ADMIN TITLE LIST
 スコット・スミスの『ルインズ 廃墟の奥へ』をとりあえず上巻まで読了。あの傑作『シンプル・プラン』で一世を風靡した著者が十三年ぶりに書いたという第二作だから、こりゃ期待するなって方が無理なんだが、例によってスティーヴン・キングの推薦文が逆に不安を煽るのはお約束(苦笑)。

 ルインズ(上)

 物語の幕開けはメキシコ。観光にやってきたアメリカ人のカップル×2組が、行方不明の弟を捜すためにやってきたドイツ人と知り合い、おまけにたまたま仲良くなったギリシャ人まで巻き込んで、行方不明のドイツ人の弟を探す度に出発する。だが向かう先はなんとジャングルの奥地。そこで彼らを待っていたものは……というお話。

 まだ上巻しか読んでいないので詳しい感想は避けるが、心理サスペンスとして凄まじい緊張感を備えていた『シンプル・プラン』に比べ、全体に少々締まりがないように感じる。徹底的に書き込む姿勢は感じるが、うまく消化し切れていないというか。ホラー系ながら感情移入しにくいキャラクターもちょっともったいない感じである。
 ま、こう書いているとえらく否定的になってしまうが、なんせ『シンプル・プラン』の著者だから、まだまだ予断は許さない。詳しくは下巻読了時に。


テーマ:推理小説・ミステリー - ジャンル:本・雑誌




| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2017 探偵小説三昧, All rights reserved.
ネット小説