ADMIN TITLE LIST
 ハヤカワ文庫の「現代短編の名手たち」から『ババ・ホ・テップ』を読む。
 作者はあのジョー・R・ランズデール。シリアスなヒューマン・ドラマからハチャメチャなスラップスティック・コメディ、さらにはB級ホラーまでを書きまくる現代の鬼才である。その彼の日本における初の短編集ということで、かなりハードルを上げて読んだのだが、いやあ、これは凄いわ。

 なんというか、ミステリであろうがSFであろうが、はたまたエンターテインメントであろうが文学よりの作品であろうが、どういうジャンルにおいてもランズデールはランズデールなのだ。
 ジャンル分けにあまり意味がないとはいえ、その作品は大きくコメディタッチとシリアスタッチの二系統に分けられるとは思う。しかしながら、どちらを読んでも読後感にそれほど違いはない。それほどランズデールの人生観は徹底している。正直ではあるが、決してストレートではない。突飛なアプローチをするけれど、決して斜に構えてはいない。
 あり得ない設定、ありえないストーリー。そのオフビートな(こういう言葉でも生ぬるいけれど)ドラマを、まずは毛嫌いせずに体験してほしい。こういう人間の描き方もあるのだ。

 ババ・ホ・テップ

「親心」
「デス・バイ・チリ」
「ヴェイルの訪問」(アンドリュー・ヴァクスとの合作)
「ステッピン・アウト、一九六八年の夏」
「草刈り機を持つ男」
「ハーレクィン・ロマンスに挟まっていたヌード・ピンナップ」
「審判の日」
「恐竜ボブのディズニーランドめぐり」
「案山子」
「ゴジラの十二段階矯正プログラム」
「ババ・ホ・テップ」
「オリータ、思い出のかけら」

 収録作は以上。「審判の日」はシリアス路線のベスト。史上最大クラスのハリケーンが迫る中、極悪な雇われ白人ボクサーと若き黒人チャンピオンのゴングが鳴る。白人ボクサーのキャラクターが秀逸で、ラストの子供を救うシーンはかなり象徴的だ。
 ランズデール流の青春小説「ステッピン・アウト、一九六八年の夏」は、とにかく痛すぎる若者たちの究極の在り様を描く。
 書く人が書いたらいい感じのコージーになるんだろうが、ランズデールが書くとここまで下劣になるのかという代物が「ハーレクィン・ロマンスに挟まっていたヌード・ピンナップ」。シリーズ化してほしいぐらいの魅力的なキャラクターたちがいい。

 個人的にはこれらの三つがベストだが、他の作品も読み応えは十分。全体的にバカミスっぽさが充満しているとはいえ、近頃甘口のミステリが多いとお嘆きの貴兄はぜひともお試しを。


テーマ:推理小説・ミステリー - ジャンル:本・雑誌





空犬さん

そうですね。よく考えると比較的ミステリっぽい作品というと、「ハーレクィン・ロマンスに挟まっていたヌード・ピンナップ」ぐらいなんですよね。「草刈り機を持つ男」みたいにジャンル不明な作品も多いですし、ほんとに底の知れない作家です。
【2010/01/23 02:06】 URL | sugata #8Y4d93Uo[ 編集]

これ、どちらかというと非ミステリな当方の好みにもぴったりでした。
【2010/01/23 00:18】 URL | 空犬 #-[ 編集]















管理者にだけ表示を許可する



| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2017 探偵小説三昧, All rights reserved.
ネット小説