fc2ブログ
探偵小説三昧

日々,探偵小説を読みまくり、その感想を書き散らかすブログ


Posted in "海外作家 ハーディング, アルバート"

Category: 海外作家 ハーディング, アルバート    02 09, 2024
アルバート・ハーディング『レイヴンズ・スカー山の死』(ROM叢書)
 ROM叢書をもういっちょ。アルバート・ハーディングの『レイヴンズ・スカー山の死』を読む。 初めて読む作家だが、それもそのはず著者はまったくの無名作家。Wikipedeiaによると鉱業関係の会社員から上院議員となり、その後も内務省などで働いたとのこと。執筆はあくまで趣味や余技のようで、残した小説は本作を含め三冊。それ以外に癌との闘病記を描いたノンフィクションが一冊ある。 こんな話。放浪生活を始めることにした初...

« »

04 2024
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
プロフィール

sugata

Author:sugata
ミステリならなんでも好物。特に翻訳ミステリと国内外問わずクラシック全般。
四半世紀勤めていた書籍・WEB等の制作会社を辞め、2021年よりフリーランスの編集者&ライターとしてぼちぼち活動中。

ツリーカテゴリー