FC2ブログ
ADMIN TITLE LIST
 アンソニー・ホロヴィッツの『カササギ殺人事件』を読了。
 いやあ、これは面白かった。傑作の安売りはしたくないが、先日読んだ『IQ』同様、これも年末の各種ミステリベストテンには絶対入ってくるだろう。いや、一位をいくつ取るかというレベルだ。

※なお、本作の感想について極力ネタバレは避けるつもりだが、少しの予備知識も仕入れたくはないという方は、ご注意ください。

 カササギ殺人事件(下)

 クローヴァーリーフ・ブックスという出版社で文芸編集者を務めるスーザン。彼女は担当する人気ミステリ作家アラン・コンウェイの最新作『カササギ殺人事件』の原稿を読み始めた。自分の人生をも変えてしまった、その作品を……。
 ——1955年の7月、サセックス州の小さな村で、一人の家政婦の葬儀がしめやかに行われた。彼女は勤めていた屋敷にある階段から転落死したのである。だが彼女の生前の不穏な言動が村人に動揺を与えており、これが単なる事故ではないのではと噂する。そして起こる第二の悲劇……。

 本作がとにかく凄いのは、二作分のミステリを盛り込んだところにある。ひとつはアラン・コンウェイが書いた本格ミステリ『カササギ殺人事件』。そしてもうひとつはスーザンを主人公とする『カササギ殺人事件』をめぐる事件、まあこれもまた『カササギ殺人事件』ということになるのだが。
 上巻はスーザンのモノローグで幕を開けるが(このモノローグがまた実に胡散臭いものなのだが)、すぐにアラン・コンウェイの書いた『カササギ殺人事件』が始まる。これがクリスティへのオマージュに満ちた、実に堂々たる本格ミステリである。しかも作中の探偵役アティカス・ピュントは余命いくばくもない状態であり、この設定もまたクリスティの『カーテン』を連想させる。
 ところが下巻に入ると、物語はスーザンを主人公とする現代の物語となる。『カササギ殺人事件』が完結しないまま、物語は思いもよらない局面を迎え、スーザンは自ら事件を調査することになるのだ。

 本格ミステリそのものをモチーフとする作品はこれまでもないではないが、ここまでのレベルに達した作品は初だろう。双方の物語は当然ながら密接な関係があり、それが幾重にも重なり、双方の登場人物がリンクし、絡み合う。
 いわゆるメタフィクションといってよいだろう。ただ、通常メタフィクションといえば虚構と現実の境界線をなくしたりすることで、小説そのものの可能性を問うたりするわけだが、純文学やSFならともかく、本作のような本格ミステリでそれを成立させているところが素晴らしい。
 あくまで現実の物語である本作において、作中作である『カササギ殺人事件』がどういう具合にリンクするのか、これだけでも難しいのに、そこへ本格ミステリの意義、創作技術、出版事情、作家という職業の業、さらには言葉遊びや全体に関わる仕掛けなど、あらゆる要素を融合させてみせるのである。伏線など山ほどあって、それが伏線であることはわかるのだが、その場その場で著者の企みに気づくことはまず難しい。練りに練ったプロットであり、とにかく完成度が高い。作中作の『カササギ殺人事件』にしても、これだけでも十分楽しめる一作なのである。

 ということでこれは間違いなく傑作。クリスティファンや本格ミステリファンだけでなく、すべてのミステリ好きに広くおすすめしたい。


テーマ:推理小説・ミステリー - ジャンル:本・雑誌


 『IQ』と並び、巷で今年のベストテン間違いなしと評判の『カササギ殺人事件』を、とりあえず上巻まで読み終える。

 カササギ殺人事件(上)

 クリスティへのオマージュという触れ込みではあったが、確かにその舞台設定や語り口はなかなかそれらしい雰囲気を醸し出している。英国の小さな村に起こったある家政婦の死亡事故。一見、平和に見える村に隠されたいくつもの悪意、そしてスキャンダル。解決に乗り出す外国人探偵。

 ただし、本作が単なるクリスティへのオマージュでないことはプロローグで既に宣言されたも同然。『カササギ殺人事件』とは、実は作中作であり、本作の語り手となる女性編集者が担当したミステリの題名なのだ。
 いまどきのミステリでこういう設定が飾りのまま終わるわけはないだろうし、そもそもそれぐらいならここまで評判にならないだろうから、おそらく下巻ではかなり意外な展開が待っているのだろう。
 なんだかハードルを上げすぎた気もするが(苦笑)、とにかく下巻への期待は大きい。詳しい感想は下巻読了時に。


テーマ:推理小説・ミステリー - ジャンル:本・雑誌


 ジョー・イデの『IQ』を読む。今年の六月にハヤカワ文庫から出たミステリだが、原作は2017年度のアンソニー賞、マカヴィティ賞、シェイマス賞の最優秀新人賞を総なめにし、さらにはMWAとCWAの最優秀新人賞にもノミネートされたという鳴り物入りの一冊。発売当時のミステリマガジンでも猛プッシュしていた記憶もあるし、ネットでの評判もなかなかよいようだ。

 まずはストーリー。ロサンゼルスに暮らす黒人の青年アイゼイア・クィンターベイ。彼は探偵だが、正式なライセンスを所持しているわけではない。困りごとがある街の人々のため、ほぼ無償で事件を解決しているのだ。名前の頭文字、そして何よりその頭脳の鋭さから、皆は彼を“IQ”と読んだ。
 そんなあるとき、大金が必要になったIQは、高校時代からの悪友ドッドソンを通じて仕事を引き受ける。それは殺し屋に狙われている有名ラップ・ミュージシャン、カルの命を守ることだったが……。

 

 おお、各所での評判もむべなるかな。まずは一級のノワールもしくはハードボイルドといってよいだろう。
 いろいろな見方はあるだろうが、大きいところではやはりストーリーの面白さがある。
 実は本作、アイゼイアがラッパーの事件を追う現代のパートと、アイゼイアがどうして探偵になったのかという過去のパート、この二つが交互に語られる構成となっている。まあ、こういう趣向はそれほど珍しくもないのだが、とにかくリーダビリティが高い。
 時系列的に異なるパートを交互に語る場合、過去パートが現代パートの種明かしになったりすることが多い。本作も基本的にはその方向性なのだが、ストーリーが一本につながる快感がある。いや、登場人物たちの因縁や関係が融合する快感といったほうがよいか。
 特別、大きな仕掛けがあるわけではない。先に「ノワールもしくはハードボイルド」と書いたように、本作の肝は登場人物の心情や生き方にこそある。現代と過去、それぞれのパートがラストでつながることで、よりそういう面が際立つのである。とりわけアイゼイアとその相棒ドッドソンの関係性、あるいはアイゼイアと亡き兄の絆は感動的だ。

 登場人物といえば、主人公アイゼイアの複雑なキャラクターも本書の大きな魅力だ。自信家でどこか醒めたところもあるアイゼイア。彼の最大の武器は、その類い希なる知能である。
 だが、それだけの頭脳がありながら、彼はもっぱら街の人々を助けることに専心し、名声は高いものの、大金とは無縁の生活である。その理由がどうやら重大な障害をもつ入院中の少年にあることは推測できるものの、詳しい理由は明らかにされないまま物語は進む。
 そんなアイゼイアのあれこれが過去パートによって明らかになる。クールな仮面の下にはいくつもの悲しみが隠されていることがわかり、それがまたこちらの胸に染みてくるのだ。

 といっても本作はただ重いだけの話、感動させるだけの話ではない。アクションもがっつり入るし、随所にコミカルな部分もある。特にアイゼイアとドットソンのやりとりはハラハラしながらも楽しく、物語のいいアクセントになっている。
 この二人、始終ぶつかりあってはいるのだが、いわゆるツンデレ的な雰囲気もあり、という関係である。お約束な感じはやや強いのだけれど、それでもラストの二人には思わず胸が熱くなること請け合いである。

 ということで、いろいろな楽しみ方ができる良質の作品であり、ミステリファンだけでなく広く読まれていい作品ではないだろうか。もちろん年末の各種ミステリベストテンには間違いなく入ってくるだろう。

 なお、最後にひとつだけ苦情を。
 カバーの裏表紙に書かれている「新たなる“シャーロック・ホームズ”の誕生」というのは、ううむ、本の売り方としてはどうなんだろう。
 確かにアイゼイアのホームズばりの推理シーンは度々、見せ場としてあるのだけれど、本作においてはあくまで味つけどまりではないかな。推理によって事件の意外な真相が最後に明らかになるのであれば、そういう喩えも全然いいのだけれど、本作の根本的な興味はやはりそこではない。
 著者のホームズ譚に対する思い入れがあり、それがIQやドットソン(ワトソン役)、推理の場面に取り入れられているのはわかるけれど、これはやはり編集者の勇み足だろう。


テーマ:推理小説・ミステリー - ジャンル:本・雑誌


 陳舜臣といえば一般には歴史小説の作家として知られているが、ミステリファンにとっては、やはり陶展文シリーズをはじめとする本格探偵作家というイメージだろう。本日の読了本はそんな陳舜臣の短編集『方壺園』である。まずは収録作。

「方壺園」
「大南営」

「九雷渓」
「梨の花」
「アルバムより」
「獣心図」

 方壷園

 本短編集は陳舜臣の代表作のひとつとしてよく挙げられる作品だが、読んでそれも納得。その理由は大きくふたつあって、ひとつめは収録作のほとんどが密室もので構成された本格探偵小説であること。
 本作が刊行されたのは1962年。この年、著者は『三色の家』『弓の部屋』など五冊もの作品を出しており、デビュー二年目というのに恐ろしいほどのハイペースである。そんな状況でオール密室という気合の入った推理短編集を出す、この勢いというか熱がすごい。

 とはいえ密室のレベルそのものは正直そこまで驚くべきものではなく、密室トリックという面だけで判断すれば弱さは否めない。それを救っているのが、本作を代表作たらしめているもうひとつの理由。すなわち各作品ごとに趣向を凝らした舞台設定である。例えば唐の時代の中国であったり、大学であったり、インドのムガール王朝であったり。
 その舞台設定が絶妙にトリックと融合し、トリックの弱さをカバーする。謎解き興味だけに終わらせず、事件を通して主人公たちの生き様などがしみじみと感じられる作品もあり、そういった味わいもあるからこそ評価されてきたのだろう。

 以下、簡単に各作品のコメント。
 気に入った作品は、やはり表題作「方壺園」となるだろう。十メートルの高さの壁に囲まれた方壺園と呼ばれる東屋で起こった密室殺人事件。伏線の妙もあるし、どんでん返しの面白さ、そして漢詩に絡む文人たちの人間模様など、これはオールタイムベスト級といってもよいだろう。
 「大南営」は心理的トリックが少々辛いところで、「九雷渓」は有名な某作品のトリックを思い出させるところが欠点だが、両作とも著者ならではの雰囲気は十分に味わえて楽しい。
 「梨の花」は本書では珍しく日本が舞台だが、やはり中国の歴史を素材として用いており、凶器に味わいがある密室もの。味わいはあるけれど、ある意味バカミスともいえる(笑)。
 「アルバムより」は推理小説的には「方壺園」に次ぐ出来で意外性に富んだ作品。また「獣心図」は逆にムガール王朝という特殊すぎる舞台設定が効いた作品で楽しめる。

 なお、管理人は本作を中央公論社版で読んだが、中公文庫版も含めてどちらも絶版。まあ古書では容易に入手できるようだが、来月にはちくま文庫で復刊されるらしいので、興味を持たれた方はそちらがおすすめだろう。


テーマ:推理小説・ミステリー - ジャンル:本・雑誌


 本日は論創ミステリ叢書から『北町一郎探偵小説選!』を読む。
 北町一郎は戦前から戦後にかけて活躍した大衆作家・探偵小説作家である。若い頃から詩歌や文芸評論を中心に同人活動を続けていたが、小説を書くようになったのは出版社へ就職して数年経った頃のようだ。しかし、同人活動を考えると純文学に進みそうなものだが、なぜか小説に関しては大衆小説に進んだのが不思議。このあたりの理由は本書に収録されている随筆や解説でも触れられておらず気になるところである。
 それはともかく大衆小説はけっこう水があったようで、当時はそれなりに売れっ子となり著書も少なからず残している。ところが大衆小説の宿命か、経年には耐えられなかったようで今ではすっかり忘れられた作家となった。せいぜいが探偵小説系のアンソロジーで短編が一つ二つ読める程度で、本書は貴重な復刻となる(まあ、論創ミステリ叢書はどれをとっても貴重な復刻ばかりなんだけど)。

 北町一郎探偵小説選I

「白日夢」
「宝島通信」
「五万円の接吻」
「福助縁起」
「作家志願」
「聖骸布」

 収録作は以上。目玉は何といっても長編の「白日夢」だろう。春秋社の懸賞で蒼井雄の『船富家の惨劇』などと入選を争った作品で、1936年に春秋社から刊行された。
 まあ『船富家の惨劇』と比べるとさすがに分は悪いだろうが、著者の目指すところが何となくわかる作品だ。ガチガチの探偵小説ではなく、あくまで大衆小説寄り。さまざまな興味を盛り込み、テンポよく事件を転がして読者の興味を引っ張ってゆく。語り口も軽妙で、いかにもといった作りである。
 物語の舞台が大学野球というのも珍しくてよい。当時の大学野球が今より全然人気のあった時代とはいえ、探偵小説の素材に使っただけでも評価できるのだが、さらに感心したのは、まるで昨今のアマチュアスポーツ界のトラブルを予見するかのような内容であること。著者がどこからこういう着想を得たのか不明だが、目のつけどころは悪くない。
 残念なのは、殺人事件や暗号、冒険、恋愛など多くの見どころを盛り込むのはいいが、それぞれがうまく融合していないこと。章ごとに違う話を読んでいる気がするぐらいストーリーがちぐはぐな印象である。謎解き興味や論理性などにもそれほど重きを置いていないようで、そこも探偵小説としては弱い部分だろう。
 ただ、それこそが著者の目指したスタイルという可能性は強いのだが。

 そのほかの短編も探偵小説の衣を着てはいるが、やはり大衆小説的な興味が先に立つ。一応トリックなどを仕込んだものもあるけれど、読む愉しみとしてはナンセンスやユーモアの部分が勝っているものが多い。
 印象に残ったのは圧倒的に「作家志願」。文壇を舞台にしたもので、こういうのは他の探偵作家が書けないものだからけっこう面白く読めた。

 ということで『北町一郎探偵小説選』の一巻目はまずまずといったところ。続く二巻目はシリーズ探偵を集めた中期から後期の作品らしいので、これもまた楽しみなところだ。


テーマ:推理小説・ミステリー - ジャンル:本・雑誌


 ヘレン・マクロイの『悪意の夜』を読む。今年は『牧神の影』も出ているが、マクロイ人気もすっかり安定しているのか最低でも年に一冊は出るのが喜ばしいかぎりである。

 さて『悪意の夜』だが、こんな話。
 夫のジョンを転落事故で亡くしたばかりの未亡人アリス。彼女が夫の遺品を整理していたとき、鍵のかかった抽斗から「ミス・ラッシュ関連文書」と書かれた封筒を発見する。生前はお互いにまったく隠しごとのない夫婦だったはず。だが、アリスはそのラッシュという名前に一切の覚えはない。私信なのか、それとも夫の仕事に絡んだ政治的なものなのか、不安が募るなか、思い切って中を開けるが肝心の中身は見当たらなかった。
 その直後、息子のマルコムが年上のガールフレンドを連れて帰宅した。女性の名はクリスティーナ・ラッシュ。アリスは内心の驚きを隠して対応したが、さまざまな疑念が浮かび上がり、すぐさま行動を開始する……。

 悪意の夜

 ううむ。マクロイの作品としては低調な部類に入るかな。帯には“サスペンスと謎解きの合わせ技”とあるけれど、それのもっといい成功例がマクロイの他の作品にあるわけで、この程度で景気のいい惹句をぶち上げると、マクロイ初心者などが読むとけっこうガッカリするかもしれないわけで逆効果であろう。

 そもそも本作は合わせというよりはけっこうサスペンス寄りの作品。ヒロイン・アリスが謎の女性クリスティーナ・ラッシュにまつわる秘密を探り出そうとするのが主軸である。
 好感が持てるのは、アリスがサスペンスにありがちな、ただ危険に怯えるおバカなヒロインではないこと。自らいくつもの仮説を立て、それを周囲の者たちにも明らかにし、積極的に行動するヒロインなのだ。だからストーリー的にもテンポがいいし、よしんばヒロインの行動が裏目に出ても納得感がある。

 ただ、本作がサスペンスとしてまずかったのは、同時にファム・ファタール、つまり悪女ものという要素も盛り込んでしまったことだろう。ヒロインと悪女の見せ方についてバランスが悪く、どっちつかずになった面はある。
 これが二人の真っ向対決ということであれば、それはそれで違った面白さが出てくるけれど、肝心の悪女が意外と早めに退場してしまい、結局マクロイにしては珍しく盛り上がりを外した感がある。

 盛り上がりを外したという点では、ラストもそう。
 最後には探偵役のベイジル・ウィリング博士が入ってくることで本格風味にもなって、真相もそれなりに悪くはない。ただ、これにしても“手記”という見せ方が効果的とは思えず、その後の展開もヒロインと悪女、両方を欠いたままとなる。ストーリー上の見せ場はいろいろあるはずなのに、どうにももったいない。

 ということで最初に書いたようにマクロイの作品としては落ちるほうだろう。とはいえマクロイの作品の中ではということなので、決して読んでつまらない作品ではないので念のため。

 なお、ちょっと気になったので書いておくと、本作はベイジル・ウィリング博士シリーズの最後の未訳長編という触れ込みで売られ、解説でも本作が最後になった経緯など触れられていたが、まあ確かにそのとおりではあるんだけど、そこじゃないだろうという違和感はある。
 マクロイの著作やベイジル・シリーズのなかで本作だけが何十年も未訳だったとか、あるいはベイジルが登場する最後の作品というのならわかるけれど、そもそもマクロイの紹介が進んだのがこの二十年ほどの話で、しかも日本で再評価されて以後は毎年のように順調に翻訳されてきた作家である。シリーズ中で最後になった理由などまったく必要ないわけで、むしろまだまだ残っているノンシリーズ作品について、どんどん煽ってほしいところなのだ。
 本筋には関係のない話ではあるが、売り方にはもう少し気を遣ってほしいものだなぁと思った次第。


テーマ:推理小説・ミステリー - ジャンル:本・雑誌


 結城昌治『長い長い眠り』を読む。『ひげのある男たち』に続く郷原部長刑事シリーズの第二作である。

 まずはストーリー。
 明治神宮外苑の近くにある林で死体が発見された。死体は男性、白いワイシャツにネクタイという出で立ちだったが、なぜかズボンをはいておらず、下半身はパンツ一枚という姿だった。
 さっそく捜査を開始した郷原部長刑事をはじめとする四谷署の面々。まもなく被害者はある電気製品メーカーの社長であることが判明したが、その乱れた女性関係も続々と明らかになってゆく。容疑者だらけの状況に郷原部長刑事も困惑し……。

 長い長い眠り

 前作『ひげのある男たち』同様に、本格ベースの警察ミステリ。足での捜査から事実がひとつずつ浮かび上がり、その材料によって推理もまた進んでいく。クロフツのフレンチ警部ものを連想させる、非常にオーソドックスなスタイルである。
 とはいえ本作は緩いユーモアとペーソスで彩られているため、その印象はずいぶんクロフツとは異なるわけで、肩肘張らずに楽しく読めるのが大きな魅力だろう。
 ことに本作では被害者を中心とする男女関係が入り組んでおり、関係者のほとんどが胡散臭く、容疑者にふさわしい者ばかりという状況。刑事たちの意見も食い違ったり、仮説が浮かんでは消え浮かんでは消えという具合で、多くの推理が繰り返される。その掛け合いが非常に軽妙で飽きさせない。
 郷原刑事部長シリーズとはいいながら、郷原が名探偵でないのも楽しい部分か。そこそこのところまではいくのだが、結局は最後に意外な探偵役が現れて、手柄を横取りするというのも前作同様である。

 本格ミステリとしては、前作ほどのインパクトはないけれども、犯人の正体、犯行が起こった経緯など、随所に工夫は目立つ。特に二つ目の事件については誤誘導のテクニックが光り、これは巧いなぁと思わず感心してしまった。
 まあ大技がないので手堅くまとめた印象はあるが、本作に関してはあまり刺激を求めず、捜査や推理の過程をニヤニヤしながら楽しむのが吉だろう。楽しめることは請け合いである。


テーマ:推理小説・ミステリー - ジャンル:本・雑誌


 本日は先週に見た映画の感想など。ものは『プーと大人になった僕』。
 ミステリファンには『赤い館の秘密』でおなじみのA・A・ミルンだが、世間的にはもちろん児童小説『クマのプーさん』の原作者としてよく知られているところだろう。本作はその『クマのプーさん』の後日談的内容のファンタジー映画である。
 ちなみに監督はあの異色ゾンビ映画『ワールド・ウォーZ』の監督も務めたマーク・フォースターである。

 こんな話。100エーカーの森でプーやその仲間たちと楽しい日々を過ごしていた少年クリストファー・ロビンは、ロンドンの私立寄宿学校に入学するため、みんなと別れることになった。
 やがて大人になり、結婚、戦争などの体験を経て、今では妻と娘とともに暮らすロビン。だが、ロビンはいつしか子供の頃の想像力を失い、プーたちのことも忘れ、仕事一辺倒の人間になっていた。
 そんなある日、ロビンは業績不振にあえぐ会社からリストラの担当者に指名される。人件費を他の経費でまかなえればよし、さもなくば従業員の二割を減らさざるを得ない。ロビンは月曜の会議に間に合わせるため、週末の家族旅行をキャンセルし、改善提案書を作成することになるが、妻と娘は怒ったまま二人で旅行へ出発する。
 その頃、100エーカーの森では、プーがいつの間にか森から消え失せた仲間たちを探していた。そしてある大木の穴へ潜り込んだプーは、なぜかロンドンに現れ、ロビンと再会するのだが……。

 プーと大人になった僕

 この映画のテーマは非常にシンプル。
 人が人として幸せに生きるために、本当に大事なことは何なのか、プーはロビンだけでなく観る者すべてに問いかけてくれるのである。

 家族と仕事とどっちが大事なのか?
 生活するためには家族を犠牲にすることも必要なのか?
 将来を楽しくするために、いま本当にそんな苦しくていいのか?
 人生を豊かにするために働いているのに、なぜ実際には人生が豊かにならないのか?
 すべて人生は効率的、建設的である必要があるのか?
 なぜ君は君なのに、大人になったら変わったと思ってしまうのか?

 まあ、こういうのはみな嫌になるほど実感していることで、何が大切なのかも実はみなわかっている。それでも現実はそんなに簡単にはいかない。制作者も観客もみーんなわかっちゃいるのだが、それでもねえ。
 だからプーという存在があらためて教えてくれるのである。

 プーの無邪気な言葉の端々に含まれる真理。
 ロビンも実はわかっている。だから、かえってそれが癪に障り、だんだんイライラしてくる。でも、それでもプーやその仲間たちと接しているうちに、少しずつその頑なさ、諦めの境地みたいなものがほぐれてきて、本当の幸せに踏み出していく。
 いや、まったくもってお約束のストーリーなのだけれど、実に心に染みてくる。名台詞もバンバン出てきて、テーマ云々より、この映画こそが癒やしであり、実に素敵な時間を過ごすことができた。満足。

 なお、プーを知らない人のために補足しておくと、プーはクマではなく、あくまでクマのぬいぐるみである。そのリアルぬいぐるみの温かみや動きを再現しているCGも本作の見どころのひとつだろう。



| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2018 探偵小説三昧, All rights reserved.
ネット小説