ADMIN TITLE LIST
 『横浜ミステリー傑作選』を読む。河出文庫のミステリー紀行シリーズからの一冊。

三好徹「天使の葬列」
長部日出雄「蓬莱山に消えた…」
阿刀田高「心の旅路」
生島治郎「死はひそやかに歩く」
大沢在昌「感傷の街角」
日影丈吉「赤い輪」
津村秀介「混血孤児」
斎藤栄「三人のミス・ミナト」

 横浜ミステリー傑作選

 収録作としては本格系が少なめで、ハードボイルドや犯罪小説の類が大半を占める。そういう意味ではバランスの悪さがちと気になるアンソロジーなのだが、華やかな港町の裏の顔を扱いたくなる作家の気持ち(本書の場合は編者か)はわかるし、結果、叙情やムードで押す作品が多く採られたのは致し方ないのかもしれない。
 個人的には、ポーの「盗まれた手紙」パターンと思わせておいて意外な展開にもっていく斎藤栄の「三人のミス・ミナト」が楽しめたほか、初めて読んだ長部日出雄の「蓬莱山に消えた…」の馬鹿馬鹿しさが印象に残る。また、若き日の大沢在昌が書いた「感傷の街角」はまだ無理してる感が強くて、ある意味微笑ましく読めた(笑)。

 ちなみにこのシリーズを読むときにいつも気になるのが、テーマとなる御当地の活かし方。できれば、その地でなければならない必然性がほしいのだが、残念ながら本書での作品はどれもそこまでの要求には応えてくれていないようだ。ただし、物語の雰囲気作りという点では達者な作品が多く、ミステリとしては物足りないけれど、全体的にはけっこう楽しく読めた短編集だった。


テーマ:推理小説・ミステリー - ジャンル:本・雑誌




| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2017 探偵小説三昧, All rights reserved.
ネット小説