FC2ブログ
ADMIN TITLE LIST
 『宮野村子探偵小説選II』読了。
 先月読んだ『宮野村子探偵小説選I』と同様、実に味わい深くスリリングな一冊。玉石混淆の感が強い「論創ミステリ叢書」なれど、『宮野村子探偵小説選』の二冊は間違いなくトップレベルである。
 戦後の女流探偵小説家を挙げるとき、仁木悦子はまず外せないところだと思うが、宮野村子はその実力を考えると二番手に挙げられる資格を十分に備えている。仁木を陽とすれば宮野はまさしく陰。確かにトリック等に関してはめぼしい成果を上げていないものの、この息苦しいまでの心理描写を基調とした犯罪劇の数々は、余人を持って代え難い。
 作品のほとんどがこれまで読めなかったという事実にはただただ驚くしかなく、宮野村子は普通に文庫化されて普通に読まれるべき作家であると断言する。

 男女の関係や血の絆など、多少の変化はあるものの、宮野村子の作品のテーマは基本的に人間の愛憎である。彼女はそのテーマに沿って作品内で執拗にそれを繰り返し語り、何層にも塗り固めてゆく。一行一行の描写が濃密で、なんてことを『~I』の感想でも書いたのだが、とにかく読者を洗脳するかのごとく、呪文のように繰り返し語るのである。
 本書の作品のうち、「令嬢殺人事件」から「銀杏屋敷の秘密」までの五作は短編集『紫苑屋敷の謎』を丸まる収録したものだが、これは十年間の作品から著者自らセレクトしたものというだけあって、とりわけ強烈。正直、イッキ読みはおすすめできないし、お子様は避けた方が無難だろう。一作読み終える度に相当のダメージを覚悟すべきで、ラストでどんな結末が待っていようとも、読み手は主人公と共に、それを定められた運命のごとく受け入れるしかないのである。

 宮野村子探偵小説選II

<創作篇>
「令嬢殺人事件」
「いたずら小僧」
「紫苑屋敷の謎」
「夢の中の顔」
「銀杏屋敷の秘密」
--------------------
「考へる蛇」
「猫と鏡」
「愛憎の倫理」
「ナフタリン」
「神の裁き」
「相剋の図絵」
「悪魔の魂」
「ヘリオトロープ」
「二冊のノート」
「悪魔の瞳」
「廃園の扉」
「手紙」
「愛憎の果て」
--------------------
<随筆篇>
「アンケート」
「孫の言葉」
「姉女房」
「ひとりごと」
「私より長生きを」
「某月某日」

 論創社さん、次は長篇の方をぜひ!


テーマ:推理小説・ミステリー - ジャンル:本・雑誌





くさのまさん

式貴士ファンが作った同人誌『死人妻』ですか。存在は知っていますが、若干興味の範囲外だったので、購入はスルーしてましたね。まさか宮野村子についての文章が載っていたとは。いま調べてみると別冊宝石に掲載されていたものなんですね。そのうち何とかしなければ。

>管理人様は『血』は所有されておられるのでしょうか

いやいや、もちろん未所持です。古書に関しては浅い人間なので(笑)。論創でも珍本でもどこでもいいから復刊してほしいですね。例の未発表原稿でも『伝説の里』でもなんでもウエルカムです。
【2015/08/16 16:21】 URL | sugata #8Y4d93Uo[ 編集]

 短編を一つ、二つ読む度に何か一冊以上挟むので、えらく時間がかかってしまいましたが漸く読了です。
 『令嬢殺人事件』『いたずら小僧』『廃園の扉』あたりが特に印象深いのですが、『猫と鏡』『ナフタリン』の軽みも捨て難いものがあります。
 なんにせよ、実に読み応えのある一冊でした。
 因みに、解題に登場する、間羊太郎の文章はお読みでしょうか? 式貴士ファンの方が纏められた『死人妻』という同人の本に掲載されていて、ごく短いものですが、宮野村子好きならこれだけの為に持っている価値があるかと思います。
 しかし未発表の原稿、読んでみたいですね~。これと『血』という長編が非常に気になっております(ひょっとしたら、管理人様は『血』は所有されておられるのでしょうか)。
【2015/08/16 04:22】 URL | くさのま #-[ 編集]

黒田さん

>宮野氏の未発表長編は「もしかしたら」と、一応の手応え(?)はあります。

おおおおお! それは凄いじゃないですか!

>もちろん、これ一編で一冊とはいきませんが。

もちろんです。他の作品もどーんと載せていきましょう。

>パズル系の好きな方が驚くような殺人トリックはありませんが、一つの中編作品として読み応えがあり、親子や一組の男女を巡る複雑な心の葛藤も細々と描き込まれているので〜

望むところです。そうでなくては宮野村子ではありません。もう私の脳裏には、すでに心中未遂の男の末路が浮かんでいるぐらいです!
ぜひぜひがんばって出版にこぎつけて下さい。期待しております!
【2012/07/25 00:17】 URL | sugata #8Y4d93Uo[ 編集]

 場違いな再版情報へもレスポンスを頂き、どうもありがとうございます。
 おかげ様で横溝正史本は売れ行きが良いらしく(ただ、第3巻のみ今一つの売れ行きですが)、第1巻の在庫問い合わせが今も多いとの事。
 当時、買い逃した横溝ファンが安価で『横溝正史探偵小説選Ⅰ』を手にできるようになり、一ファンとして嬉しい限りです。

 宮野氏の未発表長編は「もしかしたら」と、一応の手応え(?)はあります。
 もちろん、これ一編で一冊とはいきませんが。
 パズル系の好きな方が驚くような殺人トリックはありませんが、一つの中編作品として読み応えがあり、親子や一組の男女を巡る複雑な心の葛藤も細々と描き込まれているので、未発表という点を除いても読める内容ではありました。
【2012/07/24 09:46】 URL | 黒田 #YJgFmlxQ[ 編集]

黒田さん

>宮野村子ですが、近年、未発表作品が見つかりました(原稿用紙200枚程度の分量で、一編の物語として完結しています)。

うわわ、それはまた何というニュース。しかも内容もこれまたディープな感じで。
ぜひとも読んでみたいものですが、一作では単行本とか厳しそうですね。そもそもそんな奇特な出版社があるはずもなし。せめて雑誌掲載とかは無理なんでしょうか? いや、生原稿のコピーでもOKです(笑)。

>余談になりますが、過去に貴ブログへ書き込みをさせて頂いた『横溝正史探偵小説選Ⅰ』の増刷ですが、今夏の再版が決定しました。

あ、これも良いニュースですね。相変わらずアマゾンではふざけた値がついていますから。
【2012/07/24 00:02】 URL | sugata #8Y4d93Uo[ 編集]

 宮野村子ですが、近年、未発表作品が見つかりました(原稿用紙200枚程度の分量で、一編の物語として完結しています)。
 無理心中に失敗して愛する女性を殺してしまったと思い込んだ青年と、彼を助けようとする旧知の弁護士が主役です。
 本格物ではありませんが、宮野氏らしい人間の心理描写が細かく描かれた中編でした。

 余談になりますが、過去に貴ブログへ書き込みをさせて頂いた『横溝正史探偵小説選Ⅰ』の増刷ですが、今夏の再版が決定しました。
 第2巻と併せ、早ければ8月下旬に出るようです。
【2012/07/23 20:25】 URL | 黒田 #YJgFmlxQ[ 編集]

まゆきさん

どういたしまして。あらためて復活おめでとうございます。
宮野村子もぜひ楽しんで下さい。まあ、あまり「楽しい」というような物語ではないのですが(笑)。でも読み応えはむちゃくちゃありますよ。
【2010/01/23 02:02】 URL | sugata #8Y4d93Uo[ 編集]

おはようございます、先日は拙ブログにコメントをありがとうございました!こちらで宮野村子小説選が出たと知って購入の機会をうかがっていましたが、先日思い切って一気に買いました~。おこづかいなくなっちゃいました(笑)。アンソロでしか読んだことがなかった村子作品、もう楽しみで楽しみでなりません!しばらく本棚に飾って「読む楽しみ」を楽しむ予定です。いつも貴重な情報をありがとうございます!Twitterも面白く拝見しています、お仕事がんばってくださいね。
【2010/01/22 07:54】 URL | まゆき #iydQorAY[ 編集]

黒田さん

「令嬢殺人事件」いいですよね。謎、という部分では消化不良気味ですが、宮野の思い描く男女の在り方のひとつの形が、例によってしつこく描かれて堪能できました。
続く「いたずら小僧」もまるで仁木悦子作品のような設定だなと思いながら読み始めたのですが、いやいや、子供を中心に据えながら、こうまで後味悪い作品にまとめるところが宮野村子です。
この頭の二短編だけで長篇一本読んだぐらい疲れましたから、つくづく濃い作風です。おまけに例の「一人殺すのに千枚書いてもかまわないと思う」発言ですから、明らかにベクトルが普通の作家らと異なってますよね。怖い作家です。
【2009/05/10 11:07】 URL | sugata #8Y4d93Uo[ 編集]

 巻頭の「令嬢殺人事件」は、まさに人間心理の奥底に踏み込んだ世界を描いた作品でした。
 著者自身の「一人殺すのに千枚書いてもかまわないと思う」との発言、大坪砂男氏の「あなたは犯罪型だから」との発言と併せ、「イッキ読みはおすすめできないし、お子様は避けた方が無難」と言う感想は的を射ていると思います。

 以前の書込みに関する事で恐縮ですが、橋本五郎氏の第二長編は、連作「殺人迷路」では無く、一人で書いた作品です。
 いずれ、機会があれば書誌的なデーターを公開したいのですが、現時点では当てがありません……。
【2009/05/09 21:34】 URL | 黒田 #OQJWmpuQ[ 編集]

ポール・ブリッツさん

『能面殺人事件』はいいですね。高木彬光もいずれ旧角川文庫全冊読破にチャレンジしたい作家です。
なお「鯉沼家の悲劇」は『宮野村子探偵小説選I』に入っております。高木彬光と違って基本的には変格の部類ですし、トリックとかはまったく期待してはいけませんが、とにかく語りが魅力です。ぜひお試し下さい。
【2009/05/09 06:17】 URL | sugata #8Y4d93Uo[ 編集]

今日は、宮野氏と探偵作家クラブ賞を争って賞を勝ち取った、高木彬光先生の「能面殺人事件」を読んでました。
野心的で実験精神溢れる作品で、探偵作家クラブ賞にふさわしい作品だと思いましたが、sugataさんがそこまで評価なされる作家となれば、俄然「鯉沼家の悲劇」も読みたくなってきました。
今から光文社文庫版を手に入れることは難しそうなので、論創に期待したいですね。解題つきで……。
【2009/05/08 17:03】 URL | ポール・ブリッツ #0MyT0dLg[ 編集]















管理者にだけ表示を許可する



| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2020 探偵小説三昧, All rights reserved.