FC2ブログ
ADMIN TITLE LIST
 パーシヴァル・ワイルドの『検死審問ふたたび』を読む。言うまでもなく前作『検死審問 ―インクエスト―』の続編である。

 舞台はニューイングランドの田舎町トーントン。売れっ子作家ティンズリーが、執筆にもってこいの静かな環境ということで移り住んできたものの、ある夜、自宅の火事によって焼死してしまう。さっそく検死審問が行われることになり、おなじみリー・スローカム検死官の登場とあいなった。ところが陪審長は、教養があり正義感も強いが、口やかましく冗談の通じないイングリス氏。スローカム検死官との審問は混迷や脱線をはらみつつ……。

 検死審問ふたたび

 ほぼ全編が検死審問でのやりとりや証言で構成されるというスタイルは前作同様。
 もうひとつの大きな特徴であるユーモアも、健在どころか、むしろパワーアップしていると言えるだろう。特に陪審長イングリスをメインの語り手に据え、注釈までイングリスに書かせる趣向は楽しい。しかもそのイングリスのツッコミが、適切どころか実はかなりズレていたりするので、ワイルドも質が悪い(笑)。ブラックユーモアとまではいかないけれど、とにかく非常にクセのあるギャグであることは確か。しかも、この人のユーモアは謎のカモフラージュという性質も備えているので、決して油断できないのである。
 だから単にユーモアミステリという形容では、本書の性格を十分に伝えることにはならない。ユーモアが本格を構成する一要素として機能している。そこが本シリーズの肝であり、同時に魅力でもあるわけだ。
 ただ残念ながらメインの仕掛けは前作並とはいかない。巧くまとめてはいるが、与えられる材料が少ないため、すれたミステリファンなら真相はすぐに予測できるだろう。とはいえ真相には二の矢が仕掛けられており、こちらの方に失望することはないはずだ。まあ、トリックだけでどうこういう作品ではないし、ミステリファンでなくとも読んでおいて損はないかと。そしてできれば前作から順に読んでほしいなと思う次第。


テーマ:推理小説・ミステリー - ジャンル:本・雑誌



















管理者にだけ表示を許可する



| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2019 探偵小説三昧, All rights reserved.