fc2ブログ
探偵小説三昧

日々,探偵小説を読みまくり、その感想を書き散らかすブログ


Posted in 11 2020

泡坂妻夫『生者と死者 酩探偵ヨギ ガンジーの透視術』(新潮文庫)

 泡坂妻夫の『生者と死者 酩探偵ヨギ ガンジーの透視術』を読む。ヨーガと奇術の達人ヨギ ガンジーのシリーズ三作目、というよりは「消える短編小説」を実現した異色の作品といった方が通りはいいだろう。

 まあ、皆さまご存知とは思うが念のため仕掛けを説明しておくと、本書は袋とじのまま出版された本である。十六ページごとに袋とじになっており、そのまま読むと「消える短編小説」。しかし、読み終えた後に袋とじをすべて切り開くと、長編小説『生者と死者』となるのである。
 まあ、当たり前のことだが、先に袋とじを開くと短編は読めなくなるのでご注意を。事前に付箋でもつけておけば大丈夫だが、それも忘れたという人は、16-17ページ→32-33ページ……というように十六ページごとの見開きで読めば、一応読むことはできる。管理人はそういうのが面倒だったので、読み終えた後に短編用としてもう一冊買ってしまったけれど。

 生者と死者

 ガンジー一行は、ある弁当会社の社長から相談を受ける。社長によると、記憶喪失ながら超能力を持った女性がおり、その女性を雇ってほしいという依頼を受けたという。しかし、話そのものが胡散臭いので、ガンジーたちに超能力実験の立ち会いをしてほしいのだという…‥。

 以上は長編の方の導入だ。これまでのガンジーもの同様、ベースにあるのは超能力の真偽であり、そこに犯罪が絡んでくる。一方、短編はガンジーこそ登場しないものの、やはり超能力がネタになっている。
 誰もが読む前に想像するのは、長編は短編をボリュームアップさせたものだろうということだが、奇術師でもある著者がそんなことで満足するはずがない。驚くべきことにストーリーは全然別物であり、登場人物も同一ではなく(短編での名字が長編では名前になったり、性別も変えたり等々)、アナグラムですら別の解釈で見せる。いや、実にお見事。

 ただ、さすがにこの仕掛けのハードルは泡坂妻夫をもってしても少々高すぎたか、作品自体にいつもの面白さはない。超能力絡みのトリックもさすがにネタ切れっぽいし、長編についてはメイントリックもいまひとつ。また、短編はさらに完成度が低く、やはり短編と長編を両立させるだけで目一杯というところか。
 チャレンジ精神には文句なく拍手を送りたいれど、仕掛けはともかく全体としては『しあわせの書 迷探偵ヨギ ガンジーの心霊術』の出来には一歩及ばず、といったところか。


« »

11 2020
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
プロフィール

sugata

Author:sugata
ミステリならなんでも好物。特に翻訳ミステリと国内外問わずクラシック全般。
四半世紀勤めていた書籍・WEB等の制作会社を辞め、2021年よりフリーランスの編集者&ライターとしてぼちぼち活動中。

ツリーカテゴリー