説を読みまくり、その感想を書き散らかすブログ


Posted in "海外作家 エドワーズ, マーティン"

Category: 海外作家 エドワーズ, マーティン    10 27, 2023
マーティン・エドワーズ『処刑台広場の女』(ハヤカワ文庫)
 マーティン・エドワーズの『処刑台広場の女』を読む。我が国では、英国ミステリ作家の交流や〈ディテクション・クラブ〉の歴史を描いたノンフィクション『探偵小説の黄金時代』の著者として知られているが、本国では四十年のキャリアを誇る暦としたミステリ作家である。  まずはストーリー。舞台は1930年のロンドン。警察に適切なアドバイスを送ることで密かに名を知られている〈名探偵〉レイチェル・サヴァナク。だが同時に、...

Category: 海外作家 エドワーズ, マーティン    03 22, 2020
マーティン・エドワーズ『探偵小説の黄金時代』(国書刊行会)
 三連休というわけだが、新型コロナウィルスの影響やカミさんが実家へ帰っていることもあって、特に遠出することもなく。もっぱら仕事の調べ物をしたり、気になる作家の情報を集めたり、駅前の桜並木を見物にいったり、近場へ古本を買いにいったり、家の本を片付けたりして過ごす。それほど本を読めていないのはよくある話(笑)。 それでもぼちぼち読み進めてきたノンフィクション『探偵小説の黄金時代』をようやく読了する。 ...

« »

02 2024
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -
プロフィール

sugata

Author:sugata
ミステリならなんでも好物。特に翻訳ミステリと国内外問わずクラシック全般。
四半世紀勤めていた書籍・WEB等の制作会社を辞め、2021年よりフリーランスの編集者&ライターとしてぼちぼち活動中。

ツリーカテゴリー