ADMIN TITLE LIST
 久々に芝居見物。串田和美演出による『ティンゲル・グリム』。公演場所が西巣鴨にある廃校だったり、開演前にロビーで紙芝居をやったり、なかなか趣向は面白い。テーマはタイトルどおりグリム童話で、森に暮らす家族がさまざまな昔話を紡いでいく、という物語。素材もテーマも好きだが、プレイヤーがお歳を召しているせいか、もうひとつ動きやパワーに欠けたのが残念。

 論創海外ミステリから、S・S・ヴァン・ダインの『ファイロ・ヴァンスの犯罪事件簿』を読む。今までかなり凄まじいラインナップを残してきたこの叢書の中でもとりわけの注目作。なんせあのヴァン・ダインである。ネームのビッグさではトップクラス。
 しかしヴァン・ダインの世界初にして唯一の短編集というふれこみの本書ではあるが、実は純粋な創作ではなく、タイトルどおりの犯罪実話集なのである。
 なるほど一応はファイロ・ヴァンスの語り、という体裁をとってはいるものの(なかにはファイロ・ヴァンスの影も形もない作品まであるが)ミステリとは呼べない内容ばかり。ファイロ・ヴァンスの蘊蓄や華麗な推理を期待してはいけないのはもちろん、時代が古いこともあって事件そのものの刺激も薄い。おまけに特別プロットや文章にも凝るところがなく、ただ判明している事実をだらだら流すだけなので、とにかく退屈してしまう。
 論創海外ミステリーを全作集めたい人か、ヴァン・ダインの著作をすべて読みたい人であれば、といったところか。


テーマ:推理小説・ミステリー - ジャンル:本・雑誌





難しいところですね。
私の場合、中学生の頃に出会ったヴァン・ダインやクイーンは、やはり他の作家とは異なる、ある種の思い入れがあるんですよね。ノンフィクション系といえども、少しはヴァン・ダインらしさを味わえたら、という淡い希望をもって読んだものですから、まあガッカリの度合いもなかなかのものでした(苦笑)。
残念ながら黄金期の本格の香りは一切感じられず、単なるミステリとしては厳しいですが、犯罪実話として評価する場合は、また別かもしれません。逆にそういう面からの感想も聞きたいので、ぜひよろしくお願いします。
【2007/10/07 18:32】 URL | sugata #-[ 編集]

ヴァン・ダインはあんまり好きじゃないんですが、犯罪実話が好きなので、買ってしまいました。まだ読んでないんですが、失敗だったかなあ。
以前創元から出たエラリイ・クイーンの実話ものが面白かったので、これももしかして、とちょっと期待してたんですが。
【2007/10/07 09:03】 URL | kazuou #-[ 編集]















管理者にだけ表示を許可する



| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2017 探偵小説三昧, All rights reserved.
ネット小説