ADMIN TITLE LIST
 岩波新書からミステリの評論が出るとは驚きである。廣野由美子の『ミステリーの人間学――英国古典探偵小説を読む』がそれ。少し前には文庫でも久生十蘭が出たし、その前には乱歩も出ているし。いったい岩波で何が起こっている(笑)?

 ミステリーの人間学

 まあ冗談はおいといて、『ミステリーの人間学――英国古典探偵小説を読む』の感想など。
 本書は、英国の古典探偵小説の系譜を辿りながら、そこでどのように人間学的なアプローチがなされてきたかを検証・考察するといった内容である。つまり探偵小説ではどんなふうに人間が描かれているのか、探偵小説ならではの人間の描き方ってあるのか、ということ。
 その前提として、あらゆる文学はミステリ的要素を内包していること、また、ミステリが小説の一形式である以上あらゆるミステリは人間を描いたものであること、以上二つの点を提示している。
 そして本編では、その検証材料として、ディケンズ、ウィルキー・コリンズ、コナン・ドイル、チェスタトン、クリスティを順に取り上げる。各作品から人間性がどのように扱われ、表現されているかを検証していくわけである。

 文章は平易で、こういうアプローチで読ませる評論はあまりないこともあり、それなりに面白く読めた。特に序章で、著者の立ち位置を明確にしている点はよいし、けっこう面倒な前提をこうしてサクッとまとめた文章はミステリ評論でもあまり見かけない。まあ逆にミステリ評論的にやると泥沼になりそうなネタではあるが(でも基本的にはその前提には大賛成である)。
 ある意味、ミステリのプロパーではない強みで、著者のフィールドへ強引に持っていっているという方が正解なのだが、それにしてもうまい。
 各論では著者が敬愛しているクリスティの考察がやはり熱い。どちらかというと紙芝居的な登場人物と揶揄されることの多いクリスティの諸作品だから、こういった擁護は重要である。

 ただ気になる点もちらほら。
 例えば、ミステリの定義をサクッとまとめるのはいいのだけれど(いや、ホントはよくないんだけれど)、著者が本書で検証に扱うのは、あくまで英国の古典探偵小説だけなのである。著者はミステリを定義する際、細かいことはいわずにミステリ=推理小説=探偵小説としている。その線でいくと、ハードボイルドやスリラー、冒険小説との絡みも当然派生してくるわけだが、残念ながらこれらにはノータッチ。
 ごくごく一部のサンプルでしか検証できていないのに、それをもって『ミステリーの人間学』というのは正直いかがなものか。専門外ということもあるのだろうが、ある意味、もっとも人間を描いていると思われるミステリのジャンルがハードボイルドだから、これを語らないのはやはり物足りない。英国の伝統的読み物の冒険小説も然り。
 できれば続刊で、もっと幅広いジャンルも交え、より深い考察を期待したい。

 最後にひとつ。本書では上で挙げた作家の作品について、ネタバレ・オンパレード。未読が多い作家の章を読む際は、ゆめゆめご注意を忘れずに。


テーマ:評論集 - ジャンル:本・雑誌





有沢翔治さん

コメントありがとうございます。
クロフツやセイヤーズの人物描写は、クリスティのそれとはまたひと味違いますから、著者がどのように考察するのか確かに興味はありますね。特にセイヤーズは面白そうです。

とはいえ、私はやっぱりハードボイルドやサスペンス、冒険小説での考察の方が気になってしまうのですが。
【2011/03/21 21:30】 URL | sugata #8Y4d93Uo[ 編集]

お久しぶりです。
廣野さんの『ミステリーの人間学』読まれたのですね。
ハードボイルド云々に関して言えば、セレクションが恣意的なことは僕も気にかかりました。
なんでドロシー・L・セイヤーズやクロフツが選ばれてないのか、とか。『ナイン・テイラーズ』、『樽』は推理小説の上で外すことのできない作品なのに……。
【2011/03/21 21:18】 URL | 有沢翔治 #mvcB0rpk[ 編集]

織姫さん

クリスティは『そして誰もいなくなった』『アクロイド殺害事件』『オリエント急行の殺人』あたりが採りあげられていたので、初期のメジャーどころを読んでいれば大丈夫かなと。

ただ、最終章ではレジナルド・ヒル、P・D・ジェイムズ、R・D・ウィングフィールド、ロバート・バーナードなどにも軽く触れられていますので、用心に越したことはないとは思いますが。
【2009/07/30 09:58】 URL | sugata #8Y4d93Uo[ 編集]

検証材料を見て購買意欲が刺激されたのですが、危ない、ネタバレ有りでしたか。
クリスティなんかはまだまだ未読ばかりなので少し残念です。
【2009/07/29 19:59】 URL | 織姫 #JXoSs/ZU[ 編集]















管理者にだけ表示を許可する



| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2017 探偵小説三昧, All rights reserved.
ネット小説