ADMIN TITLE LIST
 終わったわけではないが、仕事が大山を越える。でも来週まではまだ息をつけそうもない。とりあえず徹夜はせずにすむか?

 さて、本日の読了本はイーデン・フィルポッツ『狼男卿の秘密』。これは「ドラキュラ叢書」の一冊なので、一応補足しておくとーー。
 今では探偵小説の古典復刻ブーム牽引役として知られる国書刊行会。だが、その前は幻想小説や怪奇小説、ゴシック・ロマンなどに力を注いでいたことも、ファンには有名なところだ。で、そのひとつに「ドラキュラ叢書」と呼ばれるものがあった。責任編集はなんと紀田順一郎&荒俣宏の豪華コンビ。長篇も含めたエンターテインメント系の怪奇小説叢書で、ラインナップは以下のとおり。

『黒魔団』デニス・ホイートリ
『ドラキュラの客』ブラム・ストーカー
『妖怪博士ジョン・サイレンス』アルジャノン・ブラックウッド
『星を駆ける者』ジャック・ロンドン
『ク・リトル・リトル神話集』H・P・ラヴクラフト他
『スカル・フェイス』ロバート・E・ハワード
『狼男卿の秘密』イーデン・フィルポッツ 
『幽霊狩人カーナッキ』W・H・ホジスン
『ジャンビー』H・S・ホワイトヘッド
『古代のアラン』H・R・ハガード 

 おおー、なかなかスゴいではないか。『妖怪博士ジョン・サイレンス』や『幽霊狩人カーナッキ』のように今では文庫で入手できるものもあるが、他はどうなんだろう? こっち方面には弱いんでわからないが、少なくとも今回の『狼男卿の秘密』はこれっきりで絶版。『赤毛のレドメイン家』『闇からの声』で有名なフィルポッツだが、オカルトものも書いてたのか、というわけで買い求めた一冊なのだ。ちょっと高くついたけど。

※以下ネタバレあり

 ストーリーはそれほど複雑ではない。親の跡を継いで広大なる領地を受け継いだ主人公ウィリアム・ウルフ卿。彼は婚約者や領地の管理人に迎え入れた親友、従兄弟、信頼する従僕などに囲まれ、幸せな日々を送っている。ところが屋敷に残る古書を偶然見つけたことから、その歯車が微妙に狂い出す。そのなかには彼が狼男の血をひく者であり、遠くない将来に破滅が訪れることが予言されていたのだ。元来、神秘主義に興味をもっていたウィリアムは、周囲の反対意見に耳を貸さず、その予言に傾き始める。次第に周囲との溝が深まってゆくなか、人狼伝説を裏付ける証しが白日の下に晒されてゆく……。

 物語の大半はフィナーレへ向けてゆったりと流れてゆく。主人公たちの暮らすストームベリイの景観、歴史、伝説そして人々の思惑、心理。これらが渾然一体となって、やがて訪れるであろうカタストロフィー(と思われる)に向けて、ゆったりと、だが確実に進んでゆくのだ。
 それらの描写がとにかく巧い。じわじわ染みこんでくるサスペンス。そこかしこに散りばめられた蘊蓄も好ましいレベル。登場人物たちの議論も、それぞれの立場で微妙にかき分けているし、ほんとフィルポッツってこんな巧かったんだ、という意外性がある。
 考えてみると、迫力ある心理戦が有名な『闇からの声』なども、そのような技術の賜といえるので、この時代の作家の教養はつくづく侮れないものがある。
 ところがところが。この作品にはとんでもない地雷が埋めてあったのだ。

 ページ数にして残り1/5を切ったところ。

 いきなり探偵の謎解きが始まりました(爆)。

 完全にホラー小説だと思って読んでいた私が悪いのか。しかし、ドラキュラ叢書っていうシリーズなんだし、物語も完全にそっち方向だし、まさか、これがミステリだとは夢にも思わなかった。
 いや、中盤で唐突に登場する従僕とか、その他もろもろ、少しひっかかるところもあるにはあった。オカルト的などんでん返しもありそうと、少なからず予想はしていた。ただ、まさかここまでとは。これって極端なこというと『幻の女』なのだ。まあ、本格というよりはサスペンスとしてのオチの付け方なので、これでアンフェアだとか言う野暮な人もいるまいと思うが、し、しかし、何というか。いや、別に犯人が意外だとかいうんじゃないんだけどね。「謎解きがある」、この事実にショックを受けてるだけで(笑)。
 あまりのショックにしばし呆然。ここまで驚いた小説も最近なかった気もするが、こういう驚き方はない方がいい。
 誰か他に読んだ人いないかな? 感想をぜひ聞いてみたいものだ。


テーマ:推理小説・ミステリー - ジャンル:本・雑誌



















管理者にだけ表示を許可する



| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2017 探偵小説三昧, All rights reserved.
ネット小説