ADMIN TITLE LIST
 仕事で気が重いことが多すぎるため、軽いほのぼのとしたものを、ということでクリスチアナ・ブランドの『マチルダばあや、ロンドンへ行く』を読む。
 著者はもちろん英国の女流本格作家クリスチアナ・ブランドだが、これはミステリではなく児童書。いたずら小僧を懲らしめるマチルダばあや・シリーズの第二作である。

 マチルダばあや、ロンドンへ行く

 舞台をロンドンに移しただけで、基本的な登場人物や設定は前作『マチルダばあやといたずらきょうだい』をほぼ踏襲。「いたずらばっかりしていると……」という、ど真ん中すぎる説教臭がちょっとアレだが、いたずらにしても懲らしめ方にしても、いちいち極端というか過激であり、そこが子供のみならず大人の読者をも惹きつける部分でもある。
 これでもう少しストーリー性が高ければよいのだが、エピソードの積み重ねに終始する展開は、二作続けられると少々物足りない。あくまでブランドのちょっとスパイシーな筆づかいを楽しむぐらいの感覚で読むのが吉かと。


テーマ:児童書 - ジャンル:本・雑誌



















管理者にだけ表示を許可する



| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2017 探偵小説三昧, All rights reserved.
ネット小説