ADMIN TITLE LIST
 会社の目と鼻の先で神田古本まつりをやっているというのに、この一週間は仕事が詰まりすぎてまったく身動きが取れず。まあ昼休みに行こうと思えば行けるのだが、中途半端に三十分ぐらいのぞいても、かえってイライラが募るだけなので自粛モード。今頃見てもろくな物は残っていないのだろうけれど、明日ぐらいはなんとかしたいものである。

 ところで先週末、十年ぶりぐらいに麻雀をやった。とにかくあまりにも久しぶりなので、最初は緊張して牌を持つ手が震えるぐらい(笑)。一局まわす頃にはようやく落ち着いたんだけれど、自分どんだけ小心なんだか(苦笑)。
 ちなみに学生時代はこれでもかなりの勝率を誇っており、今回も密かに全員からかっぱぐつもりで臨んだのだが、結果はトントンというところ。寄る年波には勝てず、後半は疲れから思考力ガタ落ち。打ち方がかなり適当になってしまったのが敗因かと。

 本日は近場をウロウロ。ディーヴァーの新作『ソウル・コレクター』や文庫化されたバークリー『ジャンピング・ジェニイ』を購入したが、もう一冊、気になったのがこれ。創元推理文庫から出たマルセル・F・ラントームの『騙し絵』である。「第二次大戦末期、本格ミステリ・マニアのフランス人が捕虜収容所で書き上げたという、幻の不可能犯罪ミステリ」という謳い文句がそそるそそる。ま、ここまで書かれると逆に眉唾っぽいんだけど(笑)。

 読書ペースは激しくダウン中。一応アシモフと溝正史を同時進行で。感想はそのうちに。

テーマ:雑記 - ジャンル:日記





カフェレーチェさん

昭和の人間には、花札なんて必須課目です。私も小学生の頃から親父に教えてもらって、家族みんなで遊んでましたよ(笑)。
【2009/11/07 00:13】 URL | sugata #8Y4d93Uo[ 編集]

こんばんわ☆

「 麻雀 」 と聞いて、懐かしい光景を思い出しました。

子供の頃、近所の子たちと、晴れた日は バドミントンやドッジボールをして遊んでいたのですが、雨の日は 「 ドンジャラ 」 をして楽しんでました。
駒?!の絵が “ ドラえもん ” でした (^▽^)

それから...「 花札 」 もしたことがありました!
遊び方は忘れましたが、どれもキレイな札だったという覚えはあります♪
でも今考えると、なぜに花札があったのかしら?
深く考えませんっっ (*^▽^*)
【2009/11/06 21:01】 URL | カフェレーチェ #-[ 編集]















管理者にだけ表示を許可する



| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2017 探偵小説三昧, All rights reserved.
ネット小説