ADMIN TITLE LIST
 ずいぶん更新をさぼってしまった。実はハリポタ以降、本をほとんど読めていないのが大きな理由である。
 本を読めない理由もいろいろあるのだが、まあ仕事が忙しいのとストレスであまり本を読む気にならなかったのが一番大きいか。一応は三日ほど夏休みもとったりしてみたのだが、結局自宅に仕事を持ちかえって二日ほど潰れてしまったり。我ながら何をやっているのやら。

 そうこうしているうちにオリンピックも始まって、スポーツ観戦好きの自分としてはこれはもうたまらないわけで、これでまた本が読めなくなる。
 野球やサッカーはもちろん柔道も体操も水泳も楽しい。日本人の活躍はそりゃ気にはなるけれど、それより競技そのものの面白さ。そして人間がここまで出来てしまうのかという驚き。まあ普段は世界レベルの大会でもやっていないかぎり、体操とかは観ないけれども、たまに観るからよけい驚くわけである。今回、たまたまテレビで中国の選手の床を見たのだが、それがおっそろしいほどの動きをバンバンやっていてとにかく仰天する。さすがは体操王国、中国。やはり中国だけはレベルが違うなんて思っていたら、続く日本人選手がそれとほとんど変わらない動きをちゃんとやってのけてくれて、二度ビックリ。この技術はすでにデフォルトなのか? 床の世界標準はもうここまできているのか? 観ているこっちも思わずのけぞる凄さである。
 開会式だって見逃せない。特に今回の中国の気合いの入れ方は尋常ではなかった。開会式にここまで国の威信をかけている国が果たして他にあろうか。セレモニーの過剰な演出等は、そもそもオリンピックの商業化による影響が大きかったと思うが、そんな商業化の影響などなくとも、ここまでいてこます国があるわけである。しかも北京の市街地までをも舞台にする壮大なスケール、大人数による一糸乱れぬ動きなど、演出も悪くない。下手な欧米諸国の自己満足的アート表現の開会式がかすむぐらい見事だ。しかも力業だけではない。参加国の入場順を、漢字表記した際の頭文字の画数の少ない順でいくというのは、アイディアとして巧すぎる。中国語での国名の漢字表記が日本と微妙に違うのも見どころである。
 ただ、数々の見どころはあれども、もっとも感心したのは、その一部が「偽装」だったことか(笑)。
 あの巨人の足跡の花火がCGだったり、女の子の歌が別人による口パクだったり。ニュースで知ったときは呆れるというより、思わず吹いてしまった。しかも中国が自ら誇らしげに発表というのはいかがなものか。あの感動を見事に打ち消す必要がいったいどこに(笑)。これを徹底した用意周到さと見る人もいよう。ただ個人的にはさすがにこれはない。まあ、この無粋さが中国らしいといえば中国らしいんだよなぁ(苦笑)。

 ずいぶん横道に逸れてしまった。話を戻そう。そう、本を読めなかった言い訳である。
 実はもうひとつの理由としては『ドラゴンクエストV』に嵌っていたことか(爆)。『ドラクエV』はシリーズ中でも一番好きな作品なのだが、DSに移植されたというので久々に買って遊んでみたのだが、これがまあ面白いこと。ハリポタ以降は、電車での読書時間がそのままこれにとられてしまい、今ではクリア後のやりこみプレイ中である(爆)。

 というわけで夏休みの読書感想文はいましばらく待ってくだされ。

テーマ:日記 - ジャンル:日記





涼さん

いえいえ、プレッシャーなどとんでもない。こうして読んでいただける人がいるというのが何よりの薬です。早く調子を取り戻したいとは思っておりますので、いましばらくご辛抱を。


Sphereさん

ううむ、ドラクエVにそのような想い出があるとは、これまた深いですね。
ちなみに私が気に入っているのは、コレクション的に遊べるところですかね。名産品とか仲間モンスターとか。ちくちく集めたりレベルを上げたりするのが好きな性分で(笑)。ミステリ蒐集と根っこは同じです。
ただ、ゲームについては、大きな声では言えませんが、いろいろと仕事絡みのところもございまして……。気になるようでしたらメールでお教えしますけれど(苦笑)。
【2008/08/15 00:22】 URL | sugata #8Y4d93Uo[ 編集]

ドラクエ5はスーファミでやりましたが、大変思い出深い作品です・・当時、新入社員だったワタクシは会社って男女平等じゃないなぁというようなことに憤っていたのですが、これをプレイして「私が経営者でも女の育成には金も手間ひまもかけたくないわ」と身にしみて実感したので肩の力がちょっと抜けました(^^;
もうストーリーのその部分の記憶しかないんですけどね。やりこむとそんなに面白いですか。
今はDSのファイナルファンタジー4を買ったとこなので、その後でドラクエも再挑戦してみようかな・・
【2008/08/14 20:59】 URL | Sphere #-[ 編集]

こんばんは。

はい、気長にお待ちします。次は何を書いて下さるか、楽しみです(と、軽くプレッシャー? になったらすみません)。こちらは、ボチボチとブログを再開しております。
【2008/08/14 00:58】 URL | #LkZag.iM[ 編集]















管理者にだけ表示を許可する



| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2017 探偵小説三昧, All rights reserved.
ネット小説