ADMIN TITLE LIST
 飲みが多いのと微妙な忙しさで、なかなか読書進まず。本日などは飲んで帰ってきたのはいいが、いつの間にかリビングで轟沈。早朝に目覚めて一風呂浴び、こうして日記を書いている始末である。ああ、今日は一日が長そうだ。

 ちなみに読書中のぶつはローレンス・ブロックの『すべては死にゆく』。ブロックはハードボイルドというジャンルにのめり込むきっかけを作ってくれた作家で、好きな作家を3人挙げろといわれたら、間違いなく入れるくらいファン。
 特にマット・スカダーものの『八百万の死にざま』を読んだときの衝撃は忘れられない。物語のバランスはいいとはいえないが、ブロックの人生観がみっしりと詰まった傑作である。ハードボイルドは好きだが、まだブロックは読んだことがない、という人はぜひ一読を勧めます。これが駄目ならもう読む必要はなし。もし気に入ったならシリーズの最初から読んでみてください。人はなぜ弱くなるのか、それをどうやって克服するのか、そもそも弱さとは克服しなければいけないものなのか。その答えがおぼろげながら浮かんでくるはずである。

 そんなブロックの新刊『快盗タナーは眠らない』が創元推理文庫から出た。ただ、これは最新作ではなく、もう四十年あまり前に書かれたもの。マット・スカダーも泥棒バーニイもまだこの世に誕生しておらず、ブロックがブレイクする以前の作品である。軽めのスパイ路線らしいが、それなりにシリーズ化されていることから、それほどつまらない代物でもないだろう。しかもどうやらシリーズ第二作も刊行予定があるようだ。
 また、早川からも近々ポケミスでバーニイものの最新作が出るらしく、うう、ファンとしては誠に慶賀の至り。こうなったらチップ・ハリスンものもどこかで出してくれないものか。

テーマ:推理小説・ミステリー - ジャンル:本・雑誌




| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2017 探偵小説三昧, All rights reserved.
ネット小説