ADMIN TITLE LIST
 先週の土曜日のことになるが、劇場で『ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団』を観てきた。小説としては、ハリーの精神的成長とそれに伴う葛藤などが前面に出た作品で、発売当時はそこに賛否両論あったように記憶する。なんせ悩むハリーが周囲に当たり散らしたり僻んだり、というような状況である。おまけにある重要な人物が死ぬというラストだから、ファンタジーで和みたい人にとっては、なかなかきつい物語ではあったに違いない。
 映画ではより広い客層を意識してのことか、そのあたりをだいぶソフトに抑えていて、それほどハリーの嫌な部分は出さずに構成されていたように思う。むしろ魔法省から派遣されたアンブリッジの個性を強く出すことで矛先をそらし、基本的には悩んだハリーが友人や仲間に支えられていることを再認識するという、某マンガ雑誌的なノリで無難にまとめている。要は誰が観ても安心して楽しめる作りである。

 ちなみに、個人的にこの映画で一番期待していたのは、終盤の敵味方入り交じっての魔法バトルのシーンだった。一対一というのはこれまでの作品にももちろんあったのだが、多対多、しかも魔法メインのバトルというのは、ハリポタに限らずありそうでなかったシーンである。
 残念ながら、時間も短く期待したほどではなかったのだけれど(苦笑)、最終作あたりではもっと洗練されたシーンが観られるよう期待したいところだ(そんなシーンがあればの話だけど)。





| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2017 探偵小説三昧, All rights reserved.
ネット小説