ADMIN TITLE LIST
 昨日はフランスミステリのイメージを悪くした犯人は、ボワロ&ナルスジャックではないかと書いた。だからといって私もフランスミステリ嫌いかというとそんなことはない。むしろフランスミステリのファンであり、ボアナルの諸作品だっていつも楽しんで読んでいるのだ。本格というフィルターさえなければ、この作家は一級の作品を提供してくれる、偉大な実力の持ち主といって過言ではない。

 では、彼らの偉大さはどこにあるのか? まず心理描写の巧みなことがあげられるだろう。登場人物を絞り込み、ストーリーはシンプル、粗筋だけを聞かされると素っ気ない感じを受ける作品が多いが、その分は主要キャストの心の流れにたっぷりとあてられる。ときには対立する者の心理戦であったり、あるときは追われる側の恐怖感を煽ったり、さらには狙われる者の疑惑を駆り立てたり。描写は執拗に繰り返される。フーダニットでは突っ込んだ心理描写は御法度だが、彼らは全然本格じゃないんで、まったく問題なし(笑)。
 謎解き興味は薄くとも、オチはしっかり利かせてくれるのも偉いところだ。昨今の新本格のようにくどいぐらいのどんでん返しは一切なし。一発でパシッと小粋に決める。これがフランスミステリの良さでもある。なお、まれにストーリーやオチをこねくり回して自爆する作家、作品も少なくはないが、それはそれでフランスミステリの良さなので全然OK(笑)。

 さて、前置きが非常に長くなったが、そこでボワロ&ナルスジャックの『ひそむ罠』。結果から言うと、これも上記のポイントをしっかりと押さえた作品である。
 舞台はドイツ占領下にあるフランスの小さな町。主人公はどこにでもいる平凡で優柔不断な男。彼が心をよせる女性は、実はレジスタンス組織の支援者である。愛のためにレジスタンス組織に身を投じる主人公だが、彼は友人である対独協力者の暗殺を命じられる。しかもその友人は、彼が心をよせる女性の元夫であり、今では激しく憎み合う仇敵同士でもあった。板挟みにあう主人公は果たして……。
 一応殺人事件なども起こるが、見所はなんと言っても揺れる主人公の心情だ。愛と友情の間で苦しみ悩む姿がいい。女性との食事の場面、友人と酒を飲む場面、スパイの真似事をする主人公の姿。ひとつひとつが映画のワンシーンのようで、セリフのやりとりも味わいがある。なんせ登場人物が少ないので犯人はある程度読めてしまうが、それなりのオチも利いており◎。
 それこそ年末ベストテンなんかにゃ絶対入らないタイプの作家だが、うん、やっぱボワロ&ナルスジャックはよいぞ。

テーマ:推理小説・ミステリー - ジャンル:本・雑誌



















管理者にだけ表示を許可する



| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2017 探偵小説三昧, All rights reserved.
ネット小説