ADMIN TITLE LIST
 ジェフリー・ハウスホールドの『祖国なき男』を読む。あの傑作冒険小説『追われる男』の続編である。ただし、この続編が書かれたのは、『追われる男』から何と四十年あまり後のこと。文体や登場人物たちの性格、ストーリーのつながりなど、諸々の設定や作風を統一するには少々無理があるのではないか。最初はそう思ったのだが、著者は予想以上にスムーズな続編に仕上げていた。

 物語は前作から数年後。ヒトラーの暗殺に失敗した主人公は、ドイツの土を踏み、再び暗殺の機会をうかがう。しかし、その機会が訪れる前に第二次大戦が勃発。主人公は正式な軍の一員としてヒトラーを倒そうとするが、ここで思わぬ落とし穴が待っていた。ドイツにいた間、身分を偽っていたことが災いし、帰国を許されなかったのである。いまや祖国を失った主人公は、単身で巨大な敵に戦いを挑もうとする……。


 祖国なき男

 ロード・ノベルならぬロード・ウォー・ノベルとでも言うのだろうか。次から次へと戦いの舞台を求め、主人公は旅を続ける。主人公の手記というスタイルは前作同様で、テイストも前作そのまま。事実を淡々と描写してゆく文章は、飾りが少ないからこそより迫力が増す。冒険小説の醍醐味が非常にストレートに伝わってくるわけで、そこがいいのだ。
 ただ、やはりトータルでは前作には及ばない。しっかりしたストーリーラインがあるわけではなく、次から次へと戦いのエピソードが展開されるので、逆にメリハリに乏しく単調な印象も受ける。こういうやり方もありだろうけれど、せっかく味のあるキャラクターも登場することだし、もう少し腰を落ち着けてドラマを膨らませてもよかったのではないか。惜しい。

 とりあえず前作を読んだ人は、ストーリーを補完するという意味でも読んでおきたい一冊。逆に前作を未読の方は、そちらを読んでからどうぞ。


テーマ:推理小説・ミステリー - ジャンル:本・雑誌





saveさん

はじめまして。拙ブログでこの本に興味をもっていただけたのなら、こんな嬉しいことはありません。ただ、どうせ読むのでしたら、ぜひ前作の『追われる男』からをおすすめいたします。

>ここではかなり広いジャンルを扱っているようで~

カテゴリーがバカ長いので一見、幅広いようには見えますが、実は極めて狭いジャンルであります。翻訳ミステリはとりあえず何でも読みますが、国産ミステリはご覧のとおりどこかで時計が止まっております(苦笑)。
それでもよろしければ、大歓迎ですので、こちらこそよろしくお願いいたします。
【2010/01/09 01:15】 URL | sugata #8Y4d93Uo[ 編集]

はじめまして。
前々から見てはいたのですが、書き込むのははじめてだと思います。
わたしはまったくといっていいほど、ミステリを読まないのですが、『祖国なき男』の紹介文が面白そうでしたので、読んでみようかと考えています。
ロード・ウォー・ノヴェルですか。興味を惹かれます。
ここではかなり広いジャンルを扱っているようで、これからもちょくちょく来るので、宜しくお願いいたします。
【2010/01/08 23:01】 URL | save #eqP7eH0Y[ 編集]

ksbcさん

あけましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いします。

ksbcさんも『祖国なき男』読まれたんですよね。
パートパートを読むと面白いんですが、通してみたときに、意外に平板な印象があります。悪くはないんですが、自分としては前作のように起伏がはっきりしたスタイルの方が、この手の小説には合っていると思いました。
【2010/01/08 00:23】 URL | sugata #8Y4d93Uo[ 編集]

明けましておめでとうございます。

確かに前作ほどのわくわくするようなドラマチックなところがなくてちょっと物足りない印象でした。
どうしても落とし所が必要だったのでしょうね。
バタバタだったのでそう感じたのかな…と思ったのですが…。

本年もよろしくお願いいたします。
【2010/01/07 17:54】 URL | ksbc #-[ 編集]















管理者にだけ表示を許可する



| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2017 探偵小説三昧, All rights reserved.
ネット小説