fc2ブログ
探偵小説三昧

日々,探偵小説を読みまくり、その感想を書き散らかすブログ


Posted in 03 2010

勝呂忠氏のことなど

 うかつにもニュースを見落としていたのだが、洋画家の勝呂忠氏が3月15日に亡くなったらしい。もちろん、あのポケミスの表紙を、長年にわたって手がけてきた勝呂忠氏のことだ。素人には理解しにくい抽象画ではあるが、ファンにはあの暗い絵がそのままポケミスのイメージでもあることは言うまでもない。表紙の役目が、読者の目を惹き、その内容をイメージとして伝えることであるとするならば、氏の作風はまったくそれとは真逆を目指すようにも思えるのだが、だからこそ唯一無二の存在たるポケミスの顔として採用されたのかもしれない。
 長い間、本当にお疲れ様でした。ご冥福をお祈りいたします。


 あんまり嬉しくないつながりだが、『ハヤカワミステリ』の最新号ではロバート・B・パーカーの追悼特集をやっている。恥ずかしながらツイッターで「ミステリマガジンでパーカーの追悼特集やってやって」と編集長につぶやいたほどなので、これは当然買いである。というか、どうせ毎月買ってるんだけど。
 で、この収録短編がなかなか面白いのだ。オーディオブックの販売サイト用に書いた掌編とか、ミステリ専門書店が企画した小冊子に掲載されたスペンサーの自分語りとか、ハーバード大学のアメフト雑誌が発行した定例戦のプログラムに載ったものだとか、珍品ばかりを集めている、他にもスペンサーもののドラマ用シナリオとか、前作ミニコメ付きの著作目録とか、充実の仕上がり。お見それしました。
 なお、これも嬉しくないつながりだが、来月はディック・フランシスの追悼特集とのこと。

« »

03 2010
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
プロフィール

sugata

Author:sugata
ミステリならなんでも好物。特に翻訳ミステリと国内外問わずクラシック全般。
四半世紀勤めていた書籍・WEB等の制作会社を辞め、2021年よりフリーランスの編集者&ライターとしてぼちぼち活動中。

ツリーカテゴリー