FC2ブログ
ADMIN TITLE LIST
 ジョゼフィン・テイといえば『時の娘』で知られる英国の本格探偵作家だが、これまでに読んだ範囲では意外にオーソドックスな本格ものは少なく、本格をベースにしつつも設定やアプローチにけっこう趣向を凝らしているのが印象的である。まあ『時の娘』からして歴史物&安楽椅子探偵という、かなり特殊な作品だったわけだが。
 とにかくその趣向の面白さがテイの持ち味で、本日の読了本『美の秘密』でもその持ち味が十分発揮されていた。

 こんな話。女優マータの誘いで流行作家ラヴィナ・フィッチの出版記念パーティに参加したアラン・グラント警部。彼はそこで、ラヴィナの甥でBBCの解説者を務めるウォルターに会いにきたというアメリカ人写真家の青年シャールと知り合いになる。ラヴィナとシャールを引き合わせたグラントだったが、それを聞いたマータはシャールがトラブルの種になるのではと心配し、やがて、それが現実のものとなる……。

 美の秘密

 野球のピッチングは、小説や映画のレビューで喩えとして使われるれることがよくある。曰く「真っ向勝負のストレート」であれば、外連味のないオーソドックスな力作、曰く「キレのある変化球」であれば、トリッキーな趣向を凝らした作品などなど。
 そんなイメージでいくと、本作などさしずめ「つい見逃してしまう絶妙な変化球」ということができるだろう。豪速球でもなく鋭い変化球というわけでもない。これだったら打てるんじゃないかと打者(読者)に思わせつつ、最後のところで結局は手を出せないという著者ならではの騙しのテクニックである。

 シャールがラヴィナたちの暮らす村へやってきたことで、村には小さなさざ波が起こる。その中心となるのはウォルターとその許婚リッツ、そして二人の間に割って入るシャールの存在だ。本人たちは表面的には仲睦まじいが、周囲の者にとっては穏やかな状況ではない。また、シャールに反感をもつ村の芸術家たちも現れる。そんななかウォルターとシャールは取材旅行に出かけ、シャールが失踪するという事件が起きてしまう。
 ここまででボリュームの半分弱といったところで、果たして事件なのかどうかもわからないまま、グラント警部が駆り出され、シャールの死体を探す羽目になる。そもそもシャールは死んでいるのか、本当に殺人事件なのか、もし殺人ならやはりウォルターが犯人なのか、それともシャールを快く思わない村の芸術家たちなのか……この何ともいえぬ宙ぶらりんな展開。しかも事態がどう転んでも、正直それほど意外性はなさそうに思えるのだが……。
 ところが、いざ明かされるラストの真相は、かなり予想の斜め上をいくものだ。しかし、それまで積み上げてきた描写の巧さがあり、動機も含め、しっかり落ちるところに落ちているから腹も立たない。「つい見逃してしまう絶妙な変化球」なので、投手を(著者を)褒めるしかないのである。

 惜しむらくは翻訳のまずさ。1954年発行なので言葉の使い回しなどが古いのは致し方ないけれど、日本語として意味が通らなかったり、こなれていない部分もかなり多い。内容自体は十分に面白いので、これはぜひ新訳で文庫化していいのではないだろうか。


テーマ:推理小説・ミステリー - ジャンル:本・雑誌


 アンクル・アブナーの生みの親、M・D・ポーストの短編「胸の白薔薇」を読む。出典はグランド社が大正十四年に刊行した『探偵傑作集』。わずか二十ページほどの小品で、湘南探偵倶楽部さんが復刻したものだ。

 ある日の朝、マーシュという金貸しの富豪が自宅の屋敷で殺害された。死因は刃物による首への一撃。その日、銀行から引き出したはずの現金が盗まれていた。容疑は死体の発見者でもある、同じ屋敷で暮らす執事だった。執事の娘マリーは父親の無罪を信じるが、弁護士までが執事を見放す始末。
 そんなマリーが街中で呆然としているとき、彼女に話しかける一人の女性があいた。それは今、街で評判の美人女優ミス・ローランであった……。

 胸の白薔薇

 今だったら普通に警察の捜査でも十分解決しそうな事件だし、ちょっと強引な部分もあるのだが、時代やボリュームを考えるとさすがに内容云々をいってもしょうがない。むしろ、それ以外にいろいろ気になるところのある作品だ。
 たとえばポーストはアンクル・アブナー以外にも何人かシリーズ探偵を生み出しているけれど、本作に登場する女優探偵ミス・ローランは本作かぎりの登場なのだろうか。女優ならではの探偵方法というか、美人の売れっ子女優という立場を生かした捜査手段は良くも悪くも現代にも通じるもので、ちょっと気になる存在である。
 また、ポーストの作品にはヒューマニズムを常に感じることができるが、本作でもそれは変わらない。探偵役が裕福な階層というのは少し引っかかるけれども、社会的弱者に向ける著者の目は常に温かく、アメリカのもつ正義感がまだ真っ当な時代だったのだなぁと感じる次第である。

 なお、原作に関する書誌情報が、ネットで調べてもなかなか引っかからないのが残念。ご存知の方がいればぜひご教授を。

テーマ:推理小説・ミステリー - ジャンル:本・雑誌


 基本的に叢書やシリーズ本などはなるべく若い番号順で読むことにしているのだが、買った本をどんどん積んでいると、いつのまにか目当ての本がどこにあるかわからなくなり、いつしか読み忘れのままになってしまうことはよくある話。積ん読の悲劇である。
 本日の読了本、エラリー・クイーンの『ナポレオンの剃刀の冒険』も、やはり長らく埋もらせていた一冊で、先日、ようやく積ん読のなかから発見して読むことができた次第である。
 原書は2005年に刊行された『The Adventure of the Murdered Moths and Other Radio Mysteries』。邦訳版では本書と『死せる案山子の冒険』の二分冊という形で出版されている。

 ナポレオンの剃刀の冒険

 さて『ナポレオンの剃刀の冒険』だが、本書はクイーン父子が活躍するミステリ・ラジオドラマのシナリオ集だ。
 クイーンの聖典以外の作品はラジオやテレビのシナリオ集からノヴェライズ、名義貸しから代作、ダネイやリーの片方だけが参加したものなど、とにかくいろいろなものが存在する。ジャンルも本格にかぎらずスリラーからハードボイルド、ノンフィクションやジュヴナイルまで書かれ、出来もまさに玉石混交。ぶっちゃけクイーンの作品を読んでいるという実感には乏しいものが多かったのだけれど、本書は例外。
 なんせクイーンが直接シナリオを手がけたラジオドラマ「エラリー・クイーンの冒険」から優れたものだけを集めた傑作集である。しかも収録作が書かれた(放送された)のは1939年から1948年。国名シリーズがひと息ついて、ハリウッドものから後期のライツヴィルものへと移行した時期であり、まさにクイーンの成熟期といってもいい頃だ。そのクイーンがラジオドラマのために、あえて国名シリーズのスタイル、つまりパズル重視、ガチガチの本格で書き起こしたシナリオである。また、テイストも国名シリーズからハリウッドものにかけての雰囲気を打ち出し、クイーン警視はもちろん秘書のニッキー、ヴェリー部長刑事などレギュラー陣も総登場し、おまけに“読者への挑戦状”までが用意されている。
 視聴者は普段ミステリを読まない人も想定しているため、聖典ほどの複雑な謎はないけれど、この世界観でクイーンの活躍が新たに読めるだけで十分幸せ。これをつまらないといってはバチが当たるだろう。まあ個人的にはちょっとニッキーがうざいけれど(笑)。

The Adventure of Napoleon's Razor「ナポレオンの剃刀の冒険」
The Adventure of the Dark Cloud「〈暗雲(ダーク・クラウド)〉号の冒険」
The Adventure of the Bad Boy「悪を呼ぶ少年の冒険」
The Adventure of Mr. Short and Mr. Big「ショート氏とロング氏の冒険」
The Adventure of the Haunted Cave「呪われた洞窟の冒険」
The Adventure of Murdered Moths「殺された蛾の冒険」
The Adventure of the Black Secret「ブラック・シークレットの冒険」
The Case of the Three Macklins「三人マクリンの事件」

 収録作は以上。なにせ一時間もしくは三十分という短いドラマなので、先ほど書いたように複雑なものは少ないが、それでも一時間ものはどれも六十ページ余りあって満足度は高い。
 実は冒頭の「ナポレオンの剃刀の冒険」、「〈暗雲(ダーク・クラウド)〉号の冒険」がちょっとネタがわかりやすすぎるという感じだったので心配したのだが、『Yの悲劇』を連想させる「悪を呼ぶ少年の冒険」、ホームズの未解決事件を解き明かす「ショート氏とロング氏の冒険」、何は無くとも不可能犯罪「呪われた洞窟の冒険」で一気に持ち返す。そしておそらく本書中のベスト「ブラック・シークレットの冒険」とくるわけで、いやあ、久々に黄金時代の本格を堪能したという感じである。

 ちなみに本書の翻訳と解説はクイーン研究家として知られる飯城勇三氏が担当。収録作の解説と資料のボリュームが尋常ではなく、こちらもぜひ一緒に楽しんでほしいところである。


テーマ:推理小説・ミステリー - ジャンル:本・雑誌


 コロナや政治のニュース等々、現実があまりに辛気臭いので、小説ぐらいは楽しいものを読もうかなと思い、デイヴィッド・ゴードンの『用心棒』を手にとってみた。

 こんな話。ジョー・ブロディーはハーバード大学を中退、陸軍特殊部隊で活躍した経歴をもつ凄腕だが、同時にドストエフスキーを愛する心やさしき男でもある。しかし、わけあって今では幼馴染みのマフィアのボス・ジオが経営するストリップクラブの用心棒を務めていた。
 ある日のこと。クラブで結婚式を控えたアメフト選手が飲み過ぎで暴れ出し、ジョーは自分の四倍もの厚みのあるその大男を難なく片付ける。しかし、その直後にFBIがクラブを急襲、ジョーも逮捕されてしまう。
 一方、ジオは、FBIがストリップクラブを狙った理由を、テロリストの影響にあると考えていた。このままではFBIの厳戒体制によって商売もやりにくくなる。そこでジオは、ジョーを使ってテロリストを挙げようとするが、ジョーは留置場で再会した中国系マフィアの男からある儲け話を持ちかけられており……。

 用心棒

 これまで読んだデイヴィッド・ゴードンの作品は『二流小説家』『ミステリガール』の二冊だが、これらはいわゆる純文学と犯罪小説をミックスさせたような、かなり捻くれた作風だったが、本作はストレートな犯罪小説。犯罪者を主人公にしたピカレスクロマン、ケイパー小説の類である。
 知性と腕っ節を合わせ持つ主人公ジョーのキャラクターはかっこいいし、ストーリーのテンポもよい。非常に楽しくスイスイ読めるのは、さすがデイヴィッド・ゴードンの筆力といえるだろう。
 特にアクションシーンが凝っており、たとえば満員エレベーターの中での格闘など、なかなか他では見られないアイディアを盛り込んでいる。

 ただ、いってみればそれだけの小説なので、楽しく読めることは読めるのだが、『二流小説家』あたりを期待すると、少々拍子抜けすることも確かだろう。
 ジョーとヒロイン(なんと女泥棒とFBIのダブル!!)のロマンス、ジオとの関係などもまだ入り口といった感じだし、肝心の事件も二転三転するとはいえ基本構造はかなりシンプル。どれをとってもちょっと薄味な感は否めない。シリーズ化もあるようなので、まだ出し惜しみしている可能性もありそうだが。

 早川書房の公式サイトに掲載されている著者のインタビューによると、この一つ前の長編の内容が特殊すぎたせいか、出版社に売れなかったということなので、もしかするとその反動もあっての本作なのかもなぁ。
 ともあれ、さらに面白くなる余地はまだまだありそうなので、続刊が出たら一応読むつもりである。


テーマ:推理小説・ミステリー - ジャンル:本・雑誌


 昨日、勤め帰りに施川ユウキの『バーナード嬢曰く。』の5巻を購入し、帰りの電車で一気読みした。学校の図書館に集う本好き男女の読書アルアルをコミカルに描くギャグ漫画で相変わらずの面白さ。心にジンとくるエピソードもいいのだけれど、やはり本好きの下衆なところ、恥ずかしいところをピックアップするエピソードが堪らない。十年で五冊というスローペースだが、ぜひ末長く続けてもらいたいものである。

 久しぶりに本関係の漫画を読んだせいか、もうちょっとソレ系の漫画を読みたくなり、積ん読のなかから山田英生/編『ビブリオ漫画文庫』を引っ張り出す。中身はタイトルどおり本をネタにした漫画のアンソロジーで、これが滅法面白かった。
 ちなみに漫画を『探偵小説三昧』で取りあげるのは、もしかしたら初めてかもしれない。

 ビブリオ漫画文庫

Ⅰ 古書吟遊
山川直人「古本堂主人」
松本零士「古本屋古本堂」

Ⅱ 古本奇譚
水木しげる「古道具屋の怪」
おんちみどり「古本海岸」
諸星大二郎「古本地獄屋敷」/「栞と紙魚子」より
豊田徹也「古書月の屋買取行」

Ⅲ 本をめぐる奇人たち
楳図かずお「本」
湊谷夢吉「粗骨の果」
つげ忠男「古本詠歌」

Ⅳ 本の掌篇
Q.B.B.(作・久住昌之、画・久住卓也)「古本屋台」
いしいひさいち「文豪春秋」

Ⅴ 貸本屋とその周辺
西岸良平「キンタロウ文庫」/「三丁目の夕日」より
うらたじゅん「中之島の図書館で」
辰巳ヨシヒロ「古本・とんま堂主人」

Ⅴ 恋と古本
つげ義春「古本と少女」
南日れん「舞子」
近藤ようこ「夢」
山川直人「コートと青空」
    ※
永島慎二「ある道化師の一日」

 収録作は以上。本という共通項で縛ってはいるけれど、ロマンスやギャグ、幻想、ホラー、ミステリっぽいものまでバラエティに富んだ構成である。もちろんこちらが本好きなので、かなりの補正はかかってしまうけれど、正直どれをとっても面白い作品ばかりである。
 ここまで楽しめるとあまり優劣をつけたくはないが、強いていえば「古本地獄屋敷」とか「古本屋台」とか「古本と少女」が好み。ビブリオミステリを読んでいるときにはあまり感じたことはないが、ビブリオ漫画には、古本や貸本、昭和を感じさせるノスタルジックな世界観がよく似合う。
 とりあえずは堪能。もっと早く読めばよかった。


テーマ:マンガ - ジャンル:本・雑誌


 『大阪圭吉自筆資料集成』を読んだら、大阪圭吉の本格系作品を久しぶりに読みたくなって『甲賀三郎 大阪圭吉 ミステリー・レガシー』を手に取ってみた。
 「ミステリー・レガシー」はアンソロジーのシリーズ名というかサブタイトルというか、あまりはっきりしないのだが、要は関連性のある戦前探偵小説作家の作品をペアで紹介しようという試みである。刊行ペースはゆっくりしたものだが、2020年5月現在で一応四冊ほど出ており、本書はその二番目に出た作品集。
 甲賀三郎と大阪圭吉のつながりは、戦前に珍しい本格縛り、また、大阪のデビューにあたって甲賀がサポートしたという縁が元になっている。

 甲賀三郎大阪圭吉ミステリーレガシー

【甲賀三郎】
「琥珀のパイプ」
「歪んだ顔」
「随筆」探偵小説家の製作室から/探偵小説の将来/探偵小説界の現状

【大阪圭吉】
『死の快走船』
「序」江戸川乱歩
「大阪圭吉のユニクさ」甲賀三郎
「死の快走船」
「とむらい機関車」
「雪解」
「デパートの絞刑吏」
「気狂い機関車」
「なこうど名探偵」
「人喰い風呂」
「花束の虫」
「石掘幽霊」
「燈台鬼」
「巻末に」

 収録作は以上。甲賀三郎の「琥珀のパイプ」は比較的知られた作品だが、「歪んだ顔」は古書でないと入手できないレア作品で、おそらく本書の目玉作品といえるだろう。
 どちらも甲賀ならではの理系トリックを盛り込んだ本格作品で、ぶっちゃけ、いろいろと無理があって出来そのものは落ちるけれども(特に「歪んだ顔」)、どんでん返しの多さや趣向の面白さなどサービス精神に溢れていて、決して嫌いではない。

 一方の大阪圭吉パートは短編集『死の快走船』を丸ごと収録している。ただ、収録作はすべて創元推理文庫、国書刊行会、戎光祥出版のミステリ珍本全集等、過去の作品集で読むことができ、それらをすでに持っている人にとってはコスパは高くない。
 とはいえネットで見るかぎり、すでに品切れのものも多いようなので、初めて大阪作品を読もうという人にはありがたい一冊となるだろう。まあ、マニア諸氏にしても乱歩の序文や甲賀三郎の解説も含めた『死の快走船』完全版として読めるのは嬉しいところではないだろうか。
 中身については、以前に書いたものがあるのでそちらをご覧くだされ(『とむらい機関車』『銀座幽霊』『死の快走船』)。


テーマ:推理小説・ミステリー - ジャンル:本・雑誌


 ゴールデンウィーク最終日。新型コロナウイルス、延いてはテレワークの影響などもあって、仕事や読書や感想書きなどが混然一体となる非常に微妙なゴールデンウイークであった。といっても明日からもそれほど状況が変わるわけではないけれど。

 大阪圭吉自筆資料集成

 本日の読了本は盛林堂ミステリアス文庫から出た『大阪圭吉自筆資料集成』。
 『大阪圭吉 単行本未収録作品集』を刊行中の盛林堂・小野純一氏が、大阪圭吉の御子息が保存していた自筆資料をまとめた一冊である。自筆資料はすべて写真、しかもオールカラーで収録しており、それだけでページ数は256ページにも及ぶ。ネットで誰かが“大阪圭吉版の『奇譚』(乱歩の自筆ノートをまとめたもの)”と書いていたが、まさに正鵠を得た表現だ。
 これだけでも探偵小説の研究者らにはありがたいだろうが、さらに解説などが70ページ余つく親切仕様なのも嬉しい。管理人も書誌的なところはさっぱりなので、この解説も非常に価値のある部分である。
 ともかく戦前探偵小説のファンは必携。資料としても実に貴重な一冊。盛林堂さんの通販サイト「書肆盛林堂」ではまだ在庫があるようなので、気になった人はぜひ今のうちに。

テーマ:評論集 - ジャンル:本・雑誌


 有馬頼義の『殺すな』を読む。高山検事&笛木刑事コンビ三部作の掉尾を飾る作品。

 まずはストーリーから。笛木刑事は近所に住む顔見知りの植木屋・杉山のことが気になっていた。酒が弱いはずなのに朝から酒を飲み、しかもひと懐っこいはずの彼が自分を避ける素振りを見せたからだ。調べてみると杉山が出入りしている鹿村家の娘が一週間、幼稚園を休み、明日から幼稚園に復帰するという日曜の朝、杉村は鹿村に酒をご馳走になったことがわかる。
 そんなとき高山検事のもとに匿名の手紙が届いていた。そこには鹿村の娘が誘拐され、多額の身代金を払ったことが記されていた。高山は鹿村家の調査を笛木刑事に命じるが、同時にひとつ気になることがあった。この誘拐事件が連続するのではないかと考えたのだ……。

 殺すな

 高山検事と笛木刑事のシリーズ三作に共通するのは、何気ない出来事がきっかけで事件らしきものの存在が浮かび上がり、そこから調査の結果さらなる疑惑や謎が生まれ、その積み重ねで最終的に大きな事件の真相が明らかになるという構造だろう。
 本作では「酒の弱い植木屋が朝から酒を飲んでいる」というのが発端だし、『四万人の目撃者』では野球選手の試合中の死亡である。『リスとアメリカ人』では医師の失踪、発砲事件、ペストの発生という三つの大きな事件がのっけから出てくるのでちょっとパターンは異なるが、そのつながりを調べる妙がある。

 そういった発端の面白さ、そして高山たちがそこからどのように真相にたどり着いていくかが、本シリーズの読みどころであり、本格というよりは警察小説の楽しみに近いかもしれない。どんでん返しやトリッキーな面は強くなく、いたって地味な作風なのでどうしても損はしているだろうが、謎そのものはなかなか面白いところを突いている。
 たとえば本作は一応は誘拐ものなので、本来なら身代金受け渡しの手口が一番の見せ場となるところ。しかし著者はあまりそこに執着しない。むしろ鹿村家の誘拐を告発した人物は誰か、鹿村が誘拐の事実を認めないのはなぜかという、どちらかといえば事件の外殻から掘り起こしていくイメージ。
 また、第二の誘拐事件において、高山検事が過去に起こった誘拐事件で、脅迫状の届くタイミングと方法を調べるよう命じるところは興味深い。数あるミステリでもこういうアプローチはあまり記憶にないし、大ネタではないのだけれど、目のつけどころは実に上手い。
 地味な作風と書いたが、本作においては山場に油井の火事をもってくるなど、サスペンスの高め方も悪くはないだろう。

 本作でもうひとつ楽しみだったのは、高山検事と笛木刑事の関係性でありキャラクターだ。『四万人の目撃者』ではぶっちゃけステレオタイプ気味の高山検事だが、『リスとアメリカ人』では関係者に対する気持ちで悩める検事となり、本作では何かが吹っ切れたように正義と法の番人という姿勢を貫く。そのために笛木刑事との間で決定的な出来事が起こり、老年に差し掛かった笛木刑事の悲哀を醸し出す。
 もちろん高山検事が冷酷というのではなく、かといって人情たっぷりというわけではなく。仕事に対する矜持と人情との間で揺れ動く心の在りようというか。その結果、ハッピーエンドでもなくバッドエンドでもなく。このあたりのバランスが絶妙で、ミステリには珍しい、なんともいえない読後感であった。

 というわけで高山検事&笛木刑事の三部作、無事読了である。有馬頼義というとどうしても『四万人の目撃者』ばかり取り上げられるが、どうせ『四万人の目撃者』を読むのなら、これはぜひ三部作まで読み終えるべきだろう。いわゆる本格としての面白さからは離れるが一読の価値はある。


テーマ:推理小説・ミステリー - ジャンル:本・雑誌


 湘南探偵倶楽部さんの復刻本から妹尾アキ夫の短編『人肉の腸詰(ソーセイジ)』を読む。湘南探偵倶楽部さんの復刻本はレアな作品が多いので、もう大して確かめもせずに注文を入れているのだが、今回はちょっと失敗。調べたら「人肉の腸詰」を収録している本を、すでに論創ミステリ叢書『妹尾アキ夫探偵小説選』と春陽堂書店『創作探偵小説選集 第3輯』の二冊も持っているではないか。でも中身はほとんど忘れていたので、まあいいや(苦笑)。

 人肉の腸詰

 こんな話。悪党・楠田匡介は満州から帰国したものの妻・澄子のもとにも帰らず、カフェに陣取って新聞広告をむさぼり読んでいた。うまい金儲けの手がかりを探しているわけである。案の定、ある広告主の謎の待ち合わせのメッセージを見つけ、さっそく待ち合わせ相手に成りすましてでかけた楠田。そして広告主から、ある屋敷で曰く付きの手紙を盗んでほしいという依頼を受ける。ところがその屋敷で思いもかけない恐怖が楠田を待っていた……。

 本作は楠田匡介のペンネームの由来となった、『新青年』での六人の作家による競作連載『楠田匡介の悪党振り』のうちの一編。盗みを依頼されたはずが、実は……というパターンはよくある設定だけれど、その待ち受けている罠が、タイトルから予想されるようにカニバリズムという趣向。人肉加工についての蘊蓄も充実しており、悪趣味全開の怪奇小説である。
 この人肉加工に関するやりとりがけっこう効いていて、怖さを通り越してむしろ面白いのだけれど、それだけにラストのオチが余計である。そういう形でスマートにまとめたかったのだろうが、無理やり感がすごくて残念。

テーマ:推理小説・ミステリー - ジャンル:本・雑誌



| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2020 探偵小説三昧, All rights reserved.