ADMIN TITLE LIST
 プライベートでいろいろありすぎてバタバタの一週間。精神的にかなりきつくて読書もままならないが、なんとか一冊読んで感想を書いていると、その間は辛いことも忘れられる。読書にはいろんな効能があるけれど、心を穏やかにしてくれたり元気にしてくれるというのは最大の良さかもしれない。

 本日の読了本はスチュアート・パーマーとクレイグ・ライスの合作短編集『被告人、ウィザーズ&マローン』。ライスのシリーズ探偵・弁護士ジョン・J・マローンとパーマーのシリーズ探偵・教師ヒルデガード・ウィザーズの共演作品でもある。
 まずは収録作。

Once Upon a Train「今宵、夢の特急で」
Cherchez la Frame「罠を探せ」
Autopsy and Eva「エヴァと三人のならず者」
Rift in the Loot「薔薇の下に眠る」
People vs. Withers and Malone(Withers and Malone, Crime-Busters)「被告人、ウィザーズとマローン」
Withers and Malone, Brain-Stormers「ウィザーズとマローン、知恵を絞る」

 被告人、ウィザーズ&マローン

 本作の売りはもちろん二人の作家による名探偵の共演というところにあるのだが、マローンはともかく、わが国ではウィザーズの知名度が著しく低いのが残念といえば残念。スチュアート・パーマーのウィザーズものはわずかに新樹社の『ペンギンは知っていた』、原書房の『五枚目のエース』がある程度で、正直こちらが作風やレベル感をはっきりつかんでいない状況である。そんな状態で本作を読んでも、合作の具合がいったいどの程度のものなのか、両探偵の魅力がかみあっているのか、判断しにくいのである。
 もちろん、そんなことを気にせず、ミステリとしての出来だけで判断しても良いのだが、それでは本作の楽しみをかなりの部分放棄してる感じもして、なんだかすごく損をしている気分である(笑)。

 ただ、マローンものとしては普通に楽しめたし、ウィザーズについての理解が少なくてもマローンとウィザーズの掛け合い自体は面白く読めた。
 この手の作品では往々にして共演のみが読みどころとなり、ミステリとしての出来はいまひとつのものも多いが、本作では「被告人、ウィザーズとマローン」のようなキレのある作品も含まれていてよろしい。ただ、「被告人、ウィザーズとマローン」は合作といいながら、ほぼパーマーの筆によるものらしいけれど(苦笑)。
 まあ、傑作とまではいかないが、クレイグ・ライスのファンには嬉しいボーナス的一冊といえるだろう。




| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2017 探偵小説三昧, All rights reserved.
ネット小説