fc2ブログ
探偵小説三昧

日々,探偵小説を読みまくり、その感想を書き散らかすブログ


Posted in 07 2006

仁木悦子『名探偵コレクション2面の巻 櫟ファミリーの全事件』(出版芸術社)

 仁木悦子の『名探偵コレクション2面の巻櫟ファミリーの全事件』を読む。タイトルのまんま櫟一家が登場する全作品をまとめた作品集で、テイストは著者が得意とするアットホームな本格ミステリ。仁木兄妹シリーズの夫婦版といえば話が早いか。収録作は以下のとおり。

『二つの陰画』
「花は夜散る」
「一匹や二匹」
「あした天気に」

 『二つの陰画』が長編にして櫟ファミリー初登場の作品。残る三つが短編だが、「あした天気に」のみ櫟ファミリーが登場しないボーナストラックで、単行本初収録の童話形式のミステリーとなっている。
 このシリーズ(といっても三作しかないわけだが)の特徴は、作品の時間軸が大きく流れて、主人公が親から子へと変わっていくこと。つまりこのシリーズが続いていれば見事な櫟サーガを形成していたわけだが、残念ながらこの試みは三作で終了している。というか作者はあくまで遊びでやっており、そこまで雄大な構想は考えていなかったようだ。解説の新保教授はこのパターンの先例として英国の作家M・M・ボドキンを紹介しているが、この手の試みでもっとも成功したミステリというと、スチュアート・ウッズのデラノ・シリーズではないだろうか。まあ、仁木悦子の方が全然先なんだけど。
 以下は各作品の感想。
 まずは『二つの陰画』。櫟夫妻が住む満寿美荘の大家、木岡満寿美が、自宅にいるところを密室状態で殺される。折しも満寿美は満寿美荘の大幅家賃値上げを宣言したばかり。おまけに満寿美の甥や姪に譲られるはずだった遺産に、新たな相続人までが登場し……、というお話。
 密室の謎というよりも、密室に絡む物語の背景、遺産相続の謎などが面白い。個人的にはアットホームな物語は苦手なのだが、登場人物たちのプロローグや、作中で提示される現場の見取り図やアリバイ表など、ミステリを心ゆくまで味わってもらおうとする作者の姿勢が心地よく、大変楽しく読めた。
 「花は夜散る」と「一匹や二匹」は主人公が違えども、自分の信念を貫こうとする少年たちの行動が気持ちよい。仁木悦子の十八番です。
 「あした天気に」についてはどういうおはなしかまったくしらなかったので、ページをめくったしゅんかんにおどろきました。


« »

07 2006
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
プロフィール

sugata

Author:sugata
ミステリならなんでも好物。特に翻訳ミステリと国内外問わずクラシック全般。
四半世紀勤めていた書籍・WEB等の制作会社を辞め、2021年よりフリーランスの編集者&ライターとしてぼちぼち活動中。

ツリーカテゴリー