ADMIN TITLE LIST
 今年も神田古本まつりの季節。週明けの月曜日からスタートだが、どうやら天気も回復傾向にあるようで関係者も一安心ではないだろうか。最近は古本に対する情熱も落ちてきているのだが、まあ職場が神保町の真っ只中にあることだし、少しはのぞいてみたいものだ。

 DVDで『ジャンパー』を視聴。原作はスティーヴン・グールドの同題小説で、テレポート能力を持った「ジャンパー」たちとそれを追う組織の戦いを描くといった物語。
 監督は『ボーン・アイデンティティー』等で知られるダグ・リーマン、主役はヘイデン・クリステンセン(スター・ウォーズで若きダース・ベイダーを演った人ですね)と、まずまず豪華な布陣ではあるので多少は期待したのだが、いや、これは駄目だわ。
 とにかく作り込みが浅すぎて、ここまで内容が乏しい映画も最近では珍しいのではないか。確かにドラマ性を期待するような映画ではないのだが、それでも最低限、人に語れるだけの話にはしてほしい。しかもそれができるだけの素材はふんだんに盛り込んでいるのに、それらをまったく使っていないのが逆に凄すぎる。あらすじだけ観せられている感じといったら言い過ぎか。見せ場であるテレポート・アクションもそこそこのレベルでハッとするほどの面白みはなし。
 以前に『ファンタスティック・フォー 銀河の危機』を観たときも、けっこう厳しいことを書いたのだが、まだあちらの方が馬鹿馬鹿しい分、逆に楽しめるか。とりあえず今年の個人的ワースト映画は、『ジャンパー』で決まりである。たぶん。





| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2017 探偵小説三昧, All rights reserved.
ネット小説