ADMIN TITLE LIST
 あれだけ暑かったのが嘘のようなこの一週間。暦も秋に移り、いよいよ読書の秋、なのか? まだ夏休みもしっかりとっていないのだが(苦笑)。


 本日の読了本はピーター・ラヴゼイの『漂う殺人鬼』。
 たくさんの海水浴客で賑わう浜辺で、一人の女性が絞殺されているのが発見された。周囲には多くの人がいたにもかかわらず目撃者は皆無。その大胆な手口に被害者の身元すらなかなか突き止められない始末だった。しかし警察の捜査で、女性がプロファイラーだったことが判明。彼女はある連続殺人の捜査に関係していたことが明らかとなるが……。

 ラヴゼイという作家は、実にそつのない作家である。人物造形、ストーリーの盛り上げ方、プロット、意外な結末などなど、ミステリにおよそ必要と思われる要素を、常に一定以上のレベルで満たしている。本作も現代ミステリのお手本のような作品で、メインのトリックとなる部分は必ずしも斬新なわけではないのだが、見事に新しい器に盛り替えている。

 ただし、本作はミステリとしては悪くないレベルなのだが、個人的にはかなり納得のいかない一冊なのである。その理由はふたつ。
 ひとつはプロファイラーがコンピュータに残していた手記の存在。日記でもない、仕事の記録でもない、正に手記である。仕事の記録とプライベートの日記、恋人との営みに至るまで、自分の日常から思考・感情の一切合切をまとめたものだ。そんなものを、ただのテキストファイルにしてパソコンに保存する人間など本当にいるか? それが仕事に関するメモ書きや日記なら全然かまわないのだが……。この不自然な、まるで私小説のような手記の存在がかなり引っかかって、最初は犯人の擬装かと思ったくらいだ。
 もうひとつ。やはり避けては通れないのが、前作で亡くなったピーター・ダイヤモンド警視の奥さん、ステフのことだ。本作では確かにその事件を引きずったピーターについての言及はあるが、これではあまりにも物足りない。正直、本作から作風もかなり変わるのではないかと予想していたぐらいなので、これは拍子抜けであった。別に文学にする必要などないけれど、単なるシリーズのアクセントとして前作があったのでは、ステフも浮かばれんぞ、ほんと。もしこのままシリーズが続くなら、作家としてのラヴゼイにちょっとガッカリである。


テーマ:推理小説・ミステリー - ジャンル:本・雑誌





Sphereさん

ひいいい! 前作読まずに『漂う殺人鬼』読んでるんですかぁ? 無茶しますねぇ。でも、それでもまったく問題なく、面白く読めてしまうのが、『漂う殺人鬼』という作品の一番の問題点だと思うわけです。
【2007/09/02 21:42】 URL | sugata #-[ 編集]

最近は古典だと「手記か?また手記なのか?」と疑ってしまうのですが、これは私もG&Sさんと同じく素直に読んでおりました。なんでだろう(^^; 単品として面白く読めたという点では、この作品は今のところラヴゼイのベストに入ります。
ステフの件については、まだ前作を読めてない(彼女が亡くなる覚悟ができていない)ので私の中ではなかったことになっております。いずれ読まなきゃと思うんですが・・でもこの作品ではダイヤモンド警視、まったく普通でしたよね。前より性格が丸くなって没個性になった気さえして、そこは「?」と思いました。マンネリ打開のために殺したわけではないと信じたいですが・・(;_;)
【2007/09/02 20:54】 URL | Sphere #AgXjGueg[ 編集]

G&Sさん

そう、手記はよく書けすぎているのが嘘くさいというか逆に鼻についてしまって……。
でも、まあ手記は好みもありますので、まだいいのですが、ステフの件は何だかなぁという感じですね。目先を変えるための身内殺しはさすがに読者をなめてるというか。とりあえず今後の動向に注目ですね。
【2007/09/01 23:22】 URL | sugata #-[ 編集]

おお、これ読まれましたか。しかし、例の"手記"、私はとてもよく書けてるな、と素直に楽しんで読んだのに、人それぞれですね(笑)
ステフについては「このミス」(だったかな)で、「シリーズもの作家は展開がマンネリ化すると身内を殺し出す法則」みたいなことが書かれていて、所詮それだけのことだったんでしょうか(泣)
【2007/09/01 21:21】 URL | G&S(少佐) #-[ 編集]















管理者にだけ表示を許可する



| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2017 探偵小説三昧, All rights reserved.
ネット小説