fc2ブログ

探偵小説三昧

天気がいいから今日は探偵小説でも読もうーーある中年編集者が日々探偵小説を読みまくり、その感想を書き散らかすページ。

 

ジョン・コリア『ナツメグの味』(河出書房新社)

 ナツメグの味

 ジョン・コリアの『ナツメグの味』を読む。ジョン・コリアといえばいわゆる異色作家に分類される作家であり、リニューアルした早川書房の異色作家短編集『炎のなかの絵』でも、その魅力にとりつかれた人は多いはず。
 ただ、コリアの作品は好き嫌いが出るという話も聞く。他の異色作家とコリアを分ける特徴としては、ファンタジー色+ブラックな笑いであるため、後味の悪さを伴うことが多いのも確か。嫌われる原因はその辺りだろう。しかしながら多少の毒を消化するのは読者の務めであろうし、これぐらいでコリアを避けるのはもったいない話だ。

 本書は、そんなコリアの作品をまとめた充実の一冊であるわけだが、今回ちょっと面白いなと思ったのは、妙なオフビート感を備えた作品がいくつかあることだった。
 奇妙な味の作品というのは、だいたいが筋を予測しにくいものだが、それでも同タイプの作品を読むと、ある程度は先が見えてしまうことも少なくない。だがコリアの場合、物語の展開がまったく予想外に転ぶことがあり、そういう作品はオチの出来にかかわらず、なかなか読み応えがあった。
 例えば表題作の「ナツメグの味」にしてもリードの言動が怪しくなるところまでは予想できるのだが、最後の2ページの流れはなかなか読みにくい。「特別配達」は比較的ラストを予測しやすいものの、その過程はまさに奇想と呼ぶに相応しい。「宵待草」「悪魔に憑かれたアンジェラ」はそのオチそのものがシュールである。
 派手な仕掛けは他の作家に譲るとして、コリアならではのひねくれたジョークを堪能したい。そんな一冊である。
 最後に収録作。

The Touch of Nutmeg Makes It「ナツメグの味」
Special Delivery「特別配達」
Another American Tragedy「異説アメリカの悲劇」
Witch's Money「魔女の金」
Bird of Prey「猛禽」
Thus I Refute Beelzy「だから、ビールジーなんていないんだ」
Evening Primrose「宵待草」
Night! Youth! Paris! and the Moon!「夜だ!青春だ!パリだ!見ろ、月も出てる!」
Are You too Late or Was I too Early?「遅すぎた来訪」
The Lady on the Grey「葦毛の馬の美女」
The Bottle Party「壜詰めパーティ」
Rope Enough「頼みの綱」
Possession of Angela Bradshaw「悪魔に憑かれたアンジェラ」
Halfway to Hell「地獄行き途中下車」
The Devil, George, and Rosie「魔王とジョージとロージー」
Softly Walks the Beetle「ひめやかに甲虫は歩む」
Man Overboard「船から落ちた男」

関連記事

Comments

Body
プロフィール

sugata

Author:sugata
ミステリならなんでも好物。特に翻訳ミステリと国内外問わずクラシック全般。
四半世紀勤めていた書籍・WEB等の制作会社を辞め、2021年よりフリーランスの編集者&ライターとしてぼちぼち活動中。

ツリーカテゴリー