ADMIN TITLE LIST
 アンデシュ・ルースルンドとステファン・トゥンベリの共著、『熊と踊れ』をとりあえず上巻まで読了。
 昨年の「このみす」と「ミス読み」では1位、そのほかのランキングでも2位と、各種ミステリランキングで上位を総なめにした作品である。

 著者は二人とも馴染みのない名前だったが、アンデシュ・ルースルンドの方は日本初紹介というわけではなく、ベリエ・ヘルストレムとの共著で、グレーンス警部&スンドクヴィスト警部補シリーズがRHブックス・プラスや角川文庫で翻訳がある。残念ながら日本ではまったくブレイクしなかったようだが、角川文庫で出た『三秒間の死角』はなかなかの力作のようだ。
 そのルースルンドがコンビをステファン・トゥンベリに変えて書いたのが、本書というわけである。

 こんな話。レオ、フェリックス、ヴィンセントは粗暴な父によって崩壊した家庭で育った三人兄弟。父に対する恨みもあり、より固い絆でつながった三人もやがて独立したが、レオの発案で軍の倉庫から大量の武器を盗み出し、幼馴染のヤスペル、レオの恋人・アンネリーとも協力して銀行強盗を決行する。
 そして最初の銀行襲撃。計画そのものはなんとか成功したものの、成果は必ずしも満足できる水準ではなく、レオはさらなる計画を立てる。一方、市警のブロンクス警部はあまりに鮮やかな手口から、プロの仕業と睨んで捜査を開始する……。

 熊と踊れ(上)

 まあ、半分しか読んでいないのに、こんなこと断言していいのか不安だが、これは確かに傑作だわ。上巻だけでもかなりの満足感。
 三人の兄弟は実に辛い幼少時代を送っており、そういうトラウマを背負いつつ、銀行強盗を実行する。幼馴染のヤスペルこそ軍人上がりだが、犯罪に関しては皆アマチュアである。当然ながらさまざまなリスクもあるし、ときには揉め事もあるのだが、長男のレオはそれらを補うべく、徹底的に計画を練り込み、そして仲間をまとめていく。さらにはこれを追うブロンクス警部のドラマも気になるところが多い。

 これらの過程がみっちり書き込まれているので、とにかく引き込まれる。このあと、どういう展開、そしてラストが待ち受けているのか実に楽しみである。


テーマ:推理小説・ミステリー - ジャンル:本・雑誌


 笹沢左保の『人喰い』を読む。著者の長編第四作にして第14回日本推理作家協会賞受賞作品。

 こんな話。
 本多銃砲火薬店に勤める花城由記子が妹・佐紀子に遺書を残して失踪した。由記子は社長の息子、本田昭一と付き合っていたが、本田家の反対にあい、しかも会社でも執拗な嫌がらせを受けていたのだ。そんな二人が選択したのは心中という手段だったが、発見されたのは昭一の遺体だけだった。
 由記子の生死がはっきりしないまま、本多銃砲火薬店での爆破事件、そして殺人事件が発生するにおよび、ついに由記子は殺人犯として指名手配を受ける。佐紀子は姉の無実を信じ、恋人とともに調査を始めるが……。

 人喰い

 笹沢左保の初期長編は力作ぞろい、特に本格魂にあふれるものが多いということで、そのあたりを中心に読み進めているのだが、本作『人喰い』もまたその期待を裏切らない傑作である。

 これまで読んだのは『招かれざる客』、『霧に溶ける』だが、これらは警察の捜査を中心に物語が進んでいたのに対し、本作は容疑者の妹・佐紀子が調査に乗り出す素人探偵もの。その分だけサスペンス要素が強めなのが特徴で、姉の由記子は果たして被害者なのか、それとも犯人なのか、あるいは別の真相があるのか、その興味で引っ張りながら物語を進めていくのがよろしい。
 トリックの盛り込み方は先の二作ほど賑やかではないけれども、物語の盛り上げ方などを加味すると、個人的には本作の方が好みである。

 トリックの盛り込み方が云々と書いたように、ひとつひとつのネタはやや厳しい。
 ただ、これは先の二作も似たようなもので、笹沢作品では、そういう物理トリックよりも意外な事件の真相が見どころである。叙述トリックというほどのものではないが、事件の様相をガラッと変えてみせる技術は相変わらず冴えている。

 まあ、登場人物が限られているので、今のミステリファンであればヤマ勘でも犯人は当てることも可能だが、なんというか、こういう書き方をするとちょっと語弊はあるけれども、いわゆる火曜サスペンス劇場とか、そういうサスペンスドラマのお手本のような作品といってもいいだろう。

 タイトルの『人喰い』の意味については、終盤で犯人の言葉によって明らかになるのだが、この犯人の性格付けと合わせてなかなかに興味深く、微妙にイヤーな読後感を残すところも好み。この暗さもまた笹沢作品の魅力であろう。
 ともあれ笹沢作品の良さはだいぶ実感できてきたので、今後ももう少し読み進めてみたい。


テーマ:推理小説・ミステリー - ジャンル:本・雑誌


 ジョンストン・マッカレーの『仮面の佳人』を読む。たまたまだが「黒蜥蜴」に続いて女盗賊つながりである。
 本作は論創海外ミステリの一冊ではあるが、マッカレーは代表作である「地下鉄サム」や「怪傑ゾロ」のシリーズを見てもわかるように、ミステリというより冒険小説や大衆小説の書き手である。そして本作もまた冒険小説成分が高い一冊であった。

 こんな話。大学で教鞭を執るサルウィック教授はある夜、強盗に押し入られる。しかし、教授はこれを見事返り討ちにすると、なぜか強盗を椅子に座らせ、犯罪者の生活についていろいろと聞き出そうとする。実はサルウィック教授、あまりに教職での収入が少ないため、犯罪者に転向しようと考えていたのだ。
 一方、町のギャンググループのボス・赤毛のライリーは、刑事から逃げるため、誤って敵対するギャングが集まる酒場に入ってしまう。なんとか穏便にすまそうと思ったが、結局は大勢を相手に闘うハメになってしまうライリー。腕に覚えはあっても多勢に無勢、ライリーが観念した瞬間だった。なんとその場に居合わせたサルウィック教授が助太刀に現れたのだ。
 次から次へと襲い掛かる相手を薙ぎ払う二人。しかし、ついに袋小路に追い詰められる。そのとき二人の窮地を救ったのが、黒い仮面をつけたドレス姿の女性だった。M(マダム)・マッドキャップと名乗るその女性は、ある犯罪計画を二人にもちかけるが……。

 仮面の佳人

 おお、これぞ古き良き時代の冒険小説(1920年の作品である)。いろいろな山場を盛り込みつつも、基本的にはゆったりした感じとユーモアで包まれているので、変なハラハラドキドキはなく、素直に楽しむことができる。
 キャラクターもステレオタイプではあるが、デフォルメぐらいがほどよく、特に犯罪者志望のサルウィック教授のちょいボケ具合がなかなか面白い。

 感心したのはプロット。思った以上にしっかりしていて、エピソードを重ねるというよりはきちんと着地点を見据えてプロットが作られている印象である。マッドキャップの狙いが何なのか?その正体は? 中盤あたりでいよいよ興味もはっきりしてきて、予想以上に読者をひっぱってくれる。
 まあ、それを支えるネタの数々が、今読むとさすがにかなりの古さを感じさせるのだけれど(笑)、それは時代ゆえ仕方あるまい。
 ということでそれほど期待していなかっただけに、意外なほど楽しい一冊でありました。


テーマ:推理小説・ミステリー - ジャンル:本・雑誌



| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2017 探偵小説三昧, All rights reserved.
ネット小説