ADMIN TITLE LIST
 ハリウッドのSFX映画、とりわけアメコミをベースにしたものなどを観ていると、つくづくバカだなぁと思いながらもついつい楽しんでしまうわけだが(笑)、なかでも『ファンタスティック・フォー』などはとりわけバカ映画である。先日もシリーズ第二作『ファンタスティック・フォー 銀河の危機』をレンタルして観たのだが、ああ、やっぱり予想どおり。
 他のアメコミ以上に笑いを優先しているせいもあって、最初から最後まで冗談みたいな作りではあるのだが、それでもうっかり期待してしまうこちらもバカである。
 とにかく一番バカなのは、敵の設定がむちゃくちゃすぎることだろう。とりあえずはT-1000(ターミネーター2に出たやつね)のサーファーもどきが最初の敵になるわけで、その敵の造形・設定だけでも十分間抜けなところに加え、この敵以外にもより強力なボス敵まで控えていて、そのボス敵というのがブラックホールみたいなやつ。しかもこのブラックホールというのが例えでも何でもなく、ほんとにブラックホールそのものなのだから始末に負えない。なんせ地球よりでかいんだから(笑)。この二人の主従関係がどういうふうに成り立っているのか、そこのところを関係者にぜひとも聞いてみたいものである。問題はそんな強大な敵をどうやって倒すのか、である。ここがクライマックスでの最大の興味となるわけだが、この映画のスタッフはそういう観点にはさらさら興味がなかったらしく、恐ろしいほど平然とこの難問をクリアしてしまう。声を大にして、ふざけるな、といいたい。
 基本的に、映画に関してはかなり評価が甘くなるのだが、さすがにこれはダメだわ(笑)。






おおお、「関係者にぜひとも聞いてみたいものである。」なんてことを書いたら、さっそく解説してくれる方が現れました。

any0neさん

はじめまして。拙ブログへようこそ。
ギャラクタスの解説ありがとうございます。そういうことだったんですね。ちょっと納得です。
それにしても、こういう設定は原作を読んでいる人なら常識なのかもしれませんが、やはりラスボスですし(笑)、もう少し親切な映像で見せてくれてもよかったのに、と思います。
ところでシルバーサーファーの主演映画も可能性があるんですね。ううむ、『スコーピオンキング』以来の衝撃かもしれません(笑)。
【2008/04/11 04:42】 URL | sugata #-[ 編集]

はじめまして。いつも読ませていただいてます。このサイトでアメコミの話が出て驚きました。
アメコミ映画は、登場キャラクターをよく知っているアメリカ人を前提に作られているので、日本人にはわかりにくいところがあります。
雲みたいなブラックホールみいたなものは一種の宇宙船で、中にウルトラマンサイズの巨人ギャラクタスが乗っているのです。(最後にちらっとシルエットが映ります)
シルバーサーファーとギャラクタスの関係は、確実に将来作られるであろうサーファー主演映画で、語られると思いますよ。
【2008/04/10 03:37】 URL | any0ne #-[ 編集]















管理者にだけ表示を許可する



| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2017 探偵小説三昧, All rights reserved.
ネット小説